サッカーなんかにまじになっちゃってどうするの。そんなことよりオイラの映画評論を見なさい!

名将が語る Jリーグ

ヴィッセル神戸が狙う最後のビッグネーム 国民的スポーツに地殻変動が起きる?

投稿日:

isseymatnoh / Pixabay

イチローの巧みなミスリード

ボンジョールノ、諸君。

私はイチローについて何か重大な思い違いをしていたのかもしれない。以下のレポートで私はイチローのセカンド・オブ・ライフが俳優業であると看破したつもりだったが、どうやら彼のミスリードにまんまと踊らされていたらしい。

引退イチローの次なるステージとは? 「監督は無理」に込められた意志

生ける伝説がバットを置く ボンジョールノ、諸君。 まさに一つの時代が終焉したと言えよう。 ベース・オブ・ボール界の生ける伝説、マリ ...

続きを見る

昨日、私は何だかただならぬ胸騒ぎを覚え、もう一度イチローの引退会見をマニア・オブ・ビューで精査してみることにした。すると驚愕の真実に突き当たってしまったのだ。まずは次の会見でのやり取りを見て欲しい。

――毎年神戸に自主トレに行っている。ユニホームを脱ぐことで神戸に何か恩返ししたい思いは?

「神戸は特別な街です、僕にとって。恩返しかー……、恩返しって何することなんですかね。僕は選手として続けることでしかそれができないと考えていたこともあって、できるだけ長く現役を続けたいと思っていたこともあるんですね。神戸に……恩返し……、じゃあ、あの税金を少しでも払えるように頑張ります」

このようにイチローは神戸という街に特別な感情を抱いている。そして街への恩返しとして彼は、選手として現役を続けていくこと以外にはないとも言及している。

私はこの「選手を続ける」という言葉を、思い込みにも似た勝手なイチロー像から「(ベース・オブ・ボールの)選手を続ける」という意味に捉えていた。しかし先入観というものは実に厄介で、それは時に真実を見る目を雲らせる。

イチロー自身はただ「選手」と言っているだけで、何もベース・オブ・ボールに特定して発言をしているわけではなかったのだ。他の競技であってもプレーをしている限りそれは選手と名付けられるのだ。

サンペール獲得という不可解な動き

その時、私の脳裏を過ぎったのはその神戸を本拠地とするヴィッセル神戸の不可解な動きだった。シーズン途中にバルセロナからセルジ・サンペールを引き抜いたのだが、ヴィッセルがいくらバルサ化を図っているとはいえ中盤は決して補強ポイントではなかったのだ。

そこで私はヴィッセル、いや友人である三木谷社長の意図をマニア・オブ・ビューでじっくりと照射してみた。そして照射をすること約8時間、私はとうとう全ての謎を解き明かすことに成功したのだ。

今季のヴィッセルは昨季からのポドルスキ、イニエスタというビッグ・オブ・ネームに加え、元スペイン代表のビジャを獲得し、3選手の頭文字をとって「VIP」として売り出していた。そしてそこへ新加入したサンペールの「S」を合わせると「VIP-S」となる。つまりこれは、

VIP-Seattle

と解釈することができる。

シアトルと言えばマリナーズ。マリナーズのVIP級の人物と言えば、そう…イチローを置いて他にはいない。

野球を倒すための最後のピース?

これで神戸に言及したイチローの会見での点と、ヴィッセルの不自然な補強の点とが一本の線で結ばれることになった。イチローの人生の第2章はヴィッセルで始動するのだ。

30日に行われた今節のガンバ大阪でも勝ったとはいえ4―3というスコアで、ヴィッセルは相変わらず守備に綻びを見せている。そこにきてイチローの頭脳と俊足はサイドバックには最適で、前節でも勝利を逃すクリアミスを犯すなど不安定なプレーを続ける初瀬の代わりに彼が入れば守備は格段と強固になるはずだ。

このようにイチローという存在はヴィッセルを名実ともにビッグ・オブ・クラブへと押し上げる最後のピースでもあるのだ。いやそれだけではない。ベース・オブ・ボールに代わって国民的スポーツの地位を狙おうとするJリーグにとっても最後のピースとなり得るかもしれないのだ。

イチローとミッキー(三木谷社長)、この日本を代表する2人のケミストリーを今後も注視していきたいと思う。

ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-名将が語る, Jリーグ

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2019 All Rights Reserved.