プレミアリーグ 海外の反応

【海外の反応】クロップが南野拓実の重要性について言及「バカな評論家にはその貢献度が理解できない」

更新日:

リヴァプールファン「クロップはクリスタル・パレス戦での結果論ではなく、トッテナム戦の前からタキ(南野)について語っていた。チームにおいて彼がいかに重要な存在かが改めてわかるね」

それが以下の記事。

リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、南野拓実についてトッテナム戦の公式マッチデープログラムに綴った。

 間もなくリヴァプールに加入して1年が経つ南野。しかし、クラブでの定位置確保には至っておらず、カップ戦では出場機会を得て得点を記録するも、プレミアリーグやチャンピオンズリーグではベンチを温める日々が続く。

それでも、先日の1-1のドローで終わったフラム戦では、後半最初から途中出場すると精力的なプレーを披露してチームの勝ち点奪取に貢献した。そんな日本代表FWについて、16日のトッテナム戦に向けたマッチデープログラムの中でクロップ監督が綴った内容を『PA通信』のカール・マーカム氏が『Twitter』に投稿した。

この中でリヴァプール指揮官はフラム戦の前半に対しての非難が正当なものであったことを認めた後、同選手について「1人の選手の名前を出すことは好きではないが、タキ・ミナミノは私が強調したい選手だ。ここに来てからの彼は我々にとってセンセーショナルだ。彼の姿勢は常に最高のレベルで、学んで、成長することへの取り組みがそのすべてだ」と綴り、賛辞の言葉を続けた。

「彼は我慢しなければならず、このことはとても簡単ではないことであると想像できる。彼が上手くいっていないから先発でのチャンスが少ないわけではない。彼のポジションの選手たちのチームへの貢献性にとても一貫性があるからだ」

「しかし、タキは手本という意味で全員に対してその方向性を示している。彼は自身の持っているものすべてを日々出し切っている。昨今、我々は彼をセントラルミッドフィールドの位置で起用し、彼もこのことをとてもポジティブに受け入れている。これこそまさに我々が全員から必要としていることだ。チャンスがあるとき、そのチャンスに全力を注ぐ。そしてつかみ取る。すべてはチームのために!」

(GOAL)

―リヴァプールファンの反応―

 

◼︎ クロップの新しいボビー

 

◼︎ ようやく彼は大きなチャンスを得て、素晴らしい試合をした。僕はいつもこの時が来ることを願っていたんだ

 

◼︎ 南野には本当に私心がない。彼が何度その献身的なランでDFを引き付け、または味方の選手たちが何度それを見逃したか

 

  ▪︎タキとボビーは、ゴールやアシストだけしか眼中にない典型的な評論家やツイッタラーが見逃している無私のプレーを実行しているという点において、似通っているところがたくさんあると思う。その価値を理解できない周囲に対してクロップは常々苛ついている

 

  ▪︎ホントこれ。ボビーのゴールをもう一度振り返ってみてほしい。2得点ともタキがCBを引き付け、ボビーとサラーがパスを受けられるスペースを作っている

 

    ▪︎ボビーの2点目ではサラーはタキにパスを出してほしいと思った。良いボールが来ればGKと1対1の場面が生まれていたかも知れないからね。ボビーが得点したからそう青筋を立てることでもないんだけど

 

      ▪︎あれはタキが相手に囲まれていたからボビーの方で正解だと思う。ただもう少しタキとサラーの連係があればいいんだけど。今後の試合では見られるかもね

 

    ▪︎マネのゴールも振り返ってみよう。もしマネがフィニッシュまでにいけない場合は、代わりにタキがフィニッシュできるように正しい場所にいた

 

  ▪︎彼が良いポジションにいるのにパスが来ないことが多々あったね

 

◼︎ 日本人の意見として、南野がスカウス(リヴァプールの方言)・サムライと呼ばれていることに日本人ファンなら誰でも喜ぶと確信している。サムライは忠実で、常に自己の人生を犠牲にするんだ。そう言えば、日本人ファンの間でジェラードが「人類のキャプテン」を呼ばれていたことも思い出したけど、これも素敵な愛称だね

 

  ▪︎そのジェラードの愛称は気に入った

 

  ▪︎「人類のキャプテン」の響きは壮大すぎるな

 

◼︎ タキは何かを持っている。人格やプレースタイルかはわからないが、とにかくこの男が好きなんだ

 

