海外の反応 ボクシング

【海外の反応】「偉大な王者の終焉の時だ…」2年ぶり復帰のパッキャオがウガスに判定負け

投稿日:

<プロボクシング:WBA世界ウエルター級王座統一12回戦>◇21日(日本時間22日)◇米ネバダ州ラスベガス・T-モバイルアリーナ

約2年1カ月ぶりにリング復帰となったWBA世界ウエルター級休養王者マニー・パッキャオ(42=フィリピン)が、WBA同級スーパー王者ヨルデニス・ウガス(35=キューバ)との王座統一戦に臨み、0-3の判定で敗れた。

19年7月、当時のスーパー王者サーマン(米国)を判定で下して王座統一して以来のリングだった。ブランクが影響し、自らが休養王者となったWBA同級にはスーパー王者、正規王者が誕生した。今回はウガスに挑戦する形となったパッキャオは「私の称号はウガスに与えられた。それは王者になる方法ではなく、リングで勝つことによって獲得するもの。王座を争うことが王者となる適切な方法」と“真の王者”を決める覚悟でリングに立った。

米専門メディアからはパッキャオが来年のフィリピン大統領選挙への出馬を検討しており、ウガス戦は「ラストファイト」と報じられている。既に母国で上院議員を務め、貧困に悩む人々への資金提供、慈善活動への寄付を続けてきた6階級制覇王者は「後にパッキャオが40~50年後、リング内の素晴らしいボクサーの1人であるとともに、人々を助け、良い人間であることを覚えていてもらいたい。リング外でお互いの愛を示すべき。それが心の願い」。6階級制覇王者にとって集大成とも言えるウガス戦となっていた。

(日刊スポーツ)

翻訳元:https://bit.ly/3z9UnEH

<外部サイトの新着記事>

 

海外の反応

1.<ボクシングファン>
ウガスによる素晴らしい試合だった
42歳のマニーにも多大な敬意を送りたい
結果がどうであれ、この男はレジェンドだよ
本当に面白い試合だった

 

2.<ボクシングファン>
>>1
ウガスは漢と戦うためにやって来た
完璧なゲームプランのようにも見えたが、クレイジーなことに彼は11日前に試合を引き受けたばかりだったんだ

(※)当初のパッキャオの相手はWBC&IBF統一ウェルター級王者エロール・スペンスJr.だったが、網膜剥離の診断でキャンセルに

 

3.<ボクシングファン>
ウガスの体はパッキャオと比較してかなりデカく見えたな

 

4.<ボクシングファン>
>>3
彼があのようにパックマンの正面に立てたのは驚きだ
素晴らしいジャブでマニーを翻弄していた

 

5.<ボクシングファン>
42歳で800発ものパンチを繰り出したのはとても素晴らしかったが、ウガスは完璧なゲームプランを持っていたし、肉体の衰えには勝てなかったね

 

6.<ボクシングファン>
パッキャオはサーマン戦後に引退して欲しかったけど、少なくとも若いトップ選手に挑戦することで彼の偉大さは示したよ

 

7.<ボクシングファン>
ウガスのリーチが勝負の決め手だったと思う
あれは長すぎるわ

 

8.<ボクシングファン>
>>7
パッキャオの足も限界だった
全盛期の彼は素早いフットワークでリーチ差を打ち消していたのに

 

9.<ボクシングファン>
パッキャオは僕のお気に入りのボクサーだから、このような敗北を見るのはつらいね
今回はリーチと体格のハンデが大き過ぎた
またそれだけじゃなく、ウガは冷静に仕事を遂行し、カウンターのタイミングを見計っていた
何度もジャブでパックの顔面を捕らえ、彼のコンビネーションを無効化していたんだ
またウガスはリング・ジェネラルシップ(主導権)でも優位に立ち、ブロックの上からでも右フックでダメージを与えていたね
僕たちはみんな、狂ったようなフットワークと驚異的なコンビネーションを搭載した過去のパッキャオの姿を期待していたんだけど、それでも年齢の割にはよくやってくれたとは思う
個人的には引退の時が来たかないう感じだね

 

10.<ボクシングファン>
マニーがこの年齢かつ、彼には重すぎる階級でこれほどの競争力を持っているという事実は、それだけでも多くのことを物語っている

 

11.<ボクシングファン>
少なくとも僕たち(もしくはそのほとんど)は全盛期のマニーを目撃することができた
彼は止まることを知らなかったんだ
全盛期の彼ならスペンスやクロフォードをボディバッグ(※遺体袋)にして返していたと確信している
でも年齢はどんな人間にだって影響を与えてしまうね
今夜、僕たちはマニーの姿にそれを見た
全ての思い出をありがとう、チャンプ
ボクシング史上最高のキャリアの始まりと終焉を見ることができてよかったよ

 

12.<ボクシングファン>
>>11
(ミゲール)コットをストップした時のマニーなら、この147ポンドの階級も駆け抜けていただろうな

 

13.<ボクシングファン>
僕はこの試合がパッキャオのキャリアにとって素晴らしい結末になったんじゃないかと思っている
彼はウェルター級でも小柄なファイターとして戦っただけじゃなく、自身の衰えとも可能な限り戦い、それでも自分の意思でリングを降りることができたんだ

 

14.<ボクシングファン>
>>13
僕はパックのファンだが、この結果には文字通り満足している
彼とスペンスの試合が発表された時、僕は彼が正真正銘にKOされ、残酷に打ちのめされるのを覚悟していたから、自分よりもはるかに体格に優るウガスという正統派王者を相手に大健闘し、僅差ながらも明確な判定で敗れたのは悪くない結末だと思っているんだ

