海外反応トップ・もふ



アドモバイルRSS下


マネタイザーRSS下

海外の反応 井上尚弥 ボクシング

【海外の反応】お前らが考える現在のP4Pのトップ5を教えてくれ「井上、バド、ウシクは鉄板」

投稿日:

25日に東京・有明アリーナで行われたWBC&WBO世界スーパーバンタム級(55.3キロ以下)タイトルマッチ12回戦で、挑戦者の井上尚弥(大橋)が2団体統一王者スティーブン・フルトン(米国)に8回TKO勝ちで4階級制覇を成し遂げた。29日(日本時間30日)に米ネバダ州・ラスベガスで行われた世界ウェルター級4団体王座統一戦12回戦では、WBOスーパー王者のテレンス・クロフォード(米国)が3団体統一王者エロール・スペンスJr.(米国)を9回TKOで勝利し、世界初の2階級4団体統一を達成。2人のパウンド・フォー・パウンド(PFP)論争が繰り広げられる中、米専門局はSNSでファンに「あなたのPFPナンバー1ボクサーは誰?」と投稿し、さまざまな反響が寄せられている。

バンタム級で4団体統一を果たした井上が、新階級初戦でいきなり2階級王者のフルトンを圧倒する内容で撃破。その4日後にはラスベガスで、クロフォードが最強ライバルを沈めて偉業を達成した。そんな中、米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」の公式ツイッターは「同じ週に両ボクサーがアメージングなパフォーマンス あなたのPFPナンバー1ボクサーは誰?」とつづり、ポーズをとった2人の写真を公開。過熱するPFP1位論争について意見を募った。

井上がフルトンを圧倒した直後は井上の1位を疑わない意見が多かったが、クロフォードの完勝劇の後は多くのファンも“クロフォード派”に心変わり。海外ファンからは「ボクシング界にとって非常にいい1週間だった……2人とも非常に優れたボクサー相手に素晴らしい形で勝利した」「クロフォード。議論の余地はない」「100%クロフォード」「クロフォードであるべき」「イノウエは多大な敬意を受けるに値するが、クロフォードの後では差がついた」「2人ともにリスペクト! 両者に敬礼」「間違いなくクロフォードだが、イノウエに過失はない」「間違いなくクロフォード」「今週ずっとイノウエだと言っていたが、あのパフォーマンスの後では間違いなくクロフォードだ」など、クロフォードの1位を推す声が目立った。

それでも米国人ファンの“井上推し”も少なくなく、「どちらを1位にしても私は怒らない」「ボクシングが盛り上がりを取り戻しつつある」「接戦だが、イノウエが1位、クロフォードが2位」といった声も。さらに日本人ファンからも「順番なんか付けれないよ。モンスターとクロフォードが肩を並べてる時点でスゴイ!」「井上尚弥選手がクロフォードとこのように並び評される事自体が凄いこと」といった感嘆の声も上がっている。

(THE ANSWER編集部)

翻訳元:https://x.gd/39i7P

 

海外の反応

<スレ主>
パウンド・フォー・パウンド(P4P)のトップ5が誰になるのか、みんなの意見を聞かせてくれ
以下が俺のP4Pリストだ(順番通り):
・バド(クロフォード)
・フューリー
・井上
・ビボル
・スペンス
・選外:ウシク、ベテルビエフ、シャクール
トップ3を決めるのは容易だとは思うが、トップ5になると不確実な要素が多くなるためにランク付けが難しくなる
自分はそこまでコアなボクシングファンではないから、他の人が誰を最高だと考えているのか興味があるんだ

 

<ボクシングファン>
フューリーを井上よりも上に置くのはコメディ

 

<ボクシングファン>
スレ主はふざけてんのかな

 

<ボクシングファン>
俺も十分にボクシングを見ていないから完全なリストを作ることはできないが、フューリーを2位にするのは笑える(おそらくトップ10にも入らない)
彼はここ1〜2年間ほとんど何も成し遂げていないよ

 

<ボクシングファン>
フューリーをトップ5に含める理由はないし、トップ10に入れるつもりもない
彼はウシクとAJ(アンソニー・ジョシュア)との試合を避けていて、ボクサーでさえない相手と戦う予定だ
彼の最後の試合(ほぼ8か月前)はランキングの10位にも入っていない選手(※14位のチゾラ)とだった
彼のトップ5入りは弁護できないね
それはそうと俺は以下になる:
1.クロフォード
2.井上
3.ウシク
4.カネロ
5.ベテルビエフorビボル

 

  <スレ主>
  フューリーについての指摘は正しいが、ビボルをカネロの下に位置しているのはなぜだ?
  ビボルは全てのラウンドでカネロに勝っていたよね?

