海外の反応 ラ・リーガ

【海外の反応】久保建英の移籍先はソシエダが最有力か「今すぐサインしてくれ!」

投稿日:

多くのクラブが関心を寄せるマジョルカの日本代表MF久保建英(19)だが、中でも条件が揃っているのがレアル・ソシエダだ。スペイン『アス』が伝えている。

昨夏にFC東京からレアル・マドリー入りした後、マジョルカへレンタルで加入している久保。ここまでラ・リーガ29試合で起用され、3ゴール3アシストとチームの攻撃の要を担っている。

『アス』によれば、クラブの元々の計画では、今シーズンは下部組織のレアル・マドリー・カスティージャでプレーさせる予定だったが、プレシーズンでの動きを見たマドリーは、プランを変更し、マジョルカへのレンタルを決断。久保のパフォーマンスはクラブ関係者の期待を超えるものだったという。

久保のレンタルでの獲得については、多くのクラブからオファーが届いているようだが、マドリーのプランとしては、久保の選手としての成長を促すべく、やはりチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)出場を狙えるチームへのレンタルを優先したい意向だという。そして、この条件を考慮すると、マドリーはソシエダへのレンタルが最適解なのではないかと考えているようだ。

さらに、両クラブの関係は、マドリーからソシエダへとレンタルしているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(21)がレンタル契約を延長したことを見ても、良好であることは明らかであり、またソシエダの攻撃的なスタイルが久保の成長に適していると判断しているとのことだ。

―海外の反応―

※レアルファンのコメント

 

▪ソシエダがCLの出場権を得ることができれば、当事者全員にメリットがあるね

 

  ▪ソシエダはELを獲得できれば上々だよ。CLのチャンスはない。彼らの今のチーム状態はひどいからね

 

    ▪彼らのスタイルはイマノル(・アルグアシル)監督の下で急激に成長して来たし、ウーデゴールも徐々にフィットしてきたが、久保のプレー時間を確保するためにオヤルザバルかヤヌザイを売ってほしい

 

      ▪オヤルザバルに関してはシティ移籍との絡みもある

 

▪久保とウーデが同じチームだと? 今すぐサインするんだ

 

   ▪ああ、彼らはきっと噛み合うと思うし、仮にウーデがレアルに戻ったとしても、開いた枠で久保はソシエダと噛み合うことになる

 

▪この間のマジョルカ戦なんか、久保が相手サイドにいたことですごく迷惑を被ったからな

 

   ▪試合が始まってすぐに際立っていることがわかった。明らかに周りのレベルとはズレていたよな。見ている方もイライラした

 

▪ウーデはもう1年ソシエダに留まるのか?

 

   ▪どちらにせよ、来年はレアル(ソシエダorマドリード)だよ

 

   ▪確かなことは言えないが、ニュースを見る限りウーデは残留すると言われている。最終的には選手の選択だろうし、彼はどこかでソシエダとの契約を終えたいと語っていたと思う

 

▪いいニュースだ。久保がうちのどの位置でプレーするのかわからないし、中盤は選手も揃っているからレンタルがいい。ムバッペを獲得すれば、RW不足も解消する

 

  ▪実際どんな選手でもいつ歯車が狂うかわからないから、若い選手を持つということは一種の保険なんだ

 

    ▪久保はある程度のプレー時間を求めてくるだろうし、うちがそれを保証できなければハキミのようになるだろう

 

      ▪ロドリゴがRWで飛躍的に成長したり、獲得したムバッペがフィットした時のことを想像して欲しい。また今後4~5年間、ヘイニエルとウーデが非常に良いパフォーマンスを持続した時のことを考えてみて欲しい。そうした中で久保のような優秀な選手を持ち腐れすることはできない。これから4~5年の間に全てが決まると思う

 

  ▪久保がRWを十分に自分のものとし、ムバッペを中央に配置できるようでなければ今すぐ彼をレアルに戻す必要性はない。久保、ヴィニシウス、ロドリゴ、ヘイニエル、ブラヒムのうち3/4が上手く成長すれば、ウイングや中央にはついては今後慌てて補強する必要はないだろう。ムバッペについても、うちが最初に興味を示した時にはあまり必要な選手じゃなかったようにね

 

    ▪今の才能がどのように成長していくのかは完全には見えてはこない。来年の今頃やあるいはいつまでも彼らの成長を追跡すると思うが、久保か別の誰かかその中の1人でもムバッペと同じようなインパクトをRWで披露できれば、もうムバッペは必要じゃない。元々ここにいる選手たちを信じるべきだ。LWのヴィニシウスはRWのムバッペに近づいてきているが、ゴールがやや少ない。でもヴィニが仮に現在の契約を延長した場合には、ムバッペのプロジェクトはほぼ終了したと見ていい

 

  ▪久保はウーデと似たような道を歩んできている。彼はまだ19歳になったばかりだし、20代の前半頃になれば呼び戻すことができるだろう。それまでにはモドリッチやクロース、そしてイスコとアザールさえも衰退を見せていると思う。特に後者の2人はスピードとドリブルに依存しているように見えるから、加齢がそのまま衰えに直結する。仮に久保がワールドクラスに届くような選手に成長した場合には、十分に先発の座を争うことができると思うよ

 

  ▪無理にレアルに引き戻さなくても、良い選手になれば移籍金が手に入る

 

    ▪久保はほぼフリーで手に入れたから、どう転ぼうがクラブには利益しか発生しないよ

 

  ▪ムバッペは中央でやりたがっているから、RWはロドリゴと久保の競争になるだろう

 

    ▪アセンシオをお忘れなく

 

      ▪間違いかもしれないけど、今のシステムではアセンシオは輝けないと思う。彼はウィンガーでもないしCMでもない。今のクラブ哲学では彼が潜在能力を発揮することは難しいような気がする

 

        ▪他の選手よりも特に優れているとも思わないしね。彼はもう24歳なのに、久保らよりも安定したパフォーマンスを披露できずにいる

 

  ▪久保には4-3-3か4-4-2(ダイヤモンド)でボックス・トゥ・ボックスでプレーしてほしい

 

     ▪なんで久保がボックス・トゥ・ボックス?

 

▪久保とウーデが同じチームでプレーするのは興味深いが、4-2-3-1でポジション(AM/RW)が被るとなれば、プレー時間に問題が生じる可能性がある。それにソシエダはうちが警戒すべきチームで、彼らをさらに強化することはリスクにもなる

 

  ▪相手チームの危険な若手がうちの選手だと思うと、それはそれで興奮するけどね

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-海外の反応, ラ・リーガ

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2020 All Rights Reserved.