サッカーなんかにまじになっちゃってどうするの。そんなことよりオイラの映画評論を見なさい!

名将が語る セリエA

C・ロナウドの韓国での欠場騒動は、日本の輸出管理強化が強く影響していた!?

更新日:

Pexels / Pixabay

韓国人2300人が集団訴訟を準備

FIFAをぶっ壊す(ニッコリ)!

ユベントスに所属するクリスティアーノ・ロナウドが、26日に韓国で行われたKリーグ選抜との親善試合に欠場したことが大きな波紋を広げている。

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、26日のKリーグ選抜戦でベンチに座ったまま出場せずに終わったなか、“ロナウド欠場騒動”は拡大の一途を辿っている。韓国テレビ局が契約書の一部を独占入手し、ロナウドと主催者側で45分間出場規定があったと報じた一方、韓国メディア「アジア経済」は「弁護士が主催者、ユベントス、ロナウドを詐欺の疑いで告発」と伝えている。

(Football ZONE web編集部)

C・ロナウドが欠場した理由を指揮官のサッリは「筋肉疲労」と発表したが、これを真に受けている純情な人間はおそらくいまい。実際にC・ロナウドは帰国後、自身のインスタグラムに「家に帰れてうれしい」との心境を綴り、ランニングマシンに乗りその健康ぶりをアピールしていた(現在は削除?)

無論、その一連の経緯に沸点の低い韓国人らが黙っているはずもなく、C・ロナウドのインスタを散々に荒らしまくった挙句、スタジアムに足を運んだファン2300人余りが主催者を相手に、詐欺罪での集団訴訟の準備に取り掛かったという。

軍事転用が可能な『SIXPAD』

被害者意識にかけては人類随一とも言われるその民族性への理解が乏しかったために、想像以上の粘着性に面食らっているかと思われるユベントスとC・ロナウドだが、それでも彼らからポーズであっても謝罪の言葉が聞かれないのは、今回の事態が不可抗力であったことを強く示唆している。

つまりこれは契約があったとはいえ、1クラブの判断ではC・ロナウドをピッチに送り出す権限がなかったことを意味しており、私はその理由が一体なんであるかを、マニア・オブ・ビューを駆使して探ってみることにした。すると私はある事実に突き当たることができた。

現在、日本は韓国に対して貿易管理が杜撰だとして、軍事転用が可能なフッ化水素など半導体製造に使用する3品目に対しての輸出手続きを厳格化しているが、裏ではその対象が他の品目にまで及んでいることは想像に難くない。そしてその中に、名古屋の企業「MTG」の看板商品である『SIXPAD(シックスパッド)』が含まれている可能性がある。

躍動する肉体から技術漏洩の危惧

シックスパッドとは日本の諸君らには言うまでもなく、貼り付けているだけで腹筋が割れるというトレーニング・オブ・ギアだ。その効率性は様々な訓練を要する軍隊における兵士の肉体強化には最適とも言え、それはすなわち軍事転用と捉えることができるのだ。そしてそのシックスパッドの共同開発者であり広告塔を務めているのが、そう……C・ロナウドだ。

C・ロナウドの肉体を研究対象としてシックスパッドは開発されたため、彼の躍動する姿からも何らかの技術漏洩の危惧があることから、日本の経済産業省よりクラブ側へ出場NGの通達が出されていたと考えられる。それを裏付けるように、C・ロナウドはその姿をあまりメディアに晒さぬよう、韓国滞在を12時間で切り上げて帰国の途に就いている。

どうだ? 全ての点と点が1本の線で繋がっただろう。目先の現象だけに囚われていてはフッボルのミステリーは決して解き明かすことはできない。国際情勢などフッボル以外の事象に目を向けてこそ、私のようなハイ・マニア・オブ・ビューラーになれるのだ。

ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-名将が語る, セリエA

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2019 All Rights Reserved.