海外の反応 ラ・リーガ

【海外の反応】バルセロナがバリャドリードに辛勝も首位アトレティコへ1差に迫る!「週末のクラシコが大一番だ」

投稿日:

[4.5 ラ・リーガ第29節 バルセロナ1-0バリャドリード]

ラ・リーガ第29節が5日に行われ、ホームに16位バリャドリーを迎えた2位バルセロナは苦しみながらも1-0で勝利した。前日4日には首位アトレティコ・マドリーが敗戦。バルセロナがリーガ6連勝で19試合負けなし(16勝3分)とし、その差を1ポイントに縮めた。3位レアル・マドリーも追い上げており、首位アトレティコが勝ち点66、バルセロナが勝ち点65、レアルが勝ち点63と、優勝争いは大混戦となっている。

立ち上がりの前半9分に相手のヘディングシュートがクロスバーを叩くピンチを迎えたバルセロナは、ボールを握りながら決定機を作り出せない時間が続いた。前半アディショナルタイム1分にはMFペドリが右足でグラウンダーのミドルシュート。GKジョルディ・マシップに触られたボールは左ポストを叩き、スコアレスで試合を折り返した。

ハーフタイム明けからも焦れる展開が続く中、後半34分にバリャドリーのFWオスカル・プラノがFWウスマン・デンベレへの危険なスライディングで一発退場。そして同45分、MFフレンキー・デ・ヨングが右サイドからクロスを送り、攻め上がったDFロナルド・アラウホがゴール前で競り合うと、PA内左へ飛んだボールにデンベレが反応。左足のダイレクトシュートでニアを破り、これが決勝点となった。

劇的な勝利を飾ったバルセロナは、首位アトレティコとの勝ち点差を1に縮める6連勝。次節は10日に開催され、アウェーで3位レアルと対戦する。しびれるシチュエーションで“エル・クラシコ”を迎えることになった。

(ゲキサカ)

<外部サイトの新着記事>

 

―海外の反応―

 

◼︎ <バルサファン>よくやった、ウスマン

 

◼︎ <バルサファン>この試合で危うく死にかけたわ

 

  ▪︎<バルサファン>俺の血圧も軽く200を超えたよ

 

  ▪︎<バルサファン>この試合は心臓に悪すぎだわ

 

◼︎ <バルサファン>とにかくホッとした

 

  ▪︎<バルサファン>まだ気を抜くんじゃない

 

◼︎ <バルサファン>リーガでラオスとエルナンデス(※)よりもひどい審判を見つけてしまったんだが

 ※この2人はスペインでレアルの子飼いだと中傷されている

 

◼︎ <バルサファン>5大リーグの審判らはジャッジのクソっぷりを競っているようにも見えるな

 

  ▪︎<バルサファン>どのリーグのファンも自国の審判が一番クソだと言っているに違いない。なぜ強国のリーグにはこんなにもクソ審判が多いんだ?

 

    ▪︎ドイツ人として言えることは、ブンデスの審判も時々ひどい判定を下すが、まだ他の4大リーグに比べればマシだな

 

◼︎ 少なくともバルサのファンは、審判が自チームにとって不利なジャッジをするという陰謀論について文句を言うことはなくなるだろう

※バリャドリードのオスカル・プラノがデンベレへの後方からの軽いチャージでレッドカード

 

  ▪︎今日の審判は両チームにとっての脅威だったけどな

 

◼︎ <バルサファン>アラウホへのクロスをうちはもっと活用すべきだな(笑)

 

  ▪︎<バルサファン>レアルはそのやり方(※戦術ラモス)でCL3連覇と2度のリーグ優勝を果たした

 

  ▪︎<バルサファン>アラホウは空中戦の勝率が85%もあるビーストだ。彼は文字通りパスが下手なウルグアイのファン・ダイクで、明るい将来が待ってると思う

 

    ▪︎地上におけるデュエルの勝率も80%を超えていたかと

 

◼︎ <シティファン>クラシコが待ち切れないね

 

◼︎ <バルサファン>うちによる何てクソな試合なんだ。そしてデンベレは何て選手なんだ

 

◼︎ <バルサファン>デンベレがようやくリーガで爆発した

 

◼︎ <バルサファン>The serious business is about to start(直訳:今まさに重要なビジネスが始まろうとしている=ここからが本番だ)

<中間のおすすめ記事(外部)>

 

  ▪︎次週(今週)が本当に重要になってくる

  ※バルサは10日にアウェーでレアルとのクラシコを控える

 

    ▪︎<バルサファン>バルサだけじゃなく、アトレティコにとってもね。彼らはベティスと対戦しなければならないが、取り零すことは許されない

 

◼︎ <バルサファン>レアルとの試合ではこんなひどいプレーをしないことを願っている

 

◼︎ <パルチザンファン>アトレティコは崩壊の危機だな。クーマンについては何とでも言えるが、ピッチ外のドタバタにも拘わらず、バルサがタイトルを獲ったなんて驚きだよ

 

  ▪︎<レアルファン>バルサがいつタイトルを獲得したんだ?

