カタールW杯 海外の反応 サッカー

【海外の反応】吉田麻也の涙を堪えた英語インタビューに海外ファンも沈痛「自分たちを誇りに思ってくれ」

投稿日:

サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で日本がクロアチアと対戦。1-1で延長戦でも決着がつかず、PK戦の末1-3で敗れた。試合後、主将の吉田麻也は現地放送局のインタビューに対応。涙をこらえる様子に海外識者は「これを見るのは悲しすぎる!」と心痛の様子だった。

言葉を絞り出した。吉田は今大会、初戦のドイツ戦からこの日のクロアチア戦まで4試合全てでフル出場。PK戦では4人目を務めて失敗したが、最後まで仲間を労い、チームを一つにまとめあげた。試合後、カタールのスポーツ専門局「beINスポーツ」の英語インタビューに登場。心境を聞かれると、「フゥー」と涙をこらえるように一息入れ、このように英語で答えた。

「出来ることはすべてやった。素晴らしいチーム。大会を通じて偉大な精神力を見せた。ドイツとスペインに勝ち、前回大会準優勝国相手にPK戦まで行った。このチームとチームメイトを誇りに思う」

吉田はこの後ファンにも感謝。実際の映像を、同局公式ツイッターが公開した。これに、英ラジオ局「トークスポーツ」などで番組ホストを務めるレスミン・チャウドゥリー氏が反応。「これを見るのは悲しすぎる! 今大会、日本はなんと偉大な結果を残したでしょう」と引用リツイートした。

さらに、「beINスポーツ」で番組ホストを務めるニッキー・クロスビー氏も、「素晴らしかったわ、日本」と躍進を称えていた。4度目のW杯8強入り挑戦も、わずかに届かなかった日本。しかし、キャプテン吉田の言葉は、確かに海外識者の心に響いていたようだ。

(THE ANSWER編集部)

翻訳元:https://bit.ly/3HdtQ03

 

海外の反応

【吉田のインタビュー動画】

.<シャルケファン>
愛しているぜ、麻也

 

.<チェルシーファン>
Kampai 🍻

 

.<バルサファン>
彼の目を見ていると…かなり胸が締め付けられるね
君は偉大なことをやり遂げたんだぞ

 

.<サッカーファン>
何て素晴らしい人なんだ
全ての愛を君に!
君には誇りに思えることがたくさんあるよ
試合には勝てなかったが、君は戦士としてのメンタリティーで僕を含め世界中の多くの人々の心を掴んだんだ!
そして日本のファンは最高のファンで、少なくとも色んなことに配慮できる善良な人たちであることに感謝したい
Vamo' Nippon!

 

.<サッカーファン>
サウサンプトンのレジェンド
おそらくはこれが彼に取っての最後のW杯になるだろうね
本当に残念だが

 

  .<豪州人>
  常に吉田を評価して来たよ

 

.<オサスナファン>
ただ、胸が痛い
彼らのチームは2つの大国を倒したし、もっと良い結果を得るに相応しかった

 

.<横浜マリノスファン>
彼は今大会を最後に代表を引退する可能性がかなり高い
欧州のトップリーグで10年以上生き残ってきた唯一のアジア人CBでありながら、不安定なパフォーマンスで日本代表史上、最も批判されてきた選手かもしれない
特に前主将の長谷部が完璧なキャプテンだっただけに、彼にかかるプレッシャーは凄まじいものがあったはずだよ
それでも彼は素晴らしい仕事を果たしたし、間違いなくレジェンドとして記憶されることになるだろうね
幸い代表には板倉や冨安が控えているから、次の世代は大丈夫だと思う

 

.<カナダ人>
これは本当につらいね
日本はクロアチアの中盤を実際よりも悪く見せるほどにかなり良いプレーをしていたのに、PKでは本当に貧弱な姿を晒してしまった
しかし誇りに思えることはたくさんあるから

 

  .<サッカーファン>
  このことが彼らの慰めになるとは思わないが、どの代表チームもどこかの時点でPK戦の重要性を痛感させられることがあるんだ

 

.<サッカーファン>
受け入れがたい
この男をハグしてあげたいわ
日本がこれからも強くなっていくことを望む
そしていつか再びW杯を開催してくれることを願う

 

.<アーセナルファン>
「この大会は本当に楽しかった」とシンプルに言った言葉が妙に心に響いてくるよ

 

  .<サッカーファン>
  競争心とはそういうものなんだ
  全てを捧げているからこそ、傷心しても100%の誠実さでそう言えるんだろう

 

  .<サッカーファン>
  実際にそれがインタビューの中で最も最高なパートだったと思う
  彼は最後の敗戦や失望だけでなく、しっかり勝利も記憶しているんだ

 

.<サウサンプトンファン>
オウ、麻也:(
誰か彼を抱きしめてやってくれ

 

