海外の反応 ブンデスリーガ チャンピオンズリーグ

【海外の反応】今季のレヴァンドフスキと過去に40得点以上した選手との比較「メッシとロナウドに一番近い存在だ!」

投稿日:

「今季のレヴァンドフスキと1980年~2020年間の5大リーグで40得点以上を記録した選手(シーズン)との比較。1得点以上を記録した試合では最多記録、1試合当たりの得点数は2位(11/12年のメッシに次ぐ)、1得点当たりの所要分数は3位(12/13年と11/12年のメッシに次ぐ)」

―海外の反応―

 

▪<チェルシーファン>なんだこれは? 11/12年のメッシは60試合で73得点しているのに、38%の試合で得点していない。レバークーゼン戦で5得点したのは知っているけど、それにしてもだな

 

  ▪そのシーズンのメッシは1得点よりも2得点やハットトリックを決める割合が高った

 

  ▪<バルサファン>それがうちがリーガで勝てない理由さ

 

▪レヴァンドフスキの一貫性には目を見張るものがある。ハットや4ゴールではなく、ほとんどの試合で1得点以上を決めている。ちなみにスアレスが40得点以上を記録したのは1シーズンだけだったのか? 何だか信じられないな

 

  ▪スアレスはそうだよ。ベンゼマとアグエロはゼロ。レヴァは5年連続

 

    ▪<ユナイテッドファン>アグエロはわかる。彼は良いシーズンを送っている時に限ってケガをする

 

      ▪アグエロの自己管理は最悪だと聞く。食ってばかりらしい

 

        ▪<ユナイテッドファン>アルゼンチンのルーニーだな

 

▪メッシとC・ロナウドの一貫性には称賛せざるを得ない。このリストを見ればわかるように、レヴァンドフスキがおそらく彼らに最も近い存在だろう。何よりも驚くべきは、過去20~30年の世界的なストライカーの多くがシーズン40得点に到達していないということだ。それが本当に困難なタスクであることを示している。アグエロ、ベンゼマ、アンリ、エトー、ファン・ペルシ、ルーニー、ドログバ、シェフチェンコ、ラウル、トーレス、ビジャなども達成していない

 

  ▪メッシは10回、C・ロナウドは9回

 

  ▪スアレスの全盛期は創造性にも優れていたし、PKを除外すればレヴァと同程度の得点力を持っていた。ただ、レヴァの一貫性は上位2人を除いては他の誰とも比較にはならないね

 

▪<バルサファン>メッシがケガをしていなければ、シーズン73得点(11/12年)の記録を翌シーズンには更新していたかもしれないと思うと、本当に頭が下がる

 

  ▪リーガのシーズン50得点の記録もね。まあ、12/13年も46得点だったけど

 

▪レヴァの輝かしいスタッツだ。加えてメッシの異常さが改めてわかるね。彼は間違いなくGOAT(史上最高)だ

 

  ▪<バルサファン>それにアシスト(他の攻撃的な指標も)を加味すれば、統計的には他の選手を完全に制圧するだろう

 

    ▪<バルサファン>仰る通りだ、アミーゴ

 

    ▪このグラフは1980年までと時代が限られているが、それ以前の時代でメッシに近い選手はゲルト・ミュラーだけだろうな。ミュラーは代表チームでの功績ではメッシを引き離しているが、クラブでの成績となるとメッシは手の届かない存在になってしまう

 

▪リストの中の「1得点以上した試合数 」という指標を聞いたことがなかったが、かなり気に入った。一貫性を捉えるにはいい指標だ

 

▪<バルサファン>レヴァンドフスキの功績を軽視しているわけではないが、 メッシの歴代最高のシーズンがレヴァのそれよりも20得点多く、さらにはアシストも21多く、合計29アシストだったというのはバカげた数字だ

 

  ▪まあ試合数も16多いけどね

 

▪<バイエルンファン>スアレスがレヴァの何マイルも先を走っているなんて言われていたよな

 

  ▪何マイルもかは知らないが、スアレスはレヴァよりも優れていた。より多くのアシストをし、またPKのキッカーではなかった。レヴァの方がはるかに安定しているが、15/16年のスアレスほどの成績を残したシーズンはない。スアレスはそのシーズン、59ゴールと24アシストを記録していたが、PKは蹴らなかった。レヴァも同様に優秀だが、そのシーズンのスアレスには勝てないだろう

 

    ▪メッシと共にプレーすれば、どんな選手でもアシストは増加するんじゃないか? メッシが史上最高の創造者や得点者であればあるほど、彼と一緒にプレーする選手のスタッツも上がるだろう

 

▪このリストはメッシとC・ロナウドがどれほどサッカー界を支配してきたのかを示している。僕らは時々、C・ロナウドをペナウドと呼び、メッシをからかったりもするが、彼らが引退した時の喪失感はすでにわかってる

 

  ▪<バイエルンファン>メッシは馬鹿にしたことはないよ

 

▪プレミアリーグの存在感があまりないことに少し驚いている。特にアンリやルーニー、トーレス、ドログバ、ファン・ペルシらの名前がないことに

 

  ▪シアラーやアンディ・コールの名も

 

▪PKがレヴァンドフスキの数字を粉飾しているから、分離されるべきだと言っていた一方、インモービレがPKでシーズン14得点を上げた時にはスキルだと称賛していた人々の二枚舌が大好きだ

 

▪インモービレが世界で注目される日はこないのだろうか?

 

  ▪40得点以上を上げてないよ

 

    ▪わかっているが、それでも立派な成績を残している

 

  ▪C・ロナウドについて言及してはならない

 

▪メッシはストライカーではなく、ゲームメーカーということを留意しておいてくれ

 

  ▪<バルサファン>それはここ数シーズンでの話だね。リストに掲載されているシーズンでは明らかにストライカーだった。10/11、11/12、12/13 年にはシャビとイニエスタがバルサのプレーメーカーだった

 

▪今年のバロンドールがないことは悲しいな

 

▪<バイエルンファン>既に何度も言われていることだが、レヴァはバロンドールを奪われてしまった

 

  ▪<バルサファン>彼は確かに有力候補だが、僕の意見では2番手だ

 

    ▪<バイエルンファン>まあ金曜日に決着がつくことだろう

     ※14日に一発勝負のCL準々決勝バルセロナ―バイエルン戦が行われる

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-海外の反応, ブンデスリーガ, チャンピオンズリーグ

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2020 All Rights Reserved.