サッカーなんかにまじになっちゃってどうするの。そんなことよりオイラの映画評論を見なさい!

名将が語る

親日家ロナウジーニョに名将が真の日本通への道を説く

更新日:

流暢な日本語ツイートに焦り

ボンジョールノ、諸君。

私は驚きを隠せないと同時に深刻な焦りを感じている。フッボル界きっての日本通だと自負してきたが、以下のロナウジーニョの流暢な日本語ツイートを見て、その座も決して安泰ではないということを知らされたからだ。

未だ日本語が不完全な私はこのレポートも翻訳に頼っているが、翻訳者がつくのも公的な業務だからで、全くのプライベート空間であるツイッ・オブ・ターには当然、翻訳家がつくはずもない。それなのにこのガウショの巧みな日本語能力たるや、文法のみに限れば既に私を凌駕している可能性だってある。

彼も『キャプテン翼』の大ファンであることから、漫画を原文で読みたいという情熱が日本語の習熟度に大きく寄与したのだろう。ただ、ドン・オブ・キホーテの名を挙げて日本への精通ぶりをそこはかとなく披露しているが、残念ながらオブ・キホーテは一度でも訪日経験のある者ならば誰もが聞き齧ったことがある程の有名スーパーだ。それを口に出したところで何の自慢にもならない。

『玉出』という暗部すらも慈しむ

私のような重度の日本かぶれともなると、スーパーと聞けば『玉出』という名前さえも引き出すことができる。主に大阪と兵庫のローカル地域でのチェーン展開だが、毒入りのフグを丸ごと1匹販売したことで全国区となった、あのいわくつきのスーパー玉出だ。

ちなみに私もいつかの来日の際、何も知らずに入店して安い海鮮丼を購入したのだが、いざ食べようとする時に生まれてこの方お目にかかったこともない色彩をした貝類が入っていたので、箸を止めてしばらく熟慮した末、そのままゴミ箱行きにしたことを今でも鮮明に記憶している。

どうだガウショよ。真の日本通になりたければ玉出のような暗部にも目を背けず、むしろそれすらも慈しむことができてはじめてそう名乗ることができるのだ。日本愛とはつまり、玉出愛なのだ。

ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-名将が語る

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2019 All Rights Reserved.