海外の反応 サッカー 代表戦

【海外の反応】追悼ペレ…1958年W杯の伝説のゴールを振り返る「今とは別のスポーツだな」

投稿日:

サッカーの元ブラジル代表で母国をFIFAワールドカップ(W杯)で3度の優勝に導いた「王様」ペレさんが29日、サンパウロ市内の病院で亡くなった。82歳。同国最大のテレビ局グロボなどが報じた。死因は多臓器不全と発表された。

長女のケリー・ナシメントさん(55)もインスタグラムに「私たちがいるのは全てあなたのおかげ。私たちはあなたを永遠に愛しています。安らかに眠ってください」と投稿し、ペレさんの手に子や孫が重ねたとみられる写真を添えた。

ペレさんは昨年9月に大腸腫瘍の摘出手術を受けて以降、治療のため定期的に入退院を繰り返し、同11月29日から大腸がんの進行を抑えるため再び入院していた。今月18日にはインスタグラムでW杯を制したアルゼンチンを祝福。2年前に死去した同国の英雄ディエゴ・マラドーナさんの名前を挙げ「アルゼンチンおめでとう。ディエゴも笑顔のはずだ」と称賛していた。

しかし、その3日後の21日に医師団が声明を発表。「腎臓と心臓の機能障害について、さらなるケアが必要」と診断され、続々と家族が駆けつけた中、クリスマスも病床で懸命に病と闘っていた。

1940年10月23日、ブラジル南東部ミナスジェライス州トレスコラソンエス生まれ。本名はエドソン・アランテス・ド・ナシメントで「ペレ」は愛称として知られる。プロサッカー選手だった父の移籍に伴い、サンパウロ州へ移住。15歳だった56年にサントスFCに入団し、翌57年に16歳9カ月(当時史上最年少)でブラジル代表入りした。

伝説の始まりは17歳だった58年。W杯スウェーデン大会に初出場し、準決勝のフランス戦でハットトリックを達成した。決勝スウェーデン戦では2発で優勝に貢献。準々決勝ウェールズ戦で決めた17歳7カ月23日での得点は、現在も大会最年少記録として破られていない。この大会中、順番で割り当てられた背番号が「10」だったことから、サッカー界のエースナンバーとして以降定着した。

173センチと小柄だったものの、高いシュート技術やドリブルを武器に活躍。W杯は62年チリ大会、70年メキシコ大会も優勝し、今も世界で1人しかいない「W杯優勝3度」を経験した選手となった。W杯では通算14試合12得点、ブラジル代表では91試合77得点の記録を残している。現役生活で通算1281ゴールを決めたとされている。

77年の引退後は国際国際サッカー連盟(FIFA)のフェアプレー委員、UNICEF国連児童基金(ユニセフ)の親善大使として世界中で活動。95年にはスポーツ相に就いた。FIFAによる「20世紀最高の選手」に選ばれたレジェンド中のレジェンドで、まさに世界の「キング」だった。

(日刊スポーツ)

翻訳元:https://bit.ly/3Vz6CW3

 

海外の反応

.<スレ主(ブラジル人)>
「1958年W杯決勝 スウェーデン 1‐[3] ブラジル ペレ(55分)」(動画)

 

.<サッカーファン>
W杯の決勝史上、最高のゴールの一つ

 

  .<サッカーファン>
  間違いなく最高のゴール

 

.<サッカーファン>
彼は17歳でこれをやってのけたんだ
やすらかにお眠りください

 

  .<サッカーファン>
  さらには(現代に比べて)とんでもない重さのボールで

 

  .<アストン・ビラファン>
  しかも準決勝ではハットトリック

 

.<ブラジル人>
「5点目(ペレの2点目)を決められた後は、自分でもペレのことを応援したくなったよ」―1958年W杯のスウェーデン代表のGK、シグ・パーリング(※管理人調べではMF/DF)

 

.<英国人>
(スウェーデンのDFが)シューズの裏を膝の上よりも高く上げている…言葉がないね

 

  .<ブラジル人>
  そのことに今まで気づかなかったのが不思議なくらいだ
  おそらくはブラジルで最も有名なゴールなのに

 

  .<サッカーファン>
  当時17歳だった彼が大の大人から攻撃を受けていたことも考慮するとw

 

  .<サッカーファン>
  当時の選手生命を絶つようなタックルの多さは馬鹿げている!
  まるで別のスポーツのようだ!