 

    <ボクシングファン>
    カネロはその試合で階級を上げていたからな
    彼はキャリアで多くの実績を上げ、階級を支配していた
    一方でビボルはそうした実績がない

 

<ボクシングファン>
ウシクがトップ3に値する
選外はクレイジーだわ

 

<ボクシングファン>
1.バド
2.井上
3.ウシク…
その他

 

  <ボクシングファン>
  これが唯一の理に適った回答だ

 

  <ボクシングファン>
  ベテルビエフについては論じる必要がある
  彼はただ一人のKO率100%の王者だ…怪物的だよ

 

    <ボクシングファン>
    そうだな
    彼とビボルが同じ頃に王者になってから5年も経ったが、まだ彼らは対戦していない
    他の選手ならこのことで毎日叩かれているはずだが、アルツール(ベテルビエフ)とビボルはそうではないようだ

 

<ボクシングファン>
テレンス(クロフォード)はP4Pのリストに入っていたスペンスを打ち負かし、井上は前回の試合よりも1階級重いSバンタムで最高とされていたフルトンを倒した
フューリーは最近誰に勝ったんだ?
フューリーに取って井上とテレンスが行ったことに相当するのはウシクを打ち破ることになるが、彼がその試合を避けているのは明らかだ

 

<ボクシングファン>
大のスペンスァンだが、もし彼がバドと競り合った内容で試合で負けたのなら、彼がP4Pリストで8〜10位にあっても全然問題じゃない
しかしあの敗北の後では彼をP4Pリストに載せることはできないね
少なくとも復帰してからの試合を見ないことには

【海外の反応】「井上尚弥を超えた?」クロフォードがスペンスとの頂上決戦でTKOの圧勝劇!

 

<ボクシングファン>
これが俺のP4Pトップ5のボクサー:
1.バド
2.井上
3.ウシク
4.カネロ
5.ビボルorジャーメル(チャーロ)

 

  <ボクシングファン>
  同意するが、自分ならベテルビエフはビボルの上に置き、ヘイニーを5位にする

 

<ボクシングファン>
ビボルがベテルビエフよりも上位に位置している、あるいはトップ5にいること自体、あまりにひどい順位だ
1.クロフォード
2.井上
3.ウシク
4.サウル・アルバレス(カネロ)
5.未定

 

<ボクシングファン>
フューリーの2位は草
1.バド
2.井上
それ以下は全て議論の余地がある

 

<ボクシングファン>
1.バド
2.井上
3.ウシク
4.カネロ
5.ベテルビエフ

 

  <ボクシングファン>
  これ
  個人的にはビボルがベテルビエフよりも上に来るが、それ以外は賛成だ

 

<ボクシングファン>
1.井上
2.クロフォード
3.ウシク
4.カネロ
5.ビボル

 

<ボクシングファン>
スペンスは最も好きな現役ボクサーだけど、クロフォードとの試合でP4Pのトップ10からは外れてしまったよ

 

  <ボクシングファン>
  同意見だ
  彼の不調なパフォーマンスにはまだ頭がついていかない
  全く歯が立たず、まるでA級ボクサーが場違いなD級ボクサーを容赦なく殴りつけていたようだった

 

<ボクシングファン>
1.カネロ:多くのビッグネームと対戦し、敗北を喫したが5階級で王者に。トップ選手たちとの戦いでそのベルトを獲得。活動的だし、エンタメ性も高い
2.バド:史上初の2階級4団体統一王者。イーブンだと思われていた戦いで相手を壊滅させた
3.井上:バドと同様にイーブンの戦いで相手を破壊し、自身の階級で4団体統一を目指している
4.ウシク:クルーザー級を支配し、AJ(ジョシュア)を打ち破り、ヘビー級でも4団体統一が目前だ。ただし、上記の選手たちと比べて非活動的
5.5位では少し大胆な意見になるが、ベテルビエフまたはビボル。両者ともに4団体統一の一歩手前。ベテルビエフは100%のKO率を誇る唯一の王者で、ビボルはP4Pランキング1位の選手に土を付けた2人のうちの1人だ(※もう1人はメイウェザー)

【海外の反応】井上尚弥がフルトンに見せた華麗なディフェンスからの挑発

 

<ボクシングファン>
井上、バド、ウシク、カネロ、ベテルビエフまたはビボルを抜いてトップ5を作るのは本当に難しい
さらにはバドと井上をトップ2から外すのはより難しく感じる

 

<ボクシングファン>
1.バド
2.井上
3.ウシク
4.カネロ
5.ビボル*
*ビボルは他のボクサーと入れ替わる可能性もあるが、トップ4は確定している

 