◼︎ クロップの秘蔵っ子だ。真面目な話、タキは前のクラブの監督から知性と戦術を叩き込まれていたから、ファンがそれを理解する以前からクロップはそのことについては何一つ疑問を持っていなかった。タキはこれまで控えチームの中でその価値を示さなければならなかったが、土曜日の試合では質の高い選手たちが周りを固め、それがうまくかみ合ったんだ。ボビーがチームの中で適切な役割を開拓してきたように、クロップがタキの適所を見つけるまで放っておくわけがない。ボビーとタキが鍵を握っているのに、ボビーかタキかという話ばかりになっている

 

◼︎ クロップがどの選手に対してもその重要性を自覚させるのが好きだ

 

  ▪︎彼はチームの強さは、序列の低い選手らの質にかかっていると理解している。確信のない選手たちに自信を与え、戦力をボトムアップさせるんだ

 

◼︎ クロップは好きだけど、ホームでのCLのアタランタ戦でオリギを先発させたのが信じられなかった。オリギのパフォーマンスに怒りを覚えたが、当時のタキは調子が悪かったとはいえ、もっとチームにエネルギーを提供してくれていたと思う

 

  ▪︎オリギを見極めるためだったんじゃないの。タキについては計画があると思う

 

◼︎ 昨日の試合はアメージングだった。攻撃的な選手たちが自信を高めてくれた。この決定力を維持したままで、さらに大きな成果を上げてくれることを期待しているよ

 

◼︎ ある選手に対してこれほど成功してほしいと思ったことはないよ

 

◼︎ 真のリーダーたるクロップの言葉だね

 

  ▪︎ああ。多くの研究によると、最も効果的なチームは全員が自信を持ち、快適な帰属意識を感じられる環境で醸成されるらしい。クロップはこの手の術に長けていると思う

 

◼︎ 一番大きかったのは、ゴールを決める前の南野の冷静さとファーストタッチ。サッカーで教えられる技術はたくさんあるけど、冷静さと頭の回転は天性のものだ。彼はその両方とも高く評価できるし、これからがとても楽しみだよ

 

  ▪︎忘れてならないのは、その段階まではクリスタル・パレスが優位に立っていて、下手をすれば2点差にされていたかも知れなかったことだ。それを南野のゴールがひっくり返し、信じられないほど重要なゴールになった。7-0のスコアだけを見れば、このゴールが起こした流れの変化を忘れられがちだけど

 

◼︎ クロップはタキが提供できるものを明確に評価していたが、数週間前から多くのサポーターらは彼が1月という中途半端な時期に入団したこととパンデミックの影響を忘れ、詐欺師のレッテルを貼り付けていた

 

◼︎ うちの多くの選手がタキのように無私であるように感じる。うちは本当に素晴らしいチームを持っているよ

 

◼︎ 彼は模範的な選手だよ。アーセナルのようなチームは彼みたい選手を欲しがるだろうね

 

◼︎ もし南野がジョッタが戻るまでの2カ月間に昨日のようなパフォーマンスを維持できるなら、うちがタイトルを逃すことはないだろう

 

◼︎ 彼がこの調子をキープして、ここにいる連中を黙らせてほしいね

 

◼︎ 正直、タキは中央でプレーした方がいいと思うよ。彼はファイナルサードの狭いスペースで見事に機能している。それと昨日、初めてケイタの声を聞いたが、全く声と顔が一致していなかった。彼はキリンと声を入れ替えた方がいいね

 

◼︎ 南野がうちに馴染むのに時間がかかったが、それでも別に構わない。彼は多才で知的で技術もある。これからどんどん良くなると思う

 

◼︎ それでも僕はまだ彼のベストはこんなもんじゃないと思っているよ

 

◼︎ 数試合前には控えとしての役割すらも失っていたタキが、少しずつ評価され、プレミア初ゴールを決めたのは素晴らしいことだ。彼は明らかに育成込みの契約だったから、そのプロジェクトの花が咲き始めているのは喜ばしい。この数年後には巨大な存在になっているかもしれない。彼を中盤でプレーさせることは、フィルミナミーノとしての役割を準備させる利点があるのかもね

 

  ▪︎フィルミナミーノwww

【海外の反応】南野拓実がパレス戦でプレミア初ゴール!「契約からちょうど1年の記念弾だ!」

リヴァプールに所属するFW南野拓実が、19日に行われたプレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦で同リーグでの初ゴールを決めた。 ...

続きを見る

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-プレミアリーグ, 海外の反応

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.