プレミアリーグ 海外の反応

【海外の反応】パク・チソンが“犬肉チャント”を止めるよう古巣マンUファンに要請「明らかな人種差別」

投稿日:

マンチェスター・ユナイテッドや韓国代表で大活躍し、Jリーグの京都でもプレーしたことがある朴智星氏(パク・チソン、40)が、かつてマンUサポーターが自分のために歌っていたチャント(応援歌)をやめるように求めた。

朴氏は05~12年にマンチェスターUに所属。中盤のダイナモとして4度のプレミアリーグ制覇、欧州チャンピオンズリーグ(CL)優勝などに貢献した。

マンUサポーターは当時朴氏に対し「君がどこにいようとも君の国では犬の肉を食べるだろうが、ネズミを食うリバプールのやつらよりはマシだ」という意味のチャントを歌っていた。

このチャントには「韓国人は犬を食べる」という現代ではなくなりつつある習慣についての歌詞が含まれているのに加え、リバプールの人々に対する侮辱の言葉も入っている。そのため2日のマンチェスターU-エバートン戦でも、マンUサポーターがリバプールを本拠地とするエバートンの選手たちに向けて、このチャントを歌っていたという。

マンチェスターU公式ポッドキャストに出演した朴氏は「チャントの中の特定の言葉は韓国人にとってはとても不愉快なものだ。このような歌を聞いた若い選手たちにも本当に申し訳なく思う。韓国では多くのことが変化している。歴史的に犬肉を食べていたのは事実だが、昨今は、特に若い世代はその文化を本当に嫌っている」と説明。

朴氏は「ファンのみなさんは、その言葉を本当に歌わないでほしい。韓国人はそれを聞くと嫌な気持ちになるし、やめる時だと思う」とサポーターに呼びかけた。

朴氏によると、同チャントは8月29日のウルバーハンプトン-マンチェスターU戦で、ウルバーハンプトンがFW黄喜燦(ファン・ヒチャン)と契約したことを発表した際にも歌われており、朴氏は「あの歌を聞いた彼に本当に申し訳ない気持ちだ。マンUファンは彼を攻撃するつもりはないのかもしれないけれど、あの言葉をやめるように教えていかないといけないと思う。現代では韓国人に向けた人種差別の言葉になるから」と残念がっていた。

(日刊スポーツ)

翻訳元:https://bit.ly/3l8aFcG

<外部サイトの新着記事>

 

海外の反応

1.<アトレティコファン>
どんなチャントなの?

 

2.<アーセナルファン>
>>1
「パーク、パーク、どこにいようと君の国では犬を食べる。ひどい話だが、公営住宅でネズミを食う連中(※リヴァプールファン)よりもマシだぜ」

(※)公営住宅は低所得者層に提供されており、労働者の町であるリヴァプールを揶揄したもの

 

3.<サッカーファン>
>>2
彼がプレーしていた時代も差別的なチャントだったが、今だとルカクのチャントよりもひどく聞こえるな
少なくとも国ごとのステレオタイプはポジティブな表現であったはずが、これは明らかに自分たちの選手を貶めているものだね

 

4.<トッテナムファン>
>>3
ルカクのチャントってどんなの?

 

5.<サッカーファン>
>>4
「ロメルーールカクーー。彼は24インチ(60㎝)のチ〇コを持つベルギーの英雄で、うちの全てのゴールを決めるーー」

 

6.<サッカーファン>
>>5
なるほど、巨根についてか

 

7.<サッカーファン>
しかしフランス人がカタツムリを食うことをバカにするヤツがいるが、これと何が違うんだ?
マジで不思議だわ

 

8.<ASナンシーファン>
>>7
フランスの文化は白人の文化だから

 

9.<ユナイテッドファン>
今の基準だとこのチャントはかなり差別的だと言わざるを得ないな

 

10.<サッカーファン>
>>9
当時においても差別的だって
人々がそんなことを気にしていなかっただけで

 

11.<サッカーファン>
>>10
ああ
最近になって急に差別的だと目覚めることはないだろう

 

12.<ボーンマスファン>
>>10
人々はネズミを食うリヴァプールファンよりもパクを愛しているからとそれを正当化していたが、だからと言って韓国人に取ってそのチャントが不快なものでなくなるわけがない

 

13.<イギリス領ヴァージン諸島人>
>>9
こんなのもある:
「パク・チソン、彼はシュートし、得点を決め、ラブラドールを食う」

 

14.<サッカーファン>
>>13
これは自チームのファンからのチャント?
それとも他チームから?