 

    ▪︎<パルチザンファン>すまん。「タイトルを獲れば」だね。早とちりだった

 

◼︎ <バルサファン>恐ろしいパフォーマンスにも拘わらず、3ポイントを手にできたことは喜ばしい。クラシコはよりスパイシーなものになるだろうが

 

  ▪︎<バルサファン>全ての試合を楽に勝てるなんて思ってないよ。アトレティコが好調だったのは全ての接戦を何とかものにして来たからで、うちはシーズンの前半でそれがうまくできなかった。毎週3ポイントを積み重ねるのはとても大変なことなんだ

 

◼︎ バリャドリードには感銘を受けた。本当に素晴らしいパフォーマンスだった

 

◼︎ <PSVファン>バリャドリードは多くの選手を欠いていたにも拘わらず、守備を固め、多くの素晴らしいカウンターを決め、ポゼッションを保っていた

 

◼︎ <アーセナルファン>バリャドリードは決して敗戦には値しないが、昨季には見られなかった執念で勝利をもぎ取ったバルサに称賛を送りたい

 

  ▪︎<バルサファン>昨季ならこの手の試合は落としていたと思う

 

  ▪︎<バルサファン>ああ、審判が試合を壊していたからね。勝利には満足しているが、アーセナルと同様にナショナルウィーク明けはフォームが台無しになる

 

◼︎ <バルサファン>ラングレには申し訳ない。僕は君をピエロと呼び、動物と比較したこともあったが、今夜の君はとても堅牢だった。礼を言うよ

 

  ▪︎動物と比較するなんて、お前はバカヤローだ

 

  ▪︎<バルサファン>何の動物と比較したんだ?

 

    ▪︎<レアルファン>ラマ

 

◼︎ <バルサファン>代表明けは本当に嫌だわ…。せっかくチームに勢いがあったのに、選手が代表戦から戻って来た時には低調になっている。でも勝ったこと自体は素晴らしかった。このような土壇場での勝利を「王者の幸運」と名付けたい。次のクラシコは大イベントになるだろうね

 

◼︎ <バルサファン>こうした薄氷を踏む勝利は、リーグの行方を左右することになるから、勝ち点3には満足している。バリャドリードはライオンのように勇ましく戦ったけど、残念ながらゴールを奪えなかったね。審判はまさにゴミそのもので、いくつかの不可解な判定は何だったんだ?

 

◼︎ <バルサファン>何はともあれ、3ポイント!

 

  ▪︎<バルサファン>そしてクリーンシート!

 

    ▪︎<バルサファン>さらにメッシとデ・ヨングにはイエローなし

 

  ▪︎<バルサファン>土壇場でのゴールは快心だった。今日はもう勝てるとは思ってなかったからね。ただ喜び過ぎてもよくない。この週末が最も重要になってくる

 

◼︎ <バルサファン>ローテーションを全く採用しなかったことに対する代償を払うことになった。勝利は最も重要なことだが、これが監督にとって大きな教訓となることを願っている

 

◼︎ <バイエルンファン>この歴史的なひどさのバルサが2冠を達成するのか? アトレティコやレアルはどうなんだ?

 

  ▪︎メッシ以外は全員、代表明けだからな。当然パフォーマンスは悪くなる

 

◼︎ <バルサファン>この試合は週末に向けて自信を持てるものではなかったが、勝ちは勝ちだね

 

◼︎ しかしひどい試合だった

 

◼︎ <レアルファン>審判がMOM

 

<関連記事>

【海外の反応】バルセロナが鬼門の敵地ソシエダ戦で6‐1の大勝「クーマンが名将過ぎる!」

21日のラ・リーガ第28節、バルセロナは敵地レアレ・アレナでのレアル・ソシエダ戦で6-1の大勝を飾った。 メッシが787試合出場で ...

続きを見る

海外反応アンテナ

-海外の反応, ラ・リーガ

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.