海外の反応 セリエA

【海外の反応】インテルが首位攻防ミラノダービーを制し首位堅持「ハンダノビッチが神がかっていた」

投稿日:

[2.21 セリエA第23節 ミラン 0-3 インテル]

セリエAは21日に第23節を行った。首位インテルと2位ミランの“ミラノ・ダービー”は、インテルが3-0で勝利を収めた。

勝ち点1差で上位に位置する首位インテルと2位ミラン。今季はすでに2度行われたダービーマッチは1勝1敗となっており、3度目の対戦は今季の成績を占う大一番となった。

また、両チームのエースであるミランFWズラタン・イブラヒモビッチとFWロメル・ルカクの対決も見どころに。しかし、この試合で輝いてみせたのはルカクだった。インテルは前半5分、ルカクが右サイド突破からPA内へ。クロスはDFシモン・ケアーに阻まれるが、ルカクは再びボールを拾い、ピンポイントクロスを上げる。ゴール前のFWラウタロ・マルティネスが頭で合わせ、幸先よく先制点を決めた。

ミランも反撃。相手の脅威となるイブラヒモビッチはミドルや意表を突いたヒールキックでゴールに迫るが、GKサミール・ハンダノビッチのセーブに遭う。前半を0-1で折り返し、後半もイブラヒモビッチを中心に攻め立てるが、やはりハンダノビッチにゴールを守られた。

すると、インテルが再び得点に成功。後半12分、DFアクラフ・ハキミが右サイドを強引に突破し、中盤でパスを受けたMFクリスティアン・エリクセンがPA左に回す。FWイバン・ペリシッチがPA左から折り返し、最後はラウタロがワンタッチでゴールに押し込む。鮮やかな連係がつながり、インテルが2-0と点差を広げた。

さらにインテルがダメを押す。後半21分、ペリシッチがロングボールを蹴り、中盤でルカクが収める。ルカクは一気に加速し、PAライン上から左足を一閃。鋭い弾道がゴール左隅に突き刺さり、勝利を決定づける3点目となった。

ミランは後半22分、30分と交代カードを切り、イブラヒモビッチも途中交代に。しかしその後スコアは動かず、インテルが3-0で勝利。大一番のダービーを制し、2位ミランとの勝ち点差を「4」に広げた。

(ゲキサカ)

<外部サイトの新着記事>

 

―海外の反応―

 

◼︎ <ミランファン>これでもまだインテルのファンはコンテの解任を叫んでいるのか? それとも考えを改めたのか?

 

  ▪︎信じられないが、未だに解任を望んでいるバカヤローどもがいる

 

◼︎ コンテはユベントスの支配を終わらせようとしている

 

  ▪︎プレミアでも(チェルシーを)優勝させているしな

 

    ▪︎チェルシーでのラストゲームにはFAカップを手に入れた

 

  ▪︎<ナポリファン>モンスタークラブを倒せるのは彼しかいない。それはよく知られた話だ

 

  ▪︎<ユーベファン>ユーベの支配を終わらせようとしているのはピルロの方だけどな。それは冗談として、俺はまだ彼のことを信頼している

 

◼︎ <インテルファン>エリクセンとペリシッチが融合したことで、チームは本当に好転した。まあ今日はハンダノビッチがキレキレだったんだけど

 

  ▪︎ペリシッチは今日も活気があって、ヤングがシーズン全体で見せていたもの以上をもたらしていた。カラブリアをうまく弄んでいたし、昨季はコンテに見限られバイエルンに送られたことを考えると、この現状は驚くべきものがある

 

    ▪︎<インテルファン>今季のうちのウイングバックは昨季とは異なり違いを作っている。2人とも相手のサイドプレーヤーを後方に貼り付けてくれるんだ

<中間のおすすめ記事(外部)>

 

◼︎ <ミランファン>明らかにインテルの方が上だった。それにしてもハンダノビッチには呆れたよ。あのヘディングは他のチームなら入っていただろうね(笑)。何てGKなんだ(※動画の1:40~)

 

  ▪︎彼の状況判断は一流とは言えないが、その本能と運動神経はワールドクラスだ

 

