海外の反応 井上尚弥 ボクシング

【海外の反応】井上尚弥が4団体統一の意向を改めて明言「生で見たいから英国に来てくれ」

投稿日:

ボクシングのWBA&WBC&IBF統一世界バンタム級王者・井上尚弥(29=大橋)が27日、東京・丸の内の日本外国特派員協会で会見を開いた。日本人初の3団体王座統一と米リング誌のパウンド・フォー・パウンド(PFP、全階級を通じての最強ランキング)1位選出を受けて招待されたもの。年内に4団体王座統一に成功すれば、次々戦でスーパーバンタム級王座に挑戦したい意向を示した。

国内外の著名人を招く特派員協会の会見で井上は約1時間、質疑に応じた。軽量級では異例のPFP1位を「お客さんを満足させたいと戦い、その倒すボクシングが評価されたのでは」と自ら分析。「1位にふさわしい試合をしていかないと」と4団体王座統一&スーパーバンタム級挑戦を改めて明言した。

従来はバンタム級が適正階級としていたが、「プロ23戦でベストバウト」というノニト・ドネア(フィリピン)戦の2回TKO勝ちでさらに自信を深めた様子で「今の状態ならスーパーバンタム級が自分の中でベストの階級になるのではと思っている」とし、1階級上が理想との考えを明かした。スーパーバンタム級はWBA&IBF王者ムロジョン・アフマダリエフ(ウズベキスタン)、WBC&WBO王者スティーブン・フルトン(米国)と統一王者が2人おり、対戦希望を聞かれると「4団体王者同士が戦うのが理想」と両者による統一戦の勝者との対戦構想を口にした。

ビッグマッチ実現にはWBO王者ポール・バトラー(英国)を破ってのバンタム級4団体統一が前提となる。対戦は「交渉中で、流れ的には良いと聞いている」と明かし、「実現するなら日本でも米国でも英国でも、どこでもいい」と言い切った。

(スポニチアネックス)

翻訳元:https://bit.ly/3Oq1DUE

 

海外の反応

.<スレ主>
「井上尚弥がバンタム級の4団体統一に向け、ポール・バトラーとの対戦を希望」

 

.<エンゼルスファン>
ああ、一方的に勝てるも同然だもん

 

.<ボクシングファン>
ポール・バトラーは自身の運命の日まで数えていた方がいいな

 

  .<ボクシングファン>
  それとお金の数もね
  彼のキャリアにおいて最大のファイトマネーになることだろう
  もし彼が賢明なら、引退後にボクシングジムを開くと思うよ

 

.<ボクシングファン>
>「実現するなら日本でも米国でも英国でも、どこでもいい」
レガシーを築くために戦おうとするなら、王者たちはこのような姿勢を取るべきだし、それは口先だけで済ますものじゃない

 

  .<ボクシングファン>
  チェルノブイリのど真ん中でも…

 

    .<ボクシングファン>
    放射線が井上のパワーを増強させるというシナリオだ
    122ポンド(Sバンタム)で戦う井上は、全盛期のジョージ・フォアマン並みのパワーを持ちながら、そのスピードを維持する

 

  .<ボクシングファン>
  どこであろうが戦いを求めるボクサーが少なすぎる
  ツイッターの歌姫が多すぎるんだよ

 

  .<ボクシングファン>
  彼を生で見てみたいからぜひ英国に来てほしいね

 

.<ボクシングファン>
頼む、欧州で試合をしてくれ

 

.<ボクシングファン>
WBOはバトラーvs井上についてもっともらしいことを言っているが、俺は正式に契約が交わされた時にそれを信じるとするよ
バトラーvsカシメロを先に開催して、統一戦を遅らせるんじゃないかという恐ろしい予感がするんだ
ボクシングの認定団体がいかに陰険な連中かは周知の通りだ
バトラーvs井上より、井上vsカシメロの方がより金になるからね

 

  .<ボクシングファン>
  よく言われるように、「統一戦は指名試合に勝る」だ
  どちらかと言えば、井上がベルトを吸収した後にWBOは彼にカシメロ戦を命じるべきだろう
  そうすれば万人が納得する

 

    .<ボクシングファン>
    もう誰もカシメロ戦なんて興味がないって
    井上に4団体を統一させて、それからフルトン戦に向かわせればいい

 

      .<ボクシングファン>
      そのことに異議はないけど、統一王者としての最初の防衛戦の相手にカシメロを迎えた方がより良いと思う
      カシメロはしっかりと体重を落とせることを証明する必要があるから、ゲイリー・アントニオ・ラッセルvsカシメロを井上への挑戦者決定戦にすれば、素晴らしい戦いになると思うよ

 