 

15.<ボクシングファン>
まともな判定は良いね

 

16.<ボクシングファン>
自分と同じような採点を聞いて、とても新鮮な気持ちになったよ
それはウガスの勝利に同意したという意味じゃなく、「119-111」というとんでもないスコアがなかったからなんだ
最近の試合には全て議論を呼ぶような採点があったから、新鮮な気持ちになったんだ

 

17.<ボクシングファン>
この試合のパックは衰えが見えたね
フットワークは失われ、頭の動きもなく、アングルも存在しなかった

 

18.<ボクシングファン>
この試合の本当の敗者はスペンスだな
今夜は彼の勝利になるはずだったのに

 

19.<ボクシングファン>
>>18
タイミングが悪かったとしか言いようがない
両ガルシア(※ミゲル・アンヘル、ダニー)を無効化したスペンスなら、パッキャオは手に負えなかっただろうからね

 

20.<ボクシングファン>
>>18
ああ、これでスペンスは履歴書にパッキャオの名前を残せなくなった

 

21.<ボクシングファン>
俺が「40代の格闘家が成功するためには戦い続けなければならない」と言った時、たくさんの低評価を受け、そして多くの人間は「2年間の休養は選手に休養を与える」と言っていた
ケガをしていない限り、休息が現役よりも良い影響をもたらすとは絶対に思わないでくれ
急なマッチアップとなったウガスを祝福したい
2年の休養を経て42歳でこの試合に挑んだマニーにも敬意を表したいが、そのブランクがこの試合の敗因になってしまったよ

 

22.<ボクシングファン>
2年間のボクシング活動の停止+42歳という年齢
マニー、もう引退する時だよ
あなたはボクシング界で最も偉大なキャリアを歩んできた
ウガスにはおめでとう!

 

23.<ボクシングファン>
少なくともこの試合はマルケス4(※壮絶KO負け)ではなかった
スペンスの負傷は不幸中の幸いだったように思う
錆び付きと年齢のせいで、マニーはダンスをする能力を失っていた
それは彼のパワーパンチの源だったんだ
今夜のウガスはとても良く、この勝利が彼のキャリアを飛躍させることを願っている
マニーはまだ引退しないとは思うが、次は自分のために用意された噛ませ犬と戦うことだろうね

 

24.<ボクシングファン>
ウガスは年老いたマニーには余りに大きく、リーチが長かった
しかし彼のハンドスピードと顎の強さには驚かされたよ
彼はまさに怪物だった

 

25.<ボクシングファン>
マニーにとっては悲しいことだけど、僕はこの判定には納得している
42歳にしてはとても素晴らしいパフォーマンスだった

 

26.<ボクシングファン>
大のマニーファンだが、正直、この試合が正しくジャッジされたことを嬉しく思っている
ウガスは完璧なボクシングをして、勝利を手にしたよ

 

27.<ボクシングファン>
マニーは最後の試合を母国のフィリピンで行いたいと言ってたが、正直、彼にはそれを行うだけの名声があるし、僕もそれを望んでいる

 

28.<ボクシングファン>
マニーのためにも関係者らが彼にグローブを吊るす時期だと進言してくれることを願っている
0‐3の判定で負けたことは、彼の長期的な健康にとっては最良のことかもしれない

 

29.<ボクシングファン>
こんなことは言いたくないが、スペンスがケガを発表した時にマニーも試合を辞退してほしかった
彼はウガスに対する準備が全くできていなかったからね
マニーは彼のジャブを掻い潜るための解答がなく、頭を動かさずに右フックを食らい続けていたし、またフットワークの遅さも目に付いた
スペンスの方がパッキャオを打ち負かしていたという人がいるかもしれないが、僕はそうは思わない
マニーはウガスとは全く異なるサウスポーファイターであるスペンスを想定し、狂ったようにトレーニングをしていたんだ
トレーニングキャンプの最後の週になってようやくウガスに対する調整をしたが、それでは余りに遅すぎた
ウガスに負けたことは一般の人に悪い印象を与えてしまう
この試合のシナリオは、エロール・スペンスJr.というウェルター級の現役王者を、復活したGOATが征伐するというものだったからね
マニーが42歳であることはわかっているけど、伝説的なキャリアの最後としては残念な結果になったよ

 

30.<ボクシングファン>
>>29
パッキャオの最後の試合なんて誰も思い出すことはないよ
記憶されるのはいつも素晴らしい試合をしていた、8階級にわたる世界王者時代の頃だ(※)

(※)フェザー級でのバレラ戦、S・ライト級でのハットン戦はノンタイトルだったが、権威あるリングマガジンの王座が懸かっていたため、海外ファンの間ではタイトル扱いとなっている

 

31.<ボクシングファン>
マニーは何も恥じることはない
彼は42歳になってもベストを尽くしたんだ

 

32.<ボクシングファン>
僕は人生の全てをマニーに捧げてきた
何十年にもわたって素晴らしい試合を提供してくれて感謝しかない

 

33.<ボクシングファン>
マニーはローガン(※YouTuber)と戦った時のフロイドのように見えたな
老いはジョージ・フォアマンを除く全ての人々に打ち勝ってしまう

 

<関連記事>

【海外の反応】厳格なドーピング検査を訴えた井上尚弥にカシメロがさっそく噛み付く「この男は面白い」

WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者の井上尚弥(28=大橋)が19日、自身のツイッターを更新。「カシメロとの試合が決まった ...

続きを見る

海外反応アンテナ

-海外の反応, ボクシング

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.