◼︎ <ユナイテッドファン>もちろんスポットライトはラウタロとルカクに当たるだろうが、後半開始早々のハンダの3つのセーブがなければ、試合はまた違った展開になっていただろうね

 

  ▪︎ほとんどの視聴者は彼をMOMだと思っている

 

◼︎ ルカクとラウタロは何てコンビだよ

 

◼︎ <ミランファン>キャプテンマークを外してくれ(※ロマニョーリ)

 

◼︎ <ミランファン>試合の中ではいい時間帯もあったし、3‐0という結果は少し酷にも感じるが、インテルの守備は非常にタイトで、カウンターもシャープだったし、何よりもフェアプレーだった。どうか神様、ロマニョーリをどうにかしてください

 

  ▪︎<ミランファン>うちには出場しなかったディアスを除いて、相手が守備を固めた時にそれを解除できる創造的な選手がいないんだ。ミランの攻撃のオプションはどれも予測可能なものだ。ロマニョーリが集中砲火を浴びているが、この結果を1人の選手だけに負わせてはならない。0‐1であろうと0‐20であろうと、得点できなければ負け続けるだけだよ

 

◼︎ インテルはようやくこのチームが波に乗れば、どれだけ素晴らしいチームになれるのかを見せてくれた。これを来季のCLにつなげてくれることを期待しているよ

 

  ▪︎セリエAのタイトルを獲得すればかなり楽なグループに入れるだろうし、予選突破の可能性は高くなる。とはいえ、結局はスペインのトップチームと戦うことになると思うが…

 

◼︎ セリエAは今季の欧州で見るに値する最高のリーグだ。良いチームと好ゲームがたくさんあったからね。インテルが快勝!! ユーベ以外の別のチームがタイトルを獲得するのが見てみたい

 

  ▪︎同意する。アタランタは最も攻撃的なサッカーをしていて、今季のCLでも欧州を驚かせる可能性を秘めているから、僕はその試合をチェックしているんだ

 

◼︎ <インテルファン>ペリシッチは本当に良いわ

 

◼︎ 完璧な試合だった。恐怖を何度も救い、最高のパフォーマンスを見せたハンダノビッチがMOMだけど、ルカク、ラウタロ、ブロゾヴィッチも良かった。エリクセンとペリシッチも申し分なかったし、シュクリニアルも3バックで上手くやっていた。バレッラがケガしていないことを祈る以外、これ以上の喜びはないよ

 

◼︎ <ミランファン>うちはなぜか負傷者がたくさんいた時の方が良いプレーをしていた。徐々にトップ4入りが不安になったきたわ

 

◼︎ <ビルバオファン>ルカク、ラウタロ、エリクセン、ハンダノビッチの誰がMOMに選ばれたのかは知らないが、その全員がとても良かった。悲しいかな、これでミランのリーグ優勝への希望は絶たれたと思う

 

  ▪︎<インテルファン>ブロゾヴィッチもね。正直、先発11人の誰がMOMになっても文句はない

 

◼︎ <インテルファン>シーズン序盤でコロナによってバックラインが破壊されて負けたことを思えば、今は素晴らしい気分だ

 

◼︎ <ミランファン>インテルの方が優れていたけど、全盛期に戻ったハンダノビッチがこの勝利をもたらした。うちは明らかにフォームを崩しているが、とにかく試合に勝って復調してほしい

 

◼︎ <インテルファン>何てパフォーマンスなんだ。もうポルノは必要ない。インテルさえあれば

 

<関連記事>

【海外の反応】インテルのヒートマップが完全に18禁な件「男らしく仕上がっている」

「23日に行われたウディネーゼ戦のインテルの後半のヒートマップの形状が完全にアレ…」 <中間のおすすめ記事(外部)>

続きを見る

【海外の反応】ACミランが冨安健洋の獲得に向け移籍交渉を開始!ミラニスタ「セリエAで最も有望な若手だ!」

新型コロナウイルスの影響により、ヨーロッパの今夏の移籍市場は通常のスケジュールとは大きく異なっている。イタリアは10月5日にクロー ...

続きを見る

海外反応アンテナ

-海外の反応, セリエA

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.