カタールW杯 プレミアリーグ 海外の反応 サッカー

【海外の反応】スペイン戦の冨安健洋のクローザーぶりをアーセナルサポが絶賛「右サイドを完全に沈黙させた」

投稿日:

[12.1 カタールW杯E組第3節 日本 2-1 スペイン]

日本代表は2-1で迎えた後半23分、スペインがFWアンス・ファティとDFジョルディ・アルバを左サイドに入れるのを待っていたかのようにDF冨安健洋(アーセナル)を右ウイングバックに投入した。この采配は見事に的中。盤石の対人守備でスペインの攻撃的なカードを封じ切り、そのまま逃げ切りに成功した。

圧巻だったのは後半30分の場面。スルーパスに反応したJ・アルバがスピードに乗った状態でサイドを駆け上がり、一度は抜け出したかのように思われたが、冨安は驚異的な読みと加速で身体を入れると、ボールはそのままゴールライン外へ。百戦錬磨の左SBが繰り出すオーバーラップに見事に対応してみせた。

もっとも、こうした世界レベルの相手とのマッチアップにも冨安は「プレミアでやってるんで。日常が出せたかなと」とサラリ。「もっともっとできると思う」と冷静に語っていた。

その後もバルセロナで攻撃の中心を担うファティ、J・アルバが何度もサイドをえぐってきたが、危なげない対応に終始。「滉くんが隣にいて、ある程度後ろを任せられる選手なので、信頼しているからこそ、サイドに入った時により近く行けた」とDF板倉滉への感謝も語った冨安だったが、板倉からも「隣にいて安心感があった。助かった」と称賛の声が上がった。

11月上旬に所属クラブの公式戦で負った右太もも裏の怪我により、W杯に向けた活動でも別メニューでのスタート。45分間プレーした初戦のドイツ戦(○2-1)後も全体練習に参加できない日々が続いた。それでもスペイン戦で復帰を果たし、「20分強くらい出られたので、いいコンディション調整になった」と冨安。史上初のベスト8に向け、頼れる男が帰ってきた。

(ゲキサカ)

翻訳元:https://bit.ly/3H42EB9

 

海外の反応

.<アーセナルファン>
Tomigoatsu(goat=史上最高)がグループリーグを突破!

 

.<アーセナルファン>
トミはW杯でスペインとドイツ相手に無失点 💪(※冨安の出場中)

 

.<アーセナルファン>
日本に取っては本当に喜ばしいことだね
彼らは2018年にも僕に感銘を与えたが、その時には不運な結果に終わってしまった
16強ではクロアチアと対戦するが、両チームとも好きだから、どちらかが敗退するのは少し悲しいね

 

.<アーセナルファン>
日本にはチートコードがあるんだよ
ハーフタイム後に試合を逆転させ、ドイツとスペインから勝利をもぎ取った
何なんだよ、これは?

 

  .<アーセナルファン>
  そのコード名は「トミの交代出場」と言う

 

  .<アーセナルファン>
  前半はあえてク●みたいなプレーをして相手チームに安堵感を与えるという

 

    .<サッカーファン>
    冗談のつもりだろうが、これはおよそ真実だ
    彼らはハーフタイムまではできるだけタイトな状況に持ち込み、その後、優れた攻撃的な選手を投入して疲弊した相手に畳みかけるんだ

 

      .<アーセナルファン>
      この5人の交代戦術を使うクラブはあまり多くないよね
      最高に足の速い選手をスタメン起用して相手を消耗させ、60~70分後に最高の5選手を投入し、勝利を目指す

 

  .<アーセナルファン>
  そのコードは「↑↑↓↓←→←→BA」だと確信している(※ファミコンの『グラディウス』)

 

  .<アーセナルファン>
  堂安律はPSVのレジェンド

 

.<アーセナルファン>
貧弱なメンタリティー:トミは100%完治していないにも拘わらず、試合に出て疲労を蓄積し、ケガをする可能性を抱えたままの状態で戻ってくる
リア充なアーセナルのメンタリティー:トミはスペインとドイツに大番狂わせをかました後、最高のモチベーションでクラブに戻り、シティとの対戦時に彼らを破壊するのに貢献してくれる

 

  .<アーセナルファン>
  日本代表を応援しているから心臓がかなりバクバクしていたけど、トミが交代で入ったのを見て、冗談抜きで少し安心したわw

 

    .<ドイツ人/アーセナルファン>
    トミがピッチに入る姿を見て、試合は終わったと感じたね
    あの時点でドイツの敗北を受け入れたよ

 

.<アーセナルファン>
トミは交代で入ってどのポジションに入ったの?

 

  .<アーセナルファン>
  RB

 

.<アーセナルファン>
なぜトミは先発じゃないんだ?

