海外の反応 ボクシング

【海外の反応】カシメロが井上尚弥を「亀」と挑発するも海外ファンは失笑「ブーメランになるよ」

投稿日:

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスのMGMグランドでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)に7回2分59秒KO勝ちした。4月に対戦予定だったWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は試合後、井上とマロニーを亀と魚に例えて「お互いに海に住んでいる、弱い生き物だ」などと挑発したようだ。フィリピンメディア「ラプラー」が報じている。

完璧なタイミングのカウンターでマロニーを粉砕した井上。圧巻のラスベガスデビューに、執拗な挑発を繰り返してきたカシメロも敏感に反応した。「ラプラー」は「カシメロはイノウエのKO勝利に感銘を受けなかった。“モンスター”と試合することを望んでいる」との見出しで記事を掲載している。

カシメロは井上戦をリアルタイムで注目していたのか、記事によると、試合終了わずか数分後に自身のフェイスブックを更新。投稿の文面は、すべてが井上に向けられたものだったようだ。

「彼らはお前が強いと言ったが、お前は相手を傷つけることさえできない」「みんな、なぜボブ・アラムとイノウエが恐れているのか分かっただろう。唯一クワドロ・デ・アラス(カシメロ)だけが強いんだ」

4月25日に開催予定だった3団体統一戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。以降も井上を“亀”と呼ぶなど無礼な振る舞いを続けるカシメロ。マロニー戦については「亀が魚(マロニー)を捕まえるのに長い時間かかった。お互いに海に住んでいる、弱い生き物だ」とつづったという。

勝利後のインタビューで、井上は「計画としては、次はドネアとウーバーリ。WBOのカシメロもいる。どの選手もターゲットなので、相手として考えている」と話していた。自身の名前も挙がっていたが、カシメロは「我々が顔を合わせる前に、ウーバーリとドネアの勝者を優先させるのか? マジで怖がってるんだな、亀」と最後まで相変わらずだった。

(THE ANSWER編集部)

―海外の反応―

 

◼︎ ハハハハハ! とても奇妙で面白い例え話だ。仮に井上が亀だったら、お前はワニガメだろう

 

◼︎ どうやら俺はこんなキャラクターのカシメロのことが好きなようだ

 

◼︎ 井上が早い時間でのKOを意識した強引な戦い方をすれば、カシメロは井上の顔面にドネアのようなカウンターを打ち込むチャンスはあるかもしれないが、モロニー戦のように井上がディフェンシブな戦いをすれば、カシメロの勝機はほぼないと思う。あのショートカウンターのフックは致命的で(1度目のダウンのフック)、カシメロに大きなダメージを与えるだろう

 

◼︎ あの悪魔的なマニー・パッキャオが井上と戦うチャンスがあればいいのにと思っている。彼のキャラクターは楽しいし、最大のライバルと称された相手に対しては素晴らしい反発力を見せてくれた。彼は絶対に諦めないんだ

 

◼︎ 僕はフィリピン人だけど、今の段階でカシメロが井上に勝てるとは思わないな

 

  ▪︎ぶっちゃけ、流れを変えるのに必要なのはワンパンチだよ。カシメロには深刻なダメージを与えるパワーがあって、2つ階級を上げたにも拘わらず信じられない威力だよ。少し粗さはあるが、ホンモノだ。常に脅威となり得る十分なパワーを持っている

 

◼︎ 僕はカシメロがモンスターと戦うに値するものを披露して来たとは一度も思ったことはないね

 

  ▪︎僕がカシメロを目に止めたのは、彼が世界戦最速KO記録を持ったビッグネームのゾラニ・テテをKOした時だね。アンダードッグで王者をなぎ倒したのは初めてじゃないし、彼の拳は岩のようで、それを強く叩きつけるんだ

 

    ▪︎カシメロのパンチの軌道は曲線的で大振りだけど、井上のそれは直線的でシャープだ。井上なら軽くアウトボックスできる。テテについては何が起きたんだろうね。カシメロはただ彼に勝って、王座を継承したに過ぎない

 

      ▪︎カシメロは岩の拳を一発当てれば逆転できるし、もし井上のあごがそれに耐えたとしても、緊急事態になることは確かだ。番狂わせのようなことはたくさん起こっているし、彼はただの大ぼら吹きでもない。井上がドネア戦のように攻撃的になれば、彼を正攻法で止められる可能性はある

 

◼︎ 井上はカシメロとは別次元にあるよ。カシメロは粗すぎる

 

  ▪︎金を稼ぐためには仕方がない。そのために一生懸命吠えないといけないんだ

 

◼︎ カシメロは自分の言葉に後悔する日が来るだろうね

 

  ▪︎彼がくだらないことを言っているのはビッグマッチのためだろう。負けたとしても大金になるからね

 

    ▪︎問題なのは、カシメロがナオヤがモロニーではなく自分と戦うと決まっていた時には敬意を払っていたが、モンスターと戦うには数カ月要することを知ってからはゴミのような話をするようになったことだ。もし彼が本当に挑発するためにやっているのだとしたら、2人の戦いは避けられないし、ナオヤは決して甘くはないので、カシメロは99%自分の言葉がブーメランとして返ってくることだろう

 

◼︎ 個人的にはこの2人の試合は見てみたいね

 

◼︎ カシメロは意図のないジャブを放つ。それはワイルドかつ強打なので、それが却って彼の負荷になってくる。そんな彼に井上が負けるとは思えない。井上のジャブが波に乗り、カシメロを突き離すことだろう

 P.S. カシメロは37歳のドネアにも及ばないと思うし、ドネアよりもパワーがあるとも思えない。それにカシメロは井上のようなパワー、正確さ、スピードを持ち合わせた選手と対峙したこともない

 

  ▪︎まさに。井上にとっては楽な相手だろうね

 

◼︎ なんだよ、カシメロかよ。カネロと読み間違えてしまったじゃんか

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-海外の反応, ボクシング

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2020 All Rights Reserved.