サッカーなんかにまじになっちゃってどうするの。そんなことよりオイラの映画評論を見なさい!

名将のマッチレポート Jリーグ

ありがトーレスに6発もの餞 男村田と化したヴィッセル神戸に死角なし

投稿日:

skefalacca / Pixabay

感動の裏に見えた勝負の非情さ

実にエモーショナルな空間だった。家族との抱擁あり、スティーヴン・ジェラードの友情メッセージあり、盟友イニエスタ、ビジャとの惜別スリーショットあり、まさしくスペインのレジェンド、ありがトーレスの最後を飾るに相応しい引退セレモニーであった。

と、同時にそこには勝負の世界に生きることの非情かつ残酷な側面も映し出されていた。

「勝ってフェルナンドを送り出したい」

8月23日に行なわれた神戸戦で、18年に及んだ現役生活に終止符を打つスペイン代表FWフェルナンド・トーレスの花道を飾るべく、鳥栖の面々はそう意気込んでいた。

だがしかし、90分を戦い終え、突き付けられた現実は、あまりに酷だった。1-6。このスコアがこの日の両軍の差を明確に表わしている。

(サッカーダイジェストWeb編集部)

フェルメーレンと酒井高徳を獲得し、一段とバルサ化を遂げたヴィッセル神戸が、ありがトーレスの引退に花を添えようと意気込むサガン鳥栖を無慈悲に近いスコアで叩きのめしてしまったのだ。

無論、ありがトーレスの引退試合と言えど、シーズン中で両チームとも下位に沈んでいる状況では忖度などは起きようもなかったが、それにしても点差が開いてもなお追撃を止めなかった神戸の峻厳さはやはり、フッボルの兄貴分的スポーツであるベース・オブ・ボールの精神に倣ったものと見受けられる。

目に焼き付けた2010年の悲劇

私は以下のレポートで、

引退トーレスの見事な引き際 名将の記憶に2010年の伝説の引退試合が蘇る

「自分の求めるレベル」という言葉の迫真性 ボンジョールノ、諸君。 サガン鳥栖に所属する元スペイン代表のフェルナンド・トーレスが23 ...

続きを見る

2010年にチームやファン、運営の思惑通りに進んでいた阪神のV戦士、矢野輝弘の引退試合で、9回に空気を読まずに逆転3ランを放ち、球場やお茶の間の少年少女に勝負の過酷さを教えた当時横浜の村田修一の姿に言及したが、おそらく神戸の選手たちはその舞台であった甲子園が近いこともあり、その情景が強く目に焼き付いていたのだろう。

勝負の世界ではいかなる場面であろうと情けは無用。むしろ、全力で戦うことが本当の餞であると。昨日の神戸の選手らからはそんなベース・オブ・ボール精神にも通じる気概が見られ、まさに全員が男村田と化しているようだった。

バルサ化に加え、男村田の集団へと変貌した神戸にもはや死角は見当たらない。佳境に入っていくJリーグの中で、彼らが台風の目になることは間違いない。

ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-名将のマッチレポート, Jリーグ

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2019 All Rights Reserved.