 

  .<アーセナルファン>
  まだ万全じゃないから

 

.<アーセナルファン>
アルバが交代で(スペインの)左サイドに入った直後に彼が登場したのを見た瞬間、スペインは専ら右サイドから攻めた方がいいかもと思ったし、実際にそうなったw

 

.<アーセナルファン>
トミの投入後はスペインの攻撃のほとんどは右サイドからだったな

 

.<アーセナルファン>
文字通り、彼に近づくものはみんなポケットに入れられるんだ(※ポケットに入れる=相手を封じ込める)

 

  .<アーセナルファン>
  守備の要であり、誰も彼を抜き去ることはできない

 

.<アーセナルファン>
ジョルディ・アルバのプレーはこの写真に完璧に要約されている
常に泣きそうになっていた

 

.<アーセナルファン>
監督が試合を終わらせるために16番のDFを投入する時…これはトミに取ってはあまりにも慣れ親しんだ場面だ

 

.<アーセナルファン>
ドイツとスペインを破った彼らは今や僕の今大会のダークホースだ
信じられないようなパフォーマンスだった

 

  .<アーセナルファン>
  彼らは本当にエネルギッシュで俊敏で、同様にしぶとさもあるチームだ
  クロアチアも倒すことができると思うよ

 

.<アーセナルファン>
コスタリカがリードしていたあの3分間は美しかったな

 

  .<アーセナルファン>
  俺はただ「審判、今すぐ笛を吹け!」と叫び続けたよ
  もしアンソニー・テイラーが主審だったら実際にそうなっていたかもな

 

    .<アーセナルファン>
    もしくはアフリカネイションズカップの審判なら

 

  .<アーセナルファン>
  日本とコスタリカが勝てば俺は988ドルを手にするところだったのに
  俺に取っては栄光の数分間だったよ

 

.<アーセナルファン>
話は逸れるが、日本のユニフォームはカッコいいな
冨安の16番を購入しようかな

 

  .<アーセナルファン>
  アディダスはサッカーのユニフォームでは最高だ
  ナイキとプーマのキットはほとんどがひどい代物だが

 

  .<アーセナルファン>
  俺も欲しいんだが、模造品でない物をどこで買えばいいんだろう

 

.<アーセナルファン>
おい、この日本のユニフォームはめちゃくちゃ美しいじゃないか

 

.<サッカーファン>
日本はマジでスペインとドイツには勝ったが、コスタリカにはやらかした
これぞW杯の狂乱

 

  .<サッカーファン>
  日本は貧者にポイントを与え、富める者からポイントを盗む

 

.<アーセナルファン>
ベルギーとドイツが同じ日に脱落😆

 

  .<アーセナルファン>
  モロッコがベルギーとクロアチアと同居しながらグループ首位に立つと予想した人は何人いただろうか?

 

    .<アーセナルファン>
    デ・ブライネくらいかな
    彼はベルギーが勝ち進むとは思っていなかった

モロッコ戦の後、デ・ブライネはインタビューで「チームは高齢化しているから、今大会は多くは望めない」と発言

 

    .<アーセナルファン>
    エトーは間違いなく予想していた😂

エトーの決勝カードの予想はカメルーンvsモロッコ

 

.<アーセナルファン>
日本の戦術は日本人ファンに取ってもかなりフラストレーションが溜まるもので、弱いメンバーを先発に据えて後半まで耐え忍び、そこから強い選手を投入する
心が折れそうになるね

 

  .<アーセナルファン>
  しかしそれは明らかに機能している
  劣勢のチームが行う5人交代策のマスタークラスを提供しているよ

 

.<アーセナルファン>
うちの選手たちは皆、大会を勝ち進んでいるな
(リーグ再開後の初戦の)ウェストハム戦はタフな戦いになりそうだ

 

  .<アーセナルファン>
  うちのバックラインの選手のほとんどは実際にはあまりプレーしていないから休養が取れているよ
  サリバはわずかな出場で、ホワイトは帰国(※私的な理由)、ガブリエウもジンチェンコも出場していない
  サカは少し休み、ジェズスとマルティネッリは明日まで休養だ
  ジャカは疲れ知らずだし、唯一の心配はパーティだけだね

 

.<アーセナルファン>
大舞台で本物のバルサアカデミー出身者のプレーをラ・マシアに見せつける!
彼と日本代表に取って嬉しいことだね

 

.<アーセナルファン>
日本史上、最高の選手!

 

  .<アーセナルファン>
  肉薄しているが、まだ中村や中田らには劣るかな

 

    .<アーセナルファン>
    誰もドルトムント時代の香川には勝てないよ
    いつかトミが追い越すとは思うけど

ブログランキング

海外反応アンテナ

-カタールW杯, プレミアリーグ, 海外の反応, サッカー

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2023 All Rights Reserved.