プレミアリーグ 名将が語る

南野拓実の熱愛報道に見るクロップの凄まじすぎる選手への気遣い

投稿日:

指揮官が改めて「スーパースタート」と賛辞

23日に行われたウルヴァーハンプトン・オブ・ワンダラーズ戦から一夜明け、クラブの練習場で会見を開いたクロップは、その試合でリーグデビューを飾った南野拓実について「スーパースタートだ。彼はまさに我々が求め、期待した通りの選手だ」と、改めて賛辞の言葉を送った。

ただこれはモチベーターであるクロップの人心掌握術の一つで、南野がその言葉を真に受けて胡坐をかいてもらっては困るのだが、ハングリーな彼がそんな気の抜けた醜態を見せることはやもあるまい。

それにしてもクロップとは如何に選手を外部の刃から守ろうとするのか、私はこの度の南野の熱愛報道によってまざまざと見せつけられてしまった。

南野が真剣交際している相手は、女優の柳ゆり菜(25)。2014年のNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」に、半裸で赤ワインを持ったポスターのモデル役で出演し話題を呼んだ。

交際期間は約8カ月。ゆり菜の姉でタレントの柳いろは(29)と歌手の板床悠太郎(27)夫妻が2人の仲を取り持ったという。

(スポニチアネックス)

チーム内での序列にまだ変更はない?

このスクープの発表があったのはオブ・ワンダラーズ戦直後の24日だ。仮にこの時点で南野がリーグデビューを果たしていなかったとすれば、世間やメディアは「まだろくに試合に出ていないにも拘らず、女にうつつをぬかすとは」などとヘイト紛いに騒ぎ立てていたはずだ。

そうなれば必然、移籍直後でまだ新天地での生活に気が張っている南野の耳目にも入り、それによって心身のコンディションを崩す危険性だってある。仮にそんな事態ともなれば個人としてのみならず、国内外のコンペティションが佳境を迎える中ではチームにとっても大きな痛手となる。

そこで英国のMI6などから事前に熱愛スクープをキャッチしていたと見られるクロップは、オブ・ワンダラーズ戦でマネの故障が発生した局面で、オリギという周囲の予想を覆して南野を交代カードに使い、リーグデビューを果たさせたのだ。

つまりこの交代は単純にチーム内での序列が変更したと言うよりは、社会の集団リンチから南野を守る防衛策という側面が強かったのだ。

乾の上司がクロップであったならば…

そうしたクロップの優しさ溢れる目論見は見事に成功し、チームが勝利しただけではなく、熱愛発覚後も南野を揶揄するような世間の論調は現れず、むしろヤフ・オブ・コメを開けば祝福の声ばかりで埋め尽くされている。

このように選手の庇護とチームの勝利を両立させたクロップマジックには、名将との噂が噂を呼んでいる私でさえも脱帽せざるを得ない。もしも“縦読みの日本代表”乾貴士の上司がクロップであったならば、ここまでの炎上には至らなかったと思うのは私だけだろうか。

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-プレミアリーグ, 名将が語る

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2020 All Rights Reserved.