海外の反応 ラ・リーガ

【海外の反応】ウエスカ戦の久保建英の躍動にレアルサポが称賛も「ジダンが監督のうちは…」

投稿日:

現地時間1月20日に行なわれたラ・リーガ第19節のウエスカ戦で、移籍後初スタメンを飾ったのがヘタフェの久保建英だ。

4-2-3-1の右サイドハーフに入った19歳は、加入してまだ2週間足らずながら、持ち前のキープ力でマーカーを翻弄すれば、献身的な守備でも貢献。いきなり任された直接FKでは強烈なシュートを2本浴びせて際どいシーンを作り出すなど、インパクトを残した。

現地紙『AS』は採点で2点(3点満点)をつけ、「注目に値する。前半は素晴らしいテクニカルなアクションをみせた。(敵の左SBであるハビ・)ガランとのデュエルはその前半で最高だった」と称賛した。

また同じく2点を与えた『MARCA』紙は「クボと(カルレス・)アレニャがヘタフェの表情を変えた」と称えている。

この2試合で一気に声価を高めた久保。移籍をした決断が間違いではなかったことを証明してみせた。

(サッカーダイジェストWeb編集部)

―レアルファンの反応―

 

◼︎ タケ久保vs.ウエスカ

 ・出場時間 80分

 ・タッチ数 50

 ・パス成功数 20/22

 ・ドリブル成功数 4/7

 ・被ファウル数 4

 ・デュエルの勝利数 10

 

  ▪︎Ebening(エメリ)が言ってたほど悪くないじゃないか

   ※エメリはアーセナルの監督時代、"Good evening"と挨拶をしてから記者会見を始めていたが、上手く英語が発音ができずに"Good ebening"(v→b)と聞こえていた

 

    ▪︎久保はEbeningの戦術にフィットしていなかった。Ebeningが求めていたのはスターリングやデンベレのようなウインガータイプで、久保はメッシやアザールのようなタイプだから

 

  ▪︎どういうわけかバスケスのように久保やブラヒムといった生粋のRWがレンタルに送られ、残ったロドリゴやヴィニシウスらLWの中にさらにポジションが被る160㎝のアザールが投下されるという。実に素晴らしいな

 

    ▪︎昨季からずっと思っていたんだが、コイツらは一体何を考えてるんだ?

 

◼︎ 素晴らしいよ。彼の技術レベルはイスコと比べられるけど、より迫力と獰猛さを持っている。スピードとダイレクトプレーもまた今の久保の方が優れている。彼がレンタルで放出される前にも言ったが、うちはこの子をチームに引き入れる必要があるよ

 

◼︎ 久保は才能ある素晴らしい選手だ。彼のスキルがレアルでどれだけ通用するのかが気になるね

 

◼︎ このハイライトの6分間の動画は、2時間あったレアルの試合(※アルコヤーノ戦)よりも美しい。それでも彼がうちに戻ってきたら、確実にベンチ要員になることは確信している

 

  ▪︎久保がレアルに復帰しても、ずっとここに留まることはないだろう。それは決して彼やその才能が悪いということを意味しない。むしろ経営陣の方に問題がある

 

◼︎ 久保と(ブラヒム)ディアスには興奮させられる。彼らのプレーはヴィニ(この子にはレンタルが必要)、アザール、イスコ、アセンシオがピッチで見せているものよりもはるかに上質だ。久保はかなり縦を使えるプレーヤーで、前にいる相手にドルブルで仕掛けることを恐れないし、脅威的なFKもある。どうしてEbeningが彼の起用法を見出せなかったのかが理解できない。ディアス、ヨヴィッチ、ウーデゴール、久保には来季もうちに戻ってきた時にパフォーマンスを発揮できるよう適切に育成されることを期待している(後、レギロンを復帰させてほしい)。ロドリゴとアザールを左サイドに、久保とディアスを右サイドに配置するか、または4-2-3-1を採用してみてもいい。こんな感じで。

ベンゼマ

アザール、ブラヒム、久保

カゼミーロ、バルベルデ

うちは多くの多様性があるし、ジダンや次期監督と共に適切なチーム計画が実行されることを願っている

 

◼︎ 監督のコーチングがどれほどの違いを生むのかを如実に語っている。この試合の久保はヘタフェで10年在籍していたかのようなプレーを見せ、エメリが語っていたように悪くはなかった。ボルダラスは久保とアレニャを迅速にシステムに適応させたことに多くの称賛を受ける必要がある

 

  ▪︎正直なところ、僕はボルダラス、マルセリーノ、ロペテギのような監督を尊敬している。彼らは偉大なことを成し得られるんだ。これは強国のリーグにとっては健全なことで、トップチームは下位チーム相手にも手を抜くことができない。その中でもボルダラスは非常に賢明な監督だと思う

 

    ▪︎その通り。ヘタフェのプレーは粗いから彼は賢い監督じゃないと言われているが、逆にそのことが彼を評価するポイントだと思う。ハメイ・マタが技術的な才能を持った唯一の選手だったにも拘わらず、彼はチームを欧州の舞台に導いた(※18/19年に5位でEL出場権獲得)。システムが固まった今、彼はスキルのある選手たちに攻撃の幅を広げてもらいたいと思ったからこそ、久保とアレニャを獲得したんだろう

 

  ▪︎悲しいかなジダンは最近、自身の戦術に選手を適応させることができていない。その最たる例がウーデゴールとヨヴィッチだ。この若い選手らのために、育成スキルとドイツサッカーの戦術を知る監督に新しいシステムを作ってもらいたい。とにかく久保にとってボルダラスは喜ばしいし、とんでもない監督だよ

 

◼︎ 久保とウーデが共にプレーすれば凄まじいものになるよ

 

◼︎ 俺の少年が輝いた

 

◼︎ 時間が経てば、彼は必ず破壊的なプレーメーカーになれる。ジダンがそれを理解してくれていることを望む

 

  ▪︎ジダンは彼を連れ戻して、ヴィニシウスのようにクソプレーヤーに仕上げるだろう。久保の年頃にはヴィニシウスはそれ以上ではないにせよ破壊的なドリブラーで、年代別のブラジル代表にも召集され、ソラーリの下でも向上していたが、ジダンが監督になって以降は大きく後退し、チャンスをものにする意欲も失ってしまった。ロドリゴも同様な境遇にある。僕が久保ならジダンには去ってもらいたいと思うよね

 

◼︎ 彼が何年後かに戻ってきて、それからベンチ暮らしが延々と続き、最後には出て行ってしまうのが待ち切れないね

 

<関連記事>

【海外の反応】レアルが国王杯で10人の3部相手に衝撃の敗戦!「スター軍団が配管工のチームに…」

コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)3回戦が20日に行われ、レアル・マドリードはアウェイでアルコヤーノ(3部相当)と対戦した。 7シ ...

続きを見る

【海外の反応】レアルがジダンの後任としてポチェッティーノと接触?「選手起用がね…」

「ジダンがチームから離れるか、今の悪い状況下から抜け出せずにいれば、レアル・マドリードはポチェッティーノを招聘すべく接触を行ってい ...

続きを見る

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-海外の反応, ラ・リーガ

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.