プレミアリーグ 海外の反応

【海外の反応】スコールズ「ロナウジーニョとマンUは契約間近だった」外国人「ファギーなら全盛期を伸ばせた」

投稿日:

かつてマンチェスター・Uで活躍した元イングランド代表MFポール・スコールズ氏が、同クラブに元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏が加入間近となっていたことを明かした。13日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

ロナウジーニョ氏はブラジルのグレミオでデビューし、パリ・サンジェルマン(PSG)を経て2003夏にバルセロナに加入した。在籍5シーズンでチャンピオンズリーグ優勝やリーガ・エスパニョーラ連覇などを達成し、個人としてもFIFA最優秀選手賞を2004年、2005年に連続で受賞するなどの活躍を見せた。

しかし、スコールズ氏は「(アレックス・ファーガソン)監督は彼(ロナウジーニョ)を獲得したと思っていた」とロナウジーニョ氏がバルセロナへと加入する前にマンチェスター・U加入に近づいていたことを明かした。

「私たちがプレシーズンを行っていた時だった。彼に背番号を与えるくらい発表間近だと思っていた。だが、彼は直前で考えを変えてしまって、バルセロナと契約したんだ。そのプレシーズンではバルセロナと対戦する予定だったから、とても奇妙なことであると同時に楽しみにもしていた」

(SOCCER KING)

―海外の反応―

 

▪<ユナイテッドファン>ファギーはこの失態を全てピーター・ケニオンに押し付けて、彼をクビにしてしまった ※ケニオンは元ユナイテッドCEO

 

   ▪ああ、彼が金をくすねて、バルサにロナウジーニョを奪われたのを記憶している

 

      ▪2004年5月のことを思い出すよ。オールド・トラフォードのユナイテッド―チェルシー戦で両サポーターが一緒になって「ケニヨン、お前はろくでなしだ」とチャントした時のことを。彼は必ず自分のクラブを敵に回してしまう  ※チェルシーでもCEOを務めていた

 

         ▪<A・マドリードファン>あれ? 彼は2013年にアトレティコに来て財政的に素晴らしい仕事をしてくれたんだけど

 

            ▪ジョアン・フェリックスがこのスレから退出しました

 

   ▪ロナウジーニョを獲得できなかった理由はこれだけだよ(リンク先)。スコールズは何も知らないのか、ただくだらないことを吐きたいだけなのか  ※リンク先の記事の要約は単にオファーの額がバルサよりも少なかっただけ

 

▪<クリスタルパレスファン>要はマンチェスターを訪れて嫌になったんだろう。みんな痩せ細り、街を歩けばいつ殺されるとも限らない。食事はマズイし、女も厚化粧ばかりだから

 

   ▪それはクソだな

 

   ▪パラグアイの刑務所と比べるとどうなんだ?

 

   ▪そもそもロナウジーニョの周りはゴミのような女ばかりだからな。彼はそういうのが好きだから

 

▪<ユナイテッドファン>ロナウジーニョは一番好きな選手だったから、この移籍が実現することを願ってたんだけど残念だよ。ファギーの下で彼は記念碑的な成功を収めていただろうに

 

   ▪<バルサファン>クレベルソンのバージョン2.0  ※クレベルソンは2003年加入でユナイテッドでの失敗ブラジル人の代表例

 

▪<PSGファン>彼を2シーズンもうちのクラブで見られたことを光栄に思うよ。ルイス・フェルナンデスのロニーに対する扱いを絶対に許さない  ※ロナウジーニョとの確執が噂されたPSG在籍時の監督

 

▪ああ、その年にC・ロナウドの他に注目すべき選手と契約しなかったのは残念だなー(棒読み)  ※C・ロナウドは2003年ユナイテッドに加入

 

   ▪どういう意味だ? 2002年W杯王者の一員(クレベルソン)と契約したじゃないか

 

      ▪同級生の父親がセルティックの知り合いで、その彼がクレベルソンが既にセルティックで健康診断も受けて契約したからもうすぐ発表されるだろうと言っていた。それからクレベルソンはユナイテッドに行き、俺はセルティック入りに言及していたその同級生を「W杯を制したブラジル代表だったのに。逃した魚は大きかったな」とからかったんだ。するとしばらくして、クレベルソンが正真正銘のクソだったことが判明した

 

   ▪よくもまあジェンバ=ジェンバのことを忘れていられるよな  ※元カメルーン代表で2003年加入。ファギー曰く「史上最悪の買い物」

 

   ▪C・ロナウドは古典的で伝統的なウインガーだった。ロナウジーニョがユナイテッドに加入していればワイドMFになるはずだったから、2人のポジションは被らずに一緒にプレーすることができた

 

▪その年にワールドクラスな2選手(C・ロナウドと共に)と契約できていればCLをもっと勝てていたかも知れない

 

▪C・ロナウドがユナイテッドに加入した時の盛り上がりはムバッペやネイマールがPSGに加入した時のような感じだったの?

 

   ▪<ユナイテッドファン>世界で最も高価な10代というくらいの評判だった。当時はSNSやYouTubeなんかがなく、ファンでも外国の選手についてはあまり知らなかった。だからファギーの言葉を鵜呑みにするしかなかったんだ

 

   ▪話題性としてはあまりなかったけど、スポルティングとの親善試合を見て異彩を放っていたのは覚えている。C・ロナウドに対する僕の唯一の不満は、彼がユナイテッドに移籍してから1カ月も経たないうちに自分の夢はレアルに行くことだと公言していたことだね

 

▪オールド・トラフォードの両ウイングがロナウジーニョとC・ロナウドであることを想像してみてくれ

 

   ▪<PSGファン>ロニーはどちらかというと10番タイプだろう。彼の閃きは効果的だったし、それを 「show pony (見せびらかし)」と呼ぶのは攻撃的過ぎる

 

▪ダヴィド・ベリオンを獲得したのはクーデター級だった  ※2003年加入のフランス人。やはり活躍できず

 

▪ロナウジーニョは様々なクラブでプレーしているのに、イングランドでプレーする姿だけは何だか想像ができないね

 

▪ただ彼はマンチェスターが嫌いだっただけじゃない?

 

   ▪ファーガソンならロナウジーニョのパーティー癖を止めさせて、ピッチ上でその能力を最大限に引き出し、彼の全盛期はもっと伸ばせたのかも知れない。まあこれは神のみぞ知ることであって、逆にもっとパイを食って太っていたかも知れないしね

 

      ▪ロナウジーニョがプレミアで活躍する姿を見ることができれば良かったけど、彼はバルサでは可能な限り良いプレーをしていた。ファーガソンは彼を愛し、また同時に憎んでいただろうな

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-プレミアリーグ, 海外の反応

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2020 All Rights Reserved.