  .<ボクシングファン>
  いや、バトラーvsカシメロはないだろう
  カシメロはもはやWBOの1位でもない
  今はジェイソン・モロニーだw(※カシメロは2位)
  だから、あったとしてもバトラーvsモロニーだし、僕はモロニーが勝つと信じているから、モロニーvs井上2が見られるかもしれない
  カシメロvsモロニーという話もあるけど(カシメロはモロニーを避けたことがあるから、またそうなるかもw)
  もしその試合が実現するなら、自然バトラーは井上と戦うことになるだろう

 

.<ボクシングファン>
来るべきフルトン戦に向けて

 

.<ボクシングファン>
>2ラウンド半ばにパンチを集中させてドネアのWBCベルトを奪った直後、井上はこう言った。「バトラーの試合は見たことがない」(引用元『The Guardian』)
おう…
>パウンド・フォー・パウンドについて「ドネア戦での勝ち方次第で、1位になれるかと思っていたが、これ以上ない結果で終わることができた」
その通りだ
もし彼が無難に3‐0の判定勝ちを収めていたら、そうはならなかっただろう
勝ち方も重要な要素なんだ
例えばカネロの偉大な勝利の数々が、ウシクがAJ(ジョシュア)を圧倒したのと同じだけのレガシーを持っていないのはそのためだ

 

  .<ボクシングファン>
  それが井上のP4P1位たる所以のような気がする
  バンタム級には華やかさはないはずなのに(KOがあまり出ないのに)、電撃的に相手をKOに仕留めるところが評価されているんだと思う

 

.<ボクシングファン>
これだから4団体の統一王者は過大評価されるんだ
僕は井上の大ファンだけど、この試合は完全に時間の無駄だよ
バトラーは屠●を待つ子羊だ
何のワクワク感もない
井上が両拳を骨折しても、ウィルスからの回復直後でも、そして単にやる気がなくても、ただバトラー圧倒するだけだ
この選手はエマヌエル・ロドリゲス戦で体重超過したにも拘わらず、完封されて負けた選手だよ
カシメロだけがバンタムに留まってまで戦うに値する唯一の選手だ
そうでなければ、アフマダリエフとフルトンと戦うために階級を上げるべきだね

 

  .<ボクシングファン>
  井上はバトラーを倒してWBOのベルトを手に入れる必要がある
  そうすれば彼はWBOのスーパー王者の認定を受けて、SバンタムのWBO王者であるフルトンへの指名挑戦権を得られるんだ

 

    .<ボクシングファン>
    MJ(アフマダリエフ)がフルトンと4団体の統一戦を行う可能性は?
    もし実現するのであれば、井上はその勝者と戦うことになると思う

 

.<ボクシングファン>
井上はすでに統一王者の地位に就いている
誰もWBOのベルトを巻いただけの選手がこの階級で最強だなんて思っていないよ

 

  .<ボクシングファン>
  それが正当性と呼ばれるものだ
  全てのベルトを集めた時にだけ、統一王者を名乗ることができるんだ

 

.<ボクシングファン>
バトラーは最近スタイルを変え、アグレッシブなファイターから純粋なスリックボクサー(※距離を取ってのカウンター狙い)に転身した
バトラーは井上がこれまで経験したことがないような問題を与えると思うよ

 

  .<ボクシングファン>
  井上の対戦相手はみんな同じことを言われていたが、全員が吹き飛ばされたから

 

.<ボクシングファン(おそらくカシメロ信者)>
まだカシメロがベルトを持っていたら、彼は統一なんて考えもしなかっただろう

 

.<ボクシングファン>
バトラーはこの小柄な日本人を煙に巻くだろう
もし俺の体重がもっと軽ければ、この過大評価野郎を倒していたよ

 

.<ボクシングファン>
これは無意味な統一戦だね
それよりも井上はSバンタムに上げて、フルトンと戦う前に1つか2つ調整試合を挟むべきだ

 

  .<ボクシングファン>
  彼にとって重要なのは、日本人史上初の4団体統一王者になることなんだ

 

  .<ボクシングファン>
  君の筋書きには確かに興奮するが、この4団体時代に統一王者はたったの8人しか生まれてないから、井上が日本人初の快挙を成し遂げれば、彼は本当に誇りに感じると思う

 

.<ボクシングファン>
RIP、ポール・バトラー
誰からも惜しまれないだろうがw

 

.<ボクシングファン>
ポール・バトラーは将来『ジェパディ!』(米国のクイズ番組)に出題されそうだな
「井上が日本人初のボクシング4団体統一王者になった時にボコられた相手選手の名前は?」

 

<関連記事>

【海外の反応】WBC会長も井上尚弥の4団体統一を後押し「バトラーよりカシメロが見たかった…」

はやくも“モンスター”の次戦に期待が高まっている。 現在、ボクシングWBAスーパー&IBF&WBC世界バンタム級統一王者に君臨する ...

続きを見る

ブログランキング

一般/海外の反応


海外反応アンテナ

-海外の反応, 井上尚弥, ボクシング

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2022 All Rights Reserved.