東京五輪 海外の反応

【海外の反応】卓球水谷や体操橋本ら日本人選手に対するSNS中傷が相次ぐ「狂ってる…」

更新日:

◇東京オリンピックに出場している日本選手に対し、SNS(ネット交流サービス)上で中傷するコメントの投稿が相次いでいる。特に採点競技で自国開催による不公平感を訴える内容が目立つ。国際オリンピック委員会(IOC)は問題を重視し、インターネットでの不適切な投稿を規制するように運営会社へ要望することを検討。選手の心のケアを図るために相談体制を充実させるとしている。

東京・有明体操競技場で29日にあった体操の女子個人総合決勝後、5位に入った村上茉愛(24)=日体ク=はSNS上の中傷について質問されると「言っていいのか分からないけど……」と切り出した。

「嫌なコメントを見ることがある。そういう人がいることがすごく残念だなと思う。(五輪開催に)反対している人がもちろんいるのは知っているし、応援してくれる人がいるのも分かる。(否定的な意見が)勝手に入ってくる」

2020年から開設したインスタグラムでの「被害」を涙ぐみながら訴えた。

体操では28日の男子個人総合で史上最年少の19歳で優勝した橋本大輝(順大)のSNSにも、演技の採点について批判的なコメントが相次いだ。橋本の跳馬「ロペス(伸身カサマツ2回ひねり)」の得点が、出来栄えを示す10点満点のEスコア(実施点)で高評価の9・200点だったことが取り沙汰された。国際体操連盟は減点した内容などを細かく示した上で「採点規則に照らしても正しく、最終順位になる」とする異例の声明を発表した。

橋本は29日夜、自身のツイッターで「互いにたたえ合い切磋(せっさ)(琢磨(たくま))できることがスポーツの魅力であると思います。国の代表として努力してきたアスリートを認め、称賛する人が増え誹謗(ひぼう)中傷とみられる行為を行う人が少なくなることを願っています」とつづった。

卓球では新種目の混合ダブルスで中国ペアを破って金メダルを獲得した水谷隼(32)=木下グループ=が、国名は明かさなかったもののツイッターに「消えろ」などというダイレクトメッセージが届いたことを明かした。水谷は「免疫ありすぎる俺の心にはダメージない」と気丈に振る舞ったが、その後、この投稿は削除された。

新競技のサーフィンでも男子で銀メダルを手にした五十嵐カノア(23)=木下グループ=のインスタグラムに、ポルトガル語で採点に関する否定的なコメントが寄せられた。五十嵐は準決勝、決勝でブラジル選手と対戦していた。中には「ブラジル人です」と名乗る投稿者から「心配しないで」と励ます声もあった。

選手に対するSNSでの中傷は世界的な問題として深刻化しており、メンタルヘルスへの影響も懸念される。IOC選手委員会のカースティ・コベントリー委員長は29日に東京都内であった記者会見で、「スポーツイベントに参加するアスリートをターゲットにしたものにはプロバイダー側に厳しい規制をお願いすることもできると思う」と語った。

IOCは新型コロナウイルスの影響で練習環境を確保できないストレスとともにSNSでの中傷も選手の心身に不調を来す要因と捉えており、東京五輪・パラリンピック、22年北京冬季五輪・パラリンピックに参加する選手に対し、24時間態勢で70以上の言語に対応する相談サービスを電話やメールなどで始めている。

(毎日新聞)

<外部サイトの新着記事>

 

海外の反応

1.<五輪ファン>
胸が痛むな

 

2.<五輪ファン>
ツイッターはもう完全に止めたよ
フェイスブックは月に2、3度、友人や家族にメッセージを送る程度で、YouTubeに関してはコメントには目を通さない
彼女(村上茉愛)がインスタに写真を投稿した後に嫌なコメントを目にしたと言っていたのは知っていた
ただ、ある種の有名人として彼女自身の健康のためにも、コメントを読みたいという衝動を断たなければならないね
ヤツらは荒したり、傷つけたりすることだけを目的としている
そういう人間への報復は、読まずに無視することが一番なんだ

 

3.<五輪ファン>
>>2

僕のフェイスブックのほとんどがビール愛好会の会員情報だけだ
それだけで十分だしね
インスタは好きなアスリートやアーティストをフォローするためだけに使用しているから、かなり厳選したものになっている

 

4.<五輪ファン>
これはひどい話で、実社会にも影響を及ぼす可能性だってある
日本の女子プロレスラーだった木村花もSNSでの誹謗中傷に苦しんだ末、最後には自殺してしまったからね
まだ22歳だったのに

 

5.<五輪ファン>
何だ?
荒らしたヤツらは日本が不正をしたとでも言っているのか?
ホームアドバンテージのことか?
体操でどうやって不正をするんだよ

 