  <ボクシングファン>
  確かに5位は最近、印象的な勝利を収めた選手によって決まるね
  今後1年間でテオフィモかヘイニーが5位になると思っている

 

<ボクシングファン>
俺の主張を加えるなら、フューリーが2位だとするのは滑稽だ
実際にP4Pのリストを作ったり考えたりしたことはないが、他の選手たちの成績を眺めてみると、少なくともトップ3はかなり簡単だ
1.バド:3階級制覇、2階級での4団体統一王者。フューリーよりも多くのことを成し遂げている
2.井上:階級を上げて統一王者にもなった4階級制覇王者。同じくフューリーよりもはるかに多くのことを成し遂げた。新しい階級での初戦がその階級でのトップ選手で、多くの人々が彼をハイプジョブ(※評判先行型)と囁く中、容易に勝利を手にした
3.ウシク:彼も体重を上げて、その階級での1位及び2位の選手と戦った。フューリーとの戦いが実現していれば、彼はそのポテンシャルから2階級で4団体統一を成し遂げたかもしれない
上記の選手たちは全て、UFCのファイターと戦うフューリーの代わりにトップ3に値するボクサーだ

 

<ボクシングファン>
バド、井上、ウシク、ヘイニー

 

  <ボクシングファン>
  いや、ヘイニーはトップ5に値するとは思わない
  彼は自分よりも明らかに小柄な相手と引き分け、その相手選手の実績も彼よりは優れている(※ロマチェンコ。試合はヘイニーの判定勝利だったが、ロマの勝利を支持する声も多数あった)

 

<ボクシングファン>
バド
井上尚弥
ウシク
カネロ
ジャーメルまたはヘイニー
正直、ジャーメルを5位に入れたい気持ちもあるが、彼は1年以上も試合をしていない
一方のヘイニーも直近の勝利は物議を醸すものだった🤷‍♂️

 

<ボクシングファン>
俺はバドを1位にする
2位はウシクと井上のどちらかだが、僅差でウシク
クルーザー級の選手がヘビー級を支配するのは難しいし、ウシクのAJに対する勝利が井上のどの勝利よりも優れていると考える
4位はカネロ(ビボルがカネロを打ち負かしても、カネロは多くの階級で戦ってきた)
5位にはビボル

 

  <ボクシングファン>
  ウシクを2位に置くのは悪くないが、彼はヘビー級に転向してからのチゾラ戦ではあまり良いパフォーマンスを見せなかった
  そして彼は確かにAJを支配したが、AJはその階級で最も優れているわけでもない
  一方の井上は調整試合なしで体重を上げ、その階級で最高の選手と戦い、打ち破っている
  またウシクはほとんど1年に1回しか試合をしていないし、活動性においても井上に優位があるよ

 

<ボクシングファン>
トップは井上とバドで入れ替えが可能だ
その後に離れた3位にウシク
トップ3以外はあまり確信が持てない

 

<ボクシングファン>
バド、井上、ウシク、タンク、カネロ

 

<ボクシングファン>
俺のトップ4は井上、クロフォード、ウシク、そしてロマ(はヘイニーに勝ったよ)

 

  <ボクシングファン>
  ロマはあり得ない

 

<ボクシングファン>
ジャーボンテイ・デービス(タンク)を誰もリストに入れていないのが驚きだ
彼の過去5戦での対戦相手はローリー(ロメロ)を除き誰も王者ではなかったが、戦績の合計は101勝1敗で、彼は負傷した拳でピットブル(クルス)を打ち破り、ライアン(ガルシア)を平凡な選手に見せた
1.バド
2.タンク
3.井上
4位と5位に関しては誰でもいい

 

<ボクシングファン>
バド
井上
ウシク
これが鉄板の1、2、3だ
バドが圧倒的なパフォーマンスを見せずに勝利した場合、まだ井上を1位に置いただろうが、彼は実際にスペンスを圧倒し、史上初の2階級での4団体統一王者になった(井上が再び1位に返り咲くまでは)

 

  <ボクシングファン>
  もしバドと井上が戦えばどっちが勝つ?

 

    <ボクシングファン>
    状況次第だな
    井上が2028年にヘビー級を統一するためにウェルター級をスキップするかどうかはわからないから
    クロフォードはその途中で立ちはだかる選手の一人だし、対戦する可能性は十分にあると思う…
    将来的なクロフォードvs井上の175ポンド(Lヘビー級)での対戦は、俺はバドが2度のダウンを奪いながらも井上のTKO勝ちを予想しているよ

【海外の反応】井上尚弥のパワーをリングサイドから見てみよう「フォアマンのようだ」

海外反応アンテナ


楽天スクエア


マネタイザー記事下

-海外の反応, 井上尚弥, ボクシング

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2024 All Rights Reserved.