海外の反応 MLB 大谷翔平

【海外の反応】ゲレーロJr.の「大谷翔平がMVPだと盗みになる」発言が物議を醸す

投稿日:

巷を賑わせているア・リーグのMVP争い。大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)とアーロン・ジャッジ(ニューヨーク・ヤンキース)の一騎打ちの様相を呈しているレースには、さまざまな意見が識者や記者、そしてファンから連日のように寄せられている。

あらゆる声が飛び交うなかで、あらためてジャッジを推したのは、ブラディミール・ゲレーロJr.(トロント・ブルージェイズ)だ。昨季に打撃三冠王に迫る猛烈な快進撃を見せた23歳はMVP候補に挙げられたが、最終的投票ではなんとゼロ票。満票で大谷にタイトルを奪われていた。

そうした過去もあってなのか――。ゲレーロJr.は、母国ドミニカのメディア『Z101 Digital』のエクトル・ゴメス記者の取材で、「もしも、オオタニがMVPに選ばれたら、それは凄いことだ」と前置きし、今年のMVP争いに持論を語った。
 
「ただ、オオタニが今年も選ばれるのなら、それはMVPがふたたびかすめ取られることを意味する。正直になところジャッジの数字はオオタニの遥か上を行っている。たしかにオオタニは素晴らしい選手だよ。本当に。でも、今年のMVPは個人的にはジャッジだ」

ア・リーグ東地区でしのぎを削り合うライバルを推したゲレーロJr.。彼が言う数字はたしかにジャッジが大谷を上回っている。今季にヤンキースの右打者では史上最多の57本塁打を放っている“怪物”は、昨今のMVPを選出する際の重要な指標となっているWARでも9.1を記録。大谷のそれ(8.1)を凌駕している。

はたして、ゲレーロJr.の言う通りに、“数字”で上を行くジャッジがMVPを手にするのか。興味深いレースの行方から目が離せない。

(THE DIGEST編集部)

翻訳元:https://bit.ly/3LljviE

 

海外の反応

.<MLBファン>
友よ、昨年の大谷は満票だったんだ
票が割れたわけじゃなかったんだよ

 

.<阪神ファン>
昨年のMVPレースで負けたことをまだ怒っている人がいるな

 

.<エンゼルスファン>
「再びかすめ取られる」w

 

  .<MLBファン>
  (昨年の自分のことではなく)2017年のことを指しているんだと思うよw
  少なくともそうであってほしい

2017年のMVPはジャッジを抑えてアルトゥーベが受賞したが、後にアストロズの不正が発覚

 

    .<ブルージェイズファン>
    彼は昨年のMVPは大谷が相応しいと言っていたからね
   ただ、自分に1位票が1つも入らなかったことについてはイライラしていたが

 

      .<カージナルスファン>
      つまり彼は大谷よりも明確にMVPに値しなかったというわけだ

 

.<MVPファン>
しかし大谷の投手のスタッツはジャッジよりも遥かに上だぞ

 

.<MLBファン>
大谷に負けたのが悔しいのか、それともアルトゥーベを口撃しているのか?

 

  .<ヤンキースファン>
  アルトゥーベの方だと思う

 

.<MLBファン>
僕がこれを読んだ最初の印象としては、(2017年の)アルトゥーベについて言ってると思ったよ
ただ彼は昨年について不満があるのかもしれないね
それでも文脈に筋が通るから

 

  .<ブルージェイズファン>
  彼は昨年のMVPは大谷が相応しいと認めているよ
  満票であったことに少しだけ不快感はあったが、それだけだ

 

.<MLBファン>
彼が2021年ではなく、17年のことについて言っていると思いたい

 

  .<オリオールズファン>
  彼は明らかにクリス・デービスがMVPを逃した2013年の話をしている

53本塁打、138打点でア・リーグ2冠。MVPはミゲール・カブレラ

 

.<ブルージェイズファン>
彼が実際に21年のことを言っているかどうかはわからないが、昨年は強盗と呼べるものではなかったし、ブラッドも翔平の勝利だとわかっていたと言っていたから、17年のことだと思うようにする

 

.<ヤンキースファン>
彼が2017年の話をしていると想定すれば、それに同意する
しかしそうじゃなければ:
・2021年のブラッド:6.8bWAR、6.3fWAR
・2021年の大谷:9.0bWAR、9.1fWAR
・2022年のジャッジ:9.1bWAR、9.7 fWAR(残り19試合)
・2022年の大谷:8.1bWAR、8.2fWAR(残り19試合)
2021年のMVPは大谷が絶対に相応しい
ブラッドは素晴らしい打棒を見せたシーズンだったけど、彼の他のプレーは大谷との大きな差を埋めるには不十分だった
正直、大谷がこうした投打の数字を残し続ける限り、毎年MVPを受賞してもおかしくはない
ジャッジのような凄まじく歴史的で圧倒的なシーズンを送っているような年は別として

