プレミアリーグ 海外の反応

【海外の反応】モウリーニョさん、欧州SLで唯一監督を解任された歴史的人物になる「まさにスペシャル・ワンだ」

投稿日:

ジョゼ・モウリーニョ監督は現地時間19日、トッテナムを電撃解任された。志半ばでロンドンを去ることになったが、解任直後にテレビ局の直撃を受けることに。英メディアは「トッテナム解任後、モウリーニョの爆笑ものの反応」と綴り、モウリーニョ監督の“現場実況”に注目している。

2019年11月にトッテナムに就任したモウリーニョ監督は、1シーズン目を6位で終えた。勝負の2シーズン目となった今季、一時は首位に立つ幸先の良いスタートを切ったものの、徐々に調子を落とし、リーグ戦でも32試合消化時点で7位(14勝8分10敗)にとどまっている。UEFAヨーロッパリーグ(EL)でも大逆転負けでベスト16敗退を強いられた。

これまでの指導者キャリアで、2シーズン目を最も得意とするモウリーニョ監督にとっては、志半ばで無念の解任となったが、英メディア「スポーツ・バイブル」は「トッテナム解任後、モウリーニョの爆笑ものの反応」と見出しを打ち、解任された直後、英衛星放送「スカイ・スポーツ」の直撃に遭ったモウリーニョ監督のユニークな反応に注目している。

モウリーニョ監督の公式インスタグラムによる最新の投稿を取り上げており、自身の事務所から荷物を運び込んでいる最中に記者やカメラマンに囲い込まれた様子を動画で公開。動画内でモウリーニョ監督は「私にプライバシーは皆無。友人のゲイリー(「スカイ・スポーツ」の記者)でさえ、私を妨害してくる始末さ。まぁ、これが私の人生なのさ」とボヤいていた。

記事では「解任発表直後のモウリーニョは、ユーモアのセンス、あるいは大衆ウケは失っていないことを証明した。スカイ・スポーツ、英メディア、カメラマンが“スペシャル・ワン”の周りに群がったが、それを過敏に気にしているという様子ではなかった。陽気なユーモアはマスコミの注目を集めた。まるで、自分に脚光が当たるのを楽しんでいるかのようだ」と説明。近年は指揮官として思うような結果を残せていないが、パフォーマーとしてはまだまだ健在のようだ。

(Football ZONE web編集部)

そんなモウリーニョは…

「ジョゼ・モウリーニョはスーパーリーグの監督の中でただ一人、解任の憂き目に遭った人物になりそうだ。これぞザ・スペシャル・ワン」

 

―海外の反応―

 

◼︎ お前らのやっていることは死体蹴りだ…ただ、誰も止めろとは言ってないぞ

 

◼︎ ザ・オンリー・ワン

 

◼︎ <リヴァプールファン>

 ビッグ・サム(アラダイス):イングランド代表で1試合のみ指揮を執っただけで無敗のまま解任

 モウリーニョ:欧州スーパーリーグ(ESL)でトッテナムを率いて1試合も消化せずに無敗のまま解任

 

  ▪︎ 実際、モウリーニョの解任には疑問が残るね。今週末にカラバオ・カップの決勝が控えているから、そこまで彼を残す方が理に適っていたと思う。トッテナムは自分たちの足を引っ張っているようなもんだよ

 

◼︎ リーグが存続していた間、無敗を誇っていた自チームの監督がクビになった時のことを想像してみてくれ

 

  ▪︎ <ユナイテッドファン>無敗のまま解任された唯一の監督

 

    ▪︎ <リヴァプールファン>ビッグ・サムを思い出せ

 

  ▪︎ 自分のチームをESLに出場させた12人の監督のうちの一人だぞ

 

◼︎ スパーズはクソまみれの金が入ってくると思っていたんだろう

 

  ▪︎ 結局、入って来たのはクソだけだったという

 

    ▪︎ <スパーズファン>スパーズファンに取ってはいつものことだよ

 

