海外の反応 ラ・リーガ ヨーロッパリーグ

【海外の反応】5度のEL準決勝を全て勝ち抜いたエメリ!試合後にはクラブ公式がアーセナルファンを煽る

投稿日:

[5.6 EL準決勝第2戦 アーセナル0-0ビジャレアル]

ビジャレアルはUEFAヨーロッパリーグ(EL)決勝進出が決定。ウナイ・エメリ監督は4度目のEL制覇に王手をかけた。『UEFA.com』が試合後の喜びを伝えている。

2019年途中までアーセナルを率いていたエメリ監督は、新天地で見事古巣との対決を制した。ビジャレアルはホームでの第1戦を2ー1で制すと、第2戦では巧みに試合を運び、不用意な失点を許さない。得点こそ奪えなかったが、スコアレスで試合を終え、2戦合計2ー1で決勝に駒を進めた。

エメリ監督は2013年から16年までセビージャを率い、その間でEL史上初の3連覇を達成。アーセナルでも18-19シーズンにEL決勝進出し、チェルシーに敗れたものの、カップ戦での強さを見せつけていた。

指揮官は試合後、「アーセナルは非常に優れたチームだった。私たちにとって非常に重要な試合だったので、この勝利を誇りに思うし、勝利に値する」と喜びを語る。アーセナルのシュートはポスト直撃などの幸運により防がれた場面もあり、「ゴールを決めるための選択も多く、アーセナルのほうが得点する可能性はあった」とその強さを認めた。

次戦はマンチェスター・Uとの決勝となる。エメリ監督は「この瞬間を楽しみつつ、マンチェスター・Uとの試合に向け、準備を行う。この決勝に値するような最高のパフォーマンスを示し、タイトルを懸けて挑む姿勢をお見せしよう」と意気込みを語った。

(ゲキサカ)

「ウナイ・エメリは彼の直近5回のEL準決勝を全て勝ち抜いている」

<外部サイトの新着記事>

 

―海外の反応―

 

◼︎ <アーセナルファン>EL(Emery League)

 

  ▪︎ <アーセナルファン> Emery Super League

  ※ESL=欧州スーパーリーグの略称

 

◼︎ ELは彼の支配領域だ

 

◼︎ 3つの異なるチームで5度目の決勝進出。まさにELにおけるラスボス

 

◼︎ そして今のところ、アーセナル時代だけ決勝で負けているという:(

 

  ▪︎ <チェルシーファン>:))))

 

◼︎ <PSGファン>エメリのマスタークラス

 

  ▪︎ <ユナイテッドファン>パリではどのように彼は記憶されているんだ?

 

    ▪︎ <PSGファン>監督としては良くない評価だよ。リーグタイトルを逃し、レモンターダ(※)ではクラブ史上最大の恥辱を受け、その翌年のCLでも特別なことはできなかった。チアゴ・シウバのようなキープレイヤーを上手く扱えないと思われていたんだ。ただ、一人の人間としては懐かしく思い出される。常に気品があって、試合後など全てのインタビューではずっと紳士的であり続けた

    ※remontada(スペイン語で逆転の意味):2017年のCLベスト16におけるバルサ戦での大逆転負けのこと

 

◼︎ かつて指揮を執っていたクラブに対する見事な復讐の物語だ。ELでの優勝を楽しみにしているよ

 

◼︎ <レアルファン>紛れもなくELのGOAT(史上最高)だわ。狂ったような記録だよ

 

◼︎ <リヴァプールファン>UEFAの「E」はエメリの意味

 

  ▪︎ <レアルファン>UEFA=Unai Emery Football Associations

 

◼︎ <ミランファン>この男はELに生息している

 

◼︎ アーセナルはエメリと契約すべき

 

◼︎ <レンジャーズファン>イングランドでエメリはネタのように扱われているが、この大会における彼は強靭な血統を持ってる。ユナイテッドが優勝の本命だが、今夜のような根性のないパフォーマンス(※ローマに2‐3で敗戦)を見せるようなら、簡単に負けてしまうよ

 

  ▪︎ <ユナイテッドファン>もちろん今日のような試合にはならないだろう。それでも後半に2戦合計7‐2になってから気を緩めてしまったのは事実だ。またワン=ビサカ、ショーを安ませるために入ったテレスとブランドンも悪かった

 

◼︎ エメリはリヴァプールが無双する前にはクロップにも打ち勝っている。それがユナイテッドに対しても再現されることを願っているよ(笑)

 

◼︎ もうビジャレアルにトロフィーを与えろよ

 

◼︎ <アーセナルファン>優れた監督には身の丈にあった体制が必要なことは明らかで、ビジャレアルのようなチームを彼が率いると紙面上(※評判)よりも強くなる。PSGのようなスター軍団でもなく、アーセナルのような瀕死の巨人でもないクラブがね

 

  ▪︎ アーセナルが瀕死? 死んでからだいぶ長くなるんだが

 

◼︎ <アーセナルファン>ボスがホームに戻って来た。恋しかったよ

 

  ▪︎ <アーセナルファン>ああ。彼はうちに取って相応しい監督だった。アルテタのファンが彼のアクセントが気に入らないと馬鹿にしたことは、絶対に恥ずべき行いだった

  ※エメリはアーセナルの監督時代、"Good evening"と挨拶をしてから記者会見を始めていたが、英語の「v」を上手く発音できずに「b」の音となっていたため、"Good ebening"とあだ名されていた

 

◼︎ <セルティックファン>エメリの訛りを嘲笑したアーセナルファンには、巨大な負け犬という言葉を送るよ

 

  ▪︎ <アーセナルファン>まさしく、うちはその誹りを受けるに値する。彼がうちで優秀だったとは思わないが、あの行為は下品に過ぎた

 

  ▪︎ <ウェストハムファン>フランスでも同様だった。本当に非常識だよな。ネイティブスピーカーじゃない人を馬鹿にするなんて。しっかり話そうと努力していたのに

 

◼︎ <アヤックスファン>彼にとってはまさにgood ebeningになったようだ

 

※そして、それに乗っかかり、煽り返すビジャレアルの公式Twitterアカウント…

 

◼︎ <チェルシーファン>笑った

 

  ▪︎ <アーセナルファン>俺も爆笑したわ

 

◼︎ <チェルシーファン>この冷やかしのクオリティーよ

 

◼︎ エメリによる復讐劇はスイートで間違いない

 

◼︎ <アーセナルファン>苦痛を通り越して笑ったよ

 

◼︎ <ミランファン>これをツイートしたヤツはレジェンドだ

 

◼︎ <ローマファン>エメリ自身が書き込んだようだ

 

<関連記事>

【海外の反応】EL決勝でセビージャのバネガがコンテのタブー(頭髪)に挑戦「ハゲは怒らすと怖いよ」

[8.21 EL決勝 セビージャ3-2インテル] セビージャのMFエベル・バネガがインテルのアントニオ・コンテ監督に向けて行ったジ ...

続きを見る

海外反応アンテナ

-海外の反応, ラ・リーガ, ヨーロッパリーグ

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.