 

    .<リバープレートファン>
    そのためにペレはプレー中にダメージを蓄積し、腎臓の摘出手術を受けなければならなくなった

 

.<サッカーファン>
このゴールも美しいが、1970年大会での彼のパスはセンセーショナルだった

 

.<サッカーファン>
現代の試合に比べてボールがかなり重いように見えるが、いつからボールは軽くなったんだ?

 

  .<チェルシーファン>
  70年のメキシコ大会から
  それ以前のボールは異なる皮の材質で、現代の水準からすると粗雑に縫い合わされていたんだ
  それを変えたのがテルスター(※アディダス製の70年大会の公式級)だった

 

.<リバプールファン>
ピッチの状態は戦場みたいだな

 

.<スウェーデン人>
ホーム開催の1958年W杯で偉大なペレを生で見たという高齢の方に今でも会うことがある
彼の素晴らしいレガシーはスウェーデンから始まったんだ

 

  .<マルメファン>
  祖父はその大会を22歳の時に見ていて、ペレの凄さについていつも話していたよ

 

  .<アトレティコファン>
  僕の友人の父親の親戚に1958年にブラジル代表が泊まっていたホテルにメイドとして働いていた人がいて、彼女は息子にペレのサインを貰ったんだ
  残念ながらそれを紛失してしまったらしいが、今日どれだけの価値が出たんだろうかと想像している…

 

  .<スウェーデン人>
  44年生まれの祖父は友人の家でこの試合を観戦していた
  その試合もペレのプレーも一生忘れないだろうと言っていたよ

 

  .<ブラジル人>
  僕の祖父はその大会までペレのことを耳にしたことがなかった(少なくとも詳しくは知らなかった)
  当時の祖父は10代
  祖父はラジオで試合の実況を聞きながら「この少年はどこからやって来たんだ?」という感慨だったそうだ

 

    .<サッカーファン>
    まだ彼は17歳だったからね
    それまでは誰も彼のことは知らなかったと思うよ

 

.<サッカーファン>
17歳の時でさえ、彼はピッチ上の他の誰よりもはるかに速かった

 

.<サッカーファン>
ペレの古いハイライト動画はいつ見てもとても楽しいね
彼はピッチ上で他の選手が夢にも思わないようなことをボールを扱ってやってのけたんだ
RIP

 

.<サッカーファン>
この時代のプレースピードの遅さはクレイジーだわ

 

  .<インテルファン>
  特にDFがね
  現代では相手に対して距離を詰めるように教えられるが、当時は塞ぎに行くどころか、攻撃側が自分に向かって来るのを待ってから対応するといったやり方だった
  突っ立って、歩いて、ボールを見る
  確かに全く違う競技のようだね

 

    .<ユナイテッドファン>
    チームによって守備戦術は異なっていたよ
    同じ頃にオーストリアやドイツではカテナチオの黎明期で、60年代~70年代にかけてイタリアで完成された

 

  .<ブラジル人>
  ボールの重さもプレースピードの助けにはならなかった

 

.<アイルランド人>
中盤の選手のボールを持つ時間の長さがハンパない、ハハハ

 

.<サッカーファン>
この動画を見て2つの考えが湧いてきた
ペレは本当に素晴らしい選手だったということと、これは全く違うスポーツだということだ

 

.<サッカーファン>
ペレの素晴らしいプレーとスキル
今日と比べると彼らが如何にゆっくりと走り、動いているかに注目してみてくれ
サッカーはよりフィジカルになっている(つまりはより走る、より速く動くことなどが要求される)

 

.<ブラジル人>
彼は現代のサッカーでも止められない存在になるだろうね

 

  .<サッカーファン>
  それはわからない

 

  .<サッカーファン>
  こんなことを言うのは心苦しいが、そうはならないと思う
  現代のサッカーは技術的にずっと発展しているからね
  ほとんどのDFは容易に彼を止めることができるよ

 

    .<ブラジル人>
    草

 

.<アーセナルファン>
サッカーは戦術的にも、ピッチやボールの質的にも当時からは大きく進化している
基本的には別のスポーツだね

 

.<サッカーファン>
過去のハイライト動画を見ていると、スピードや技術、試合の様相がいかに違っていたかがよくわかって面白い
そしてペレがこうしたスキルを繰り出していたのを見ると、64年経った今でも、それがとてつもないプレーであったことに気づく
彼が神のように崇拝されるのも無理はない
RIP

 

  .<チリ人>
  まるでタイムトラベラーのようだな

 

.<サッカーファン>
あまりの偉大さに涙が出そうだ
史上最高の選手で、誰も彼に近づくことはできないよ

ブログランキング

海外反応アンテナ

-海外の反応, サッカー, 代表戦

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2023 All Rights Reserved.