◼︎ つまりモウリーニョが数百万ポンドの退職金を得た一方、レヴィ(スパーズ会長)はESLから支給されると想定していた金を受け取れないわけか。モウリーニョの見事な策略。レヴィ、お前はもう終わりだ

 

  ▪︎ <スパーズファン>UEFAの無能さが、その差額を埋めてくれるだろう

 

  ▪︎ レヴィはモウリーニョにカップ戦を制覇してほしくなかったんだ。理由はシンプルだよ。もしモウリーニョがスパーズでタイトルを獲得すれば、彼に大きな権力が付与される上、ファンに取っても特別な存在になるからだ。また取締役会においても(先週の)金曜日には既に決議がされていたため、彼を解任するタイミングは今しかなかった。また昨日はESLで世間が大騒ぎになっていたから、あまり人の目を引くこともなかったしね

 

◼︎ <コヴェントリー・シティファン>ザ・スーパー・ワン

 

  ▪︎ ザ・スーパー・スペシャル・ワン

 

◼︎ <チェルシーファン>モウリーニョにできないことなんてないよ

 

  ▪︎ <ヴァスコ・ダ・ガマファン>スパーズにタイトルをもたらそうとしたが、それは明らかに無理ゲーだった

 

    ▪︎ <ポルトファン>スパーズがカップを獲得すれば、それは彼の手柄になると思う

 

◼︎ <バルサファン>彼を解任するなんてスパーズは何て愚かな決定をしたんだ

 

  ▪︎ <スパーズファン>カップ戦の決勝直前にクビにするなんて狂った決断だよ。なぜカップ戦が終わるまで待てなかったのか、全く理解できないね

 

◼︎ <ユナイテッドファン>モウリーニョのサッカーは好きじゃないけど、決勝戦に限れば14戦12勝と強さを発揮する。対ペップにしてもクロップやオーレといった監督と並んで最高クラスの成績を残している。彼は夏までに去っていただろうが、このタイミングでの解任は奇妙で、トロフィーを獲得するチャンスを放棄しているに等しい。決勝の6日前に大一番に強い監督を解任するために、夏の市場予算をすべて使い果たすことを想像してみてほしい。しかもそれは誰のために? ライアン・メイソンだってよ

 

  ▪︎ <PSGファン>おそらくモウリーニョがカップを獲ればボーナスが出る契約で、ボーナスを出した後に解任すればさらに経費がかさむから、非道なレヴィは節約のためにそれを回避したかったのさ

 

    ▪︎ たぶんこれが理由だろう

 

◼︎ もし解任理由の一つがESLに絡んだものだとしたら、それはそれで愉快だな

 

  ▪︎ そうだな。彼はESLが始まってから1勝もできなかったからな…

 

    ▪︎ 同時に負けもしなかった。本当にスペシャルだよ

 

◼︎ スパーズはジョゼでさえトロフィーを獲得できなほど悲惨な状況にあるようだ

 

◼︎ スパーズはこの荒波の中での最大な敗者だ。典型的な負け組

 

◼︎ モウリーニョは自己を犠牲にしてESLを破壊しやがった。なんてヒーローなんだ

 

◼︎ ザ・サクリフィシャル(生贄)・ワン

 

◼︎ <スパーズファン>確かにこの話題で飛び交う言葉は面白いものばかりだが、少し度が過ぎているようにも見える。彼には自由な時間を楽しんでほしいね

 

◼︎ <ベンフィカファン>またESLで唯一、大金を稼いだ人物でもある

 

<関連記事>

【海外の反応】欧州スーパーリーグ創設が正式発表されるも世界中から猛反発「選手、監督、ファンはボイコットすべき!」

18日、欧州の有力クラブが参加する欧州スーパーリーグの構想が正式発表された。発足は2021年8月を予定しており、リーグの開幕時期は ...

続きを見る

【海外の反応】プレミア勢の離脱で欧州SLは早くも瓦解「ペレスの乱は48時間で終了」

サッカー界を揺るがしている欧州スーパーリーグ(ESL)が早くも崩壊の危機に直面した。18日にレアル・マドリード(スペイン)など欧州 ...

続きを見る

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-プレミアリーグ, 海外の反応

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.