プレミアリーグ 海外の反応

【海外の反応】南野拓実のアーセナル戦のパフォーマンスについて「ボビーとの相性が最高じゃん」

投稿日:

リバプールの日本代表MF南野拓実は現地時間29日、新シーズンの幕開けを告げるコミュニティー・シールドのアーセナル戦に後半14分から途中出場し、待望の公式戦初ゴールを決めた。英メディア「HITC」は「『まるで別選手』リバプールのファンは、720万ポンドスターのパフォーマンスに感嘆」と伝えている。

試合は前半12分、相手のエースFWピエール=エメリク・オーバメヤンに被弾。劣勢の後半14分に投入された南野が同28分に魅せた。

エジプト代表FWモハメド・サラーからブラジル代表FWロベルト・フィルミーノにつないで打開。フィルミーノからダイレクトで南野へ渡り、南野がワンタッチでサラーへ。これが相手DFに当たってこぼれたところを南野が右足で押し込んだ。

試合は1-1で90分間を終え、PK戦で4-5と敗れたリバプールだが、同点ゴールを決めた南野は高い評価を得ている。英メディア「HITC」は「『まるで別選手』リバプールのファンは、720万ポンドスターのパフォーマンスに感嘆」と特集を組んだ。

「南野拓実がついにリバプールでゴールを決めた。ザルツブルクの元スターは、今年1月に720万ポンド(約10億円)でリバプールに加入したが、不運な後半戦だった。しかし、南野は2020-21シーズンを勢いよくスタートさせている」

昨季はノーゴールに終わった南野だが、今季は爆発を予感させる好スタートを切ったと指摘。さらにファンの声も紹介し、「去年の南野とは、まるで別選手のように見える。プレミアにペースに適応し始めた」「南野が違いを生んだ」と称賛コメントが並んだ。

(Football ZONE web編集部)

―リヴァプールファンの反応―

 

▪彼がピッチに入ってきてからのポジショニングは興味深かった。時にタキが左サイドに深く幅を取って、前線に4人のラインができていた。そしてそれが見事にハマっていたんだ

 

  ▪︎南野とケイタが大きな違いをもたらしていたね。それとフィルミーノは10番の位置にいる方がより効果的な気がする

 

▪南野がゴールを決めてくれて本当に良かった

 

▪次の試合でも絶対に使って欲しいわ

 

▪南野がロックダウンが始まる以前の2カ月間しかチームにいなかったことを忘れている人間がたくさんいる気がする。ロックダウンしてからも3カ月間はろくな練習ができず、彼はうちのシステムをじっくり学ぶ時間もなかったんだから

 

  ▪︎これは俺も友人に言い続けてきたことだ。南野は狂ったシーズンの中で落ち着くこともできず、出場機会も限られていたが、友人らは既に南野を見限ったと言っていた。どうか南野には彼らが間違っていたことを証明して欲しいね

 

▪ターンしながらボールを受けたプレーはマジでセクシーそのものだったよ

 

▪昨シーズンの終盤から南野は逞しさが倍増している。願わくばこのゴールで彼の緊張が解け、輝きと共にそのヒゲもフルレングスになることを願っている

 

  ▪︎俺たちよりも彼は自分に自信を持っているからな

 

    ▪︎この調子をキープできれば、フィルミーノからポジションを奪えると思う

 

      ▪︎南野を批判するつもりはないが、彼はまだ親善試合に近いゲームで1点を取ったに過ぎない。フィルミーノの代わりにはなれないよ

 

        ▪︎タキは何のためにここにいるんだ? ボビーのバックアップだろう。だったらボビーが低調な時に彼が先発するのは何もおかしくない

 

          ▪︎もちろん南野がフィルミーノの負担を軽減してくれることを願っているが、立場を逆転させろと言うのは狂った話だ

 

            ▪︎傍で見る限り、クロップは南野をかなり評価しているようだ。フィルミーノはややタッチを失ってきているが、それはメンタルの問題だろう。僕は2人の関係をマティプとゴメスのような状況だと捉えている

 

            ▪︎ボビーがダメな場合、彼の調子が上がるまではタキを抜擢する。アグエロが復調するまでジェズスを使ったペップのように

 

            ▪︎フィルミーノは明らかにフォームを崩している。トレーニングや姿勢でタキが印象的な姿を見せているようなら、彼を使わない手はない

 

▪FKを獲得した場面の抜け出しも良かった。彼はザルツブルクにいた頃のような輝きを見せ始めている

 

▪南野がピッチに入ってきてからは、うちにとっては一番明るい火花に見えたな。狭いスペースでのプレーと動きは大きな違いをもたらしてくれた

 

▪彼が後半からサブで入ってきて、相手チームを疲弊させるのが待ち切れない

 

▪スパーズのソンのように、タキがチームで重要な選手になってくれることを願っている。2人ともアジア出身の優秀な選手だからね

 

▪戦術に詳しい人に聞きたいんだが、タキとナビが入ってきた時にうちはどんなフォーメーションに切り替えたの?

 

  ▪︎4-2-3-1でケイタとワイナルドゥムがボールを動かしていた。厳密には4-2-4に近い形で、南野が入ってからは前線が非常に流動的になり、彼とサラーとマネが相手を掻き回す中で、フィルミーノは中央で10番の役割に多くの時間を割いていた

 

    ▪︎わかりやすい

 

      ▪︎実際にこの4トップは上手く機能していたし、オリギとシャキリも4‐3‐3よりもこのフォーメーションの方がフィットすると思う。シーズンでもこの形をたくさん見たいね

 

▪南野は素晴らしいパフォーマンスだったし、ゴールまで決めてくれたのが嬉しい。後半の疲弊したアーセナル相手にフレッシュな状態で臨んだ分、多少は良く見えたんだろうけど、彼がこの調子を維持してくれることを願っている

 

▪南野がフォームを取り戻しつつあるね。最近の彼の姿を楽しんでいるし、そのゴールをとても誇りに思っている。この調子が続きますように

 

▪4-2-3-1の方がマジでマジで良いわ

 

▪南野は昨季よりも意識の高さが際立っていて、よりチームに大きな影響をもたらしていた

 

▪南野とフィルミーノのコンボは美しかったね

 

  ▪︎ボックス内でのロバートソン→南野→ロバートソン→南野→ボビー→南野の流れがとても綺麗だった

 

▪南野が入ってすぐにフィルミーノのケツに火が点いたな。どちらかをサブにするのではなく、2人を共存させたのは嬉しかった

 

▪て言うか、ボビーと南野の相性はめっちゃいいじゃん。今季はこれに期待したい

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-プレミアリーグ, 海外の反応

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2020 All Rights Reserved.