.<リーベルプレートファン>
PKの蹴り方に対して怒りたい気持ちと、今回のW杯での彼らの輝かしい躍進を抱きしめたい気持ちとで頭が爆発しそうだ
また、日本の観客にも称賛を送りたい
このW杯でチャントを止めなかったファンはそう多くはなかったと思う

 

  .<チェルシーファン>
  セネガルのファンも同様だった
  この両チームのファンは大きな称賛に値するね

 

.<メキシコ人>
前回のW杯では日本が僕の心を温めてくれたが、今大会では日本は僕という新たなサポーターを獲得したよ
誇りを持つんだ、ニッポン🇯🇵

 

.<ネパール人>
今大会の日本は誇れることをやり遂げたと思うよ
彼らは強豪国と張り合えるだけの準備がほぼ整っていた
アジアの全てのチームが今大会で好成績を収めたことに僕は満足しているよ
追記:カタールを除いてね。僕はネパール人だからカタールには偏見があるし、うちの国民が搾取されている件もあるから

 

  .<リーベルプレートファン>
  アジア勢は次のW杯でもこの勢いを維持できるかな?
  開催国と同じ大陸の国はいつもW杯ではブーストがかかるし、次回は北中米の開催だからね

 

    .<ネパール人>
    日本と韓国は純粋に向上しているように見える
    両国とも国内リーグが充実しているし、欧州のまともなクラブでプレーしている選手たちもいる
    日本も韓国も経済的に恵まれていることも大きな役割を果たしているように見えるね

 

.<インテルファン>
日本はいつも好感が持てて楽しませてくれるチームだ
本当にタフなグループで信じられないような勝利を収めたのに、PK戦の末に帰国しなければならないのは本当に辛いことだと思う

 

.<ポルトガル人>
元気を出せ、若者よ
君とチームメイトは祖国の誇りであり、そのパフォーマンスで俺たちも魅了した
ここから先は上がって行くばかりだ

 

.<シャルケファン>
彼はシャルケに戻らないといけないから泣いているんだよ

 

  .<フランクフルトファン>
  本当にかわいそうな男だよ

 

    .<サッカーファン>
    フランクフルトの長谷部は元気か?

 

.<クロアチア人>
正直、前半は日本が優勢だった
素晴らしいチームだが、クロアチアの鈍いプレーを十分に突くことができなかったね
日本代表に敬意を

 

.<米国人>
俺たちはみんな勝者や勝ち方にだけ注目しているが、こうしたチームの素晴らしいパフォーマンスを見るのが実は最高の瞬間なんだと思う
スペインとドイツに勝ったことは本当にアメージングだったよ
日本は世界を注視させた
素晴らしい活躍だったよ👏👏👏👏👏👏👏

 

  .<チェルシーファン>
  だから俺はいつも「W杯はグループステージが一番楽しい!」と言っているんだ

 

.<サッカーファン>
日本は本当にくじ運がなかったな

 

.<アイルランド人>
胸を痛めている
日本にはぜひとも勝ち進んでほしかったし、大会が始まってからずっと応援していたからね
日本はアイルランドが予選を敗退した時に応援する僕に取っては2番目のチームのような感じなんだ

 

.<サウサウプトンファン>
セインツのレジェンド❤️❤️

 

  .<サウサンプトンファン>
  まだセインツファンの多くが彼を愛していることが素晴らしいね
  うちに在籍していた時に彼は過度に批判されていたかと思う
  素晴らしい選手であり、素晴らしい人物だよ

 

.<サッカーファン>
おそらくは彼に取っての最後のW杯になるだろう
長谷部が去ってから、彼は伝説的な存在になり、リーダーとして良い仕事をやってのけた

 

.<イングランド人>
日本に取ってはつらい結果だね
彼らはどの試合でも素晴らしいプレーをし、良いチャンスを作り出していた
しかしクロアチアはクロアチアなんだ
チャンスがある時に彼らを仕留めなければ、どのような形であれ、彼らは試合に戻ってくる
そして90分を過ぎた後に彼らを打ち負かせるチームはそう多くはないからね

 

.<サウサンプトンファン>
皮肉ではなく、彼のために心を痛めているよ
この元セインツの選手にはもっと良い結果が待っていたはずだが、残念ながら重要な場面でPKを決められなかった

 

.<アイルランド人>
この男はVVVフェンロー時代にとてつもないゴールを決めたんだ
確かバイシクルだったと思う(動画)

 

.<サッカーファン>
日本(とモロッコ)は僕に取ってW杯の象徴のような存在だった
本当にサッカーは残酷で美しい競技だね

 

.<サッカーファン>
このW杯で日本は本当に特別なものをもたらしてくれたよ

 

.<サッカーファン>
ありがとう、レジェンド

ブログランキング

海外反応アンテナ

-カタールW杯, 海外の反応, サッカー

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2023 All Rights Reserved.