6.<五輪ファン>
>>5
例えば、買収したり圧力をかけたりして、審判員がミスに対して寛大になったり、厳しくなったりするようなことだよ
(女子体操の場合は)つま先を十分に向けていないとか、180度ではなく175度だったとか、数えれば切りがないほど些細なことがたくさんある
日本がそんな不正をしたとは思わないが、選手らへのヘイトをなくすために今日、国際体操連盟(FIG)は正確な採点結果を公表しなければならなかった(※)
1位と2位はとても僅差だったからね

(※)男子個人総合で金メダルを獲得した橋本大輝に、中国から誹謗中傷が殺到したことに対して

 

7.<五輪ファン>
>>5
荒らしにどうやって対処するのかって?
無視するのが一番さ

 

8.<五輪ファン>
興味があるんだが、彼女(村上)はどこでそのようなヘイトコメントを見たんだろう?
ウェイボー(※中国のSNS)やツイッターでは誰も彼女を嫌ってないし、両アプリで彼女を検索してみても、一部のファンらが彼女を応援するために投稿しているだけで、インスタのコメント欄も同様だった
彼女が言っているのは僕の知らない日本のSNSのことなのかな?

 

9.<五輪ファン>
>>8
ウェイボーで彼女はかなりのヘイトを受けているよ
君は僕とは明らかに違うウェイボーで検索しているようだね

 

10.<五輪ファン>
>>9
君こそ、茉愛と伊藤(美誠)とどっちのことを言ってるんだ?
ウェイボーでの検索では茉愛へのヘイトは文字通りの0だったよ

 

11.<五輪ファン>
>>8
スレタイを読んだか?
ヘイトの対象は村上だけじゃなく、日本のアスリートである橋本大輝、伊藤美誠、水谷隼、五十嵐カノアにも向けられている
彼らは皆、決勝で中国に勝利したことでひどい嫌がらせを受けていたんだ(※五十嵐はブラジルから)

 

12.<五輪ファン>
>>11
わかっているんだが、茉愛は嫌なコメントを見たと言っていたから、どこのSNSなのか知りたかったんだ
自分も彼女をサポートできるかも知れないし
他の選手に対するヘイトがないとは言ってないよ

 

13.<五輪ファン>
>>12
憎悪に満ちた書き込みは個人だけじゃなく日本人全体へ向けられたものが多いから、彼女はそれを悲しんでいるんだろうね
「日本に核爆弾を落とせ」なんて言葉もあったしね

 

14.<五輪ファン>
SNSは掃き溜めのようなものだから、近づかないに限るよ

 

15.<五輪ファン>
驚きはないね
日本の女子プロレスラーがSNSによって自殺に追い込まれたことを思い出したよ

 

16.<五輪ファン>
中国人が負けたという事実を受け入れられず、SNSで日本人選手や審判員を攻撃しているのは少し馬鹿げているな
服の色で日本人が不正をしているだとか、競技中に笑顔を見せるのは失礼だとか、会場がいつもより狭いだとか、審判が中国人選手を嫌っているとか、かなり狂ってるよ
日本人選手と審判員がかわいそうだわ

 

17.<五輪ファン>
>>16
中国人として、日本人選手に申し訳なく思う
そういった連中は本当に異常だよ

 

18.<五輪ファン>
>>17
彼らこそが中国を悪く見せているね
国の業績についての投稿にプロパガンダを載せまくっているのはうんざりする

 

19.<五輪ファン>
待ってくれ
中国にはファイウォール(検閲システム)があるんじゃなかったのか?
なぜ彼らのヘイトや偏見が中国の外にあるネット空間に漏れているんだ?
導入されているアルゴリズムでは彼らを抑制できないのか

 

20.<五輪ファン>
>>19
いや、逆に中国政府は荒らしの連中を抱え込んでプロパガンダに利用しているんだ
政府がツイッターやyoutubeを禁止にしているのに、こんなに多くの荒らしが存在することを不思議に思わないか

 

21.<五輪ファン>
ネット世界ではよくあることだけどね

 

22.<五輪ファン>
ブラジル人として、俺たちがいかに人に嫌がらせをするのかを目の当たりにした
五十嵐カノアに対するいじめや殺害予告は、自分たちと意見が合わない人間に対して同様なことをする組織によって書き込まれたものだった
五十嵐がメディナ(※準決勝)に勝った後、ヤツらは彼にかなりひどいことをしたんだ
ブラジルには世界でも最大の日系人社会があるのに

 

23.<五輪ファン>
ソーシャルメディアの誕生は過ちだった

 

(翻訳元:https://bit.ly/378BuWt)

<関連記事>

【海外の反応】水谷隼、伊藤美誠ペアが卓球で日本史上初の金!「信じられない逆転劇」

ついに歴史が動いた。東京五輪卓球混合ダブルス決勝(26日、東京体育館)は水谷隼(32=木下グループ)、伊藤美誠(20=スターツ)組 ...

続きを見る

海外反応アンテナ

-東京五輪, 海外の反応

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.