 

15.<サッカーファン>
>>14
自チームのファンから

<中間のおすすめ記事(外部)>

 

16.<ユナイテッドファン>
>>9
このチャントがどうしてアジア人選手のモチベーションを上げると考えたのか理解できない

 

17.<ユナイテッドファン>
>>16
公平に見て、チャントを作るサッカーファンは、a)歌詞の才能がある、b)冷静である、c)文化的、言語的に敏感である、のいずれも備えていないことが多い

 

18.<アイルランド人>
イングランドでは韓国人に対するカジュアルな人種差別が蔓延していて、2015年にスパーズがソンと契約した際には、クラブは最悪の事態を恐れて早くから先手を打っていた
トッテナムのSNSではソンの入団発表と同時に「Here comes the Son」というチャントを定着させようとしていたんだ
これは10年前にトッテナムでプレーしたイ・ヨンピョの経験に基づくものだった
客席でのイ・ヨンピョのチャントは「彼はシュートする、得点する、ラブラドールを食べる、YP・リー、YP・リー」だった
これはユナイテッドだけの問題じゃないよ

 

19.<ユナイテッドファン>
パクのおかげで2005年からユナイテッドのファンになったけど、なぜ彼があんなにもクソみたいなチャントを持っているのかいつも不思議に思っていた
彼はクラブのために限界まで走り続けていた
正直ファーガソンが去って以来、これほど献身的なMFは見たことがないよ
ファンが彼の意思を尊重してくれることを願っている

 

20.<サッカーファン>
本当にひどいチャントだわ
改善されることを望むよ

 

21.<サッカーファン>
>>20
さらにひどいのは、彼らがチャントをしている時に近くのアジア人に指差していたことだ
パクを見るためにオールド・トラフォードを訪れた多くの韓国人がこうした経験をしている

 

22.<サッカーファン>
そもそもとして奇妙なチャントだね
このチャントを中止にして怒り出すのは差別主義者だけだよ

 

23.<ユナイテッドファン>
>>22
ああ、いくつかのコメントは恥ずべきものだ

 

24.<バルサファン>
なぜいつもユナイテッドのファンはこうなんだ?
彼はチームでは大きな存在だっただろ

 

25.<サッカーファン>
て言うか、なぜこのチャントが未だに歌われているんだ

 

26.<イプスウィッチファン>
>>25
ウルブス戦でファン(ヒチャン)が投入された時に、アウェーのユナイテッドファンが歌っていた

(※)しかし管理人が調べたところでは、両チームが対戦したプレミア第3節の8月29日はファンの移籍が発表されたその日で、ベンチ入りもしてない。おそらくはその入団発表に対するチャントだった可能性が。間違っているかもしれません

 

27.<アーセナルファン>
チャント自体の質も悪いし、選手を称えているわけでもない

 

28.<サッカーファン>
自分のチームのレジェンドに対してこのようなチャントを歌うことを想像してみてくれ
一隊、どれだけ卑劣になれるんだよ

 

29.<サッカーファン>
ユナイテッドのファンが人種差別的なチャントを止めるような求められたのは、この数年で2回目じゃないか?
ルカクも自分に対するチャントを止めるよう、ファンらに頼まなければならなかった

 

30.<サッカーファン>
英国人は自分たちが東欧でプレーする時には人種差別に敏感になるのに、ほとんどの人間がこのチャントを問題視していないのはおかしなことだね

 

31.<サッカーファン>
彼らはこの要請を無視するんじゃないか?

 

32.<サッカーファン>
>>31
明らかにそんな気がするわ

 

33.<ユナイテッドファン>
>>31
ルカクのチャントは彼に頼まれて歌うのを止めたし、パクのチャントも彼がお願いしているんだから、歌うのを止めようよ
他にもリヴァプール人を非難するチャントもたくさんあるしね

 

34.<リヴァプールファン>
冗談でもなく、韓国人である僕が2000年代にリヴァプールファンになった理由の一つがこのチャントだった
これがうちのレジェンドに対してファンが歌うものなのか?

 

35.<リヴァプールファン>
あれは元々リヴァプールを侮辱することをメインに作られたチャントで、パクのパートは付属的なもの、ただの怠けたステレオタイプだった
パク=韓国人=犬の肉、のような

 

36.<アルゼンチン人>
これは時代の違いなんかじゃなくて、当時としても明らかにアウトだろw

 

37.<サッカーファン>
このチャントはパクを怒りで焚きつけるものだったのか?

 

<関連記事>

【海外の反応】人種差別被害の古橋亨梧が沈黙を破り、SNSでファンにメッセージ「決して君は1人じゃない!」

セルティックのFW古橋亨梧が23日に自身のツイッター(@Kyogo_Furuhashi)を更新し、ファン・サポーターに向けてメッセ ...

続きを見る

海外反応アンテナ

-プレミアリーグ, 海外の反応

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.