 

  .<エンゼルスファン>
  話は逸れるが、大谷の今季のWARが昨季よりも低下する可能性があるのはおかしいよね
  彼は昨季よりもさらに良くなったというのが巷の総意だと思うから
  打撃は昨季ほどではないが、今季はリーグ全体として攻撃的な指標が低下傾向にある
  一方、投手としてはかなり良くなっている
  ジャッジと彼が別のリーグに在籍していればよかったと思うよ
  2人とも今季はたくさんの賞を受けるに値するから

 

    .<オリオールズファン>
    昨年とほぼ同じスタッツだと言ってもいいよ
    OPS+は9ポイント下げたが、ERA+は16ポイント上がっているから、ほぼ相殺できる
    しかし、彼の今年のFIPは遥かに優れていて、さらに投球回数を30回以上も上積みできるペースにある
    今年の盗塁の少なさがWARを鈍らせているのでは?

 

      .<エンゼルスファン>
      ああ、おそらくは盗塁数が影響していると思う
      彼は昨季、20盗塁を記録したが、今季は走者としての活動がかなり減少し(おそらくはケガの防止のため)、成功率も良くない

 

.<MLBファン>
ブラッドが2017年のことについて言っていると確信している
…そう望みたいw

 

.<ヤンキースファン>
彼の発言を読んで、2017年以外のことを指していると解釈する人がいるんなんておかしいわ

 

  .<レッドソックスファン>
  なぜなら、ブラッドだからだ
  彼はジャッジと同様に様々な攻撃的スタッツでリーグをリードした昨年のMVPの次点なんだ
  例え彼がそのつもりじゃないとしても、合理的な疑いが持たれるよ

 

  .<タイガースファン>
  ヤンキースのファンなら2017年のことは記憶に刻まれていると思うが、それ以外のファンは漠然とした論争を覚えているだけだ
  ブラッディが2017年のMVPを誰が受賞したかを知っているのかさえ怪しいよw

 

.<エンゼルスファン>
ジャッジにMVPを与えたい人がいるのは理解できるが、だからと言って大谷がそれに値しないという態度は愚かだよ
2人とも素晴らしいシーズンを送っていて、どちらもMVPに値する

 

  .<ヤンキースファン>
  >ジャッジにMVPを与えたい人がいる
  待て…彼はMVPの本命だぞ
  熱い議論を交わしているのは救いようがないネットの住民だけだ

 

.<パドレスファン>
彼は昨年のMVPで次点だったことを根に持っているようだ

 

.<MLBファン>
彼が大谷が投手であることを知るまで待ってみよう

 

.<MLBファン>
彼が昨年に自分が受賞すべきだったと思っているなんてあり得ないね

 

.<ドジャースファン>
アーロンは昨年のブラッドよりもOPS+が41ポイントも高いんだぞ
君らは同じ立ち位置じゃない

 

  .<ナショナルズファン>
  もうこのスレで50回以上も同じことを言っているが、彼は明らかに2017年のことを話しているんだよ

 

.<ヤンキースファン>
ブラッドはいいヤツだな
文字通り、このMVP争いは五分だ
僕は贔屓目があるからジャッジが相応しいと思っているが、大谷が受賞してもそれほど動揺はないと思う
彼はとんでもなくイカした男だから

 

.<オリオールズファン>
例え彼が2017年のことを言っているのだとしても、これは残念な言葉の引用だ
どちらの選手も素晴らしいし、どちらが受賞したとしてもMVPを盗んだと言うのは馬鹿げている
大谷はとんでもない選手なのに、人々は奇妙な理由で彼を貶め続けているように見えるよ
とは言え、僕も今年はジャッジに上げたいね

 

  .<ヤンキースファン>
  ああ
  しかし、2017年に関してはアルトゥーベは盗みを働いた

 

.<ブレーブスファン>
僕は大谷が投手でもあるという理由だけでMVPを受賞することに抵抗があったが、彼は間違いなく最も価値のある選手の定義そのものだ
彼はまさに平均以上のレベルで投球し、打席にも立つ
彼が最も価値のある選手でないわけがないよ

 

.<MLBファン>
明らかに2017年のことを言っているだろ

 

<関連記事>

【海外の反応】なぜMLBではチーム成績がMVPに考慮されないんだ?「大谷を見りゃわかるだろ」

スレ主 「NFLやNBAとは違い、なぜ野球ではチームの成績がMVPの行方に影響を与えないのか?」 大谷は素晴らしい選手で、一生に一 ...

続きを見る

ブログランキング

一般/海外の反応


海外反応アンテナ

-海外の反応, MLB, 大谷翔平

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2022 All Rights Reserved.