海外の反応 EURO2020 代表戦

【海外の反応】イタリアがイングランドを破り53年ぶりのEURO優勝!「なぜ10代の選手が最後のキッカーに…」

更新日:

現地時間7月11日、EURO2020の決勝、イタリア対イングランドがロンドンのウェンブリー・スタジアムで開催された。

マンチーニ監督の下で変貌した攻撃的なサッカーで68年大会以来53年ぶりの戴冠を目指すイタリアと、サウスゲイト監督の大胆な采配が奏功し、初めてファイナルに勝ち上がったイングランド。今大会、攻守に安定した戦いを見せてきた両国が“聖地”で相まみえた。

試合は驚きの幕開けとなる。開始早々の2分、イタリアのCKからイングランドがカウンターを仕掛け、右WBトリッピアーのクロスを、ファーサイドで待ち受けていた左WBのショーがボレーで合わせて、電光石火の先制弾を叩き込む。

その後はイタリアがボールを支配するものの、この大一番で3バックを採用したイングランドの守備ブロックを崩せない。35分には、キエーザがライスをかわして持ち込み、左足で強烈なシュートを放つも右に外れる。

後半に入って54分、インモービレとバレッラを下げてベラルディとクリスタンテを投入したイタリアは、その3分後にインシーニェ、62分にキエーザが際どいシュートで敵ゴールを脅かす。これはGKピックフォードに阻まれたが、この二枚替えで流れを掌握する。

迎えた67分、押し込んでいたアッズーリがついに追いつく。CKから流れてきたボールをヴェッラッティがヘッド。ピックフォードが右手一本でセーブしたところをCBボヌッチが詰めてネットを揺らした。

さらに73分にも、ロングフィードに反応して裏のスペースに抜け出たベラルディがダイレクトで合わせるが、枠を捉えられない。一気に逆転といきたかったイタリアだが、86分にキエーザが負傷し、ベルナルデスキと交代。崩しの切り札を失い、その後はやや攻撃が停滞する。

結局、90分で決着はつかず、試合は前回大会に続いて延長戦に突入。この30分間はイングランドがやや優勢に試合を進めるが、ゴールは割れず、勝負はPK戦に持ち込まれる。

先攻のイタリアは2人目のベロッティ、イングランドは3、4人目が失敗。決めれば勝利のイタリアは、名手ジョルジーニョが外したものの、イングランド5人目のサカのキックをドンナルンマがストップ。死闘の末に、53年ぶりの戴冠を飾った。

(サッカーダイジェストWeb編集部)

 

海外の反応

 

1.<サッカーファン>
試合後にシャワーを浴びなければならなかった
まるで自分もプレーしていたかのようだったよ

 

2.<サッカーファン>
ワオ
とんでもない緊張感だった

 

3.<サッカーファン>
>>2

サカにかかるプレッシャー
この子はまだ19歳だよ
信じられない

 

4.<コロンビア人>
>>3
なぜ彼を5番目のキッカーにしたのかが謎だ
19歳の子が最後のキッカーを務めるなんて、このチームのリーダーはどこにいるんだ?

 

5.<スポルティングCPファン>
>>4
最後の最後で2人の若手をPK要員として入れるのはどうなんだ?
そしてその両方がPKを外した!
そんなことがあり得るか?

 

6.<サッカーファン>
ドンナルンマの22歳とは思えない冷静さはこの世の者とは思えない

 

7.<サッカーファン>
>>6
彼はすでに5~6年トップチームで揉まれ、ミランでは16歳の時から正GKの座に就いている

 

8.<ブラジル人>
>>6
その成熟さには驚かされるよ
34歳のように振舞っていたからね

 

9.<レアルファン>
ピザとマリオの格好をしたイタリア人カップルを見かけた人は他にいる?

 

10.<ナイジェリア人>
>>9

 

11.<サンプドリアファン>
RIP
ロンドンにあるイタリアンレストラン

 

12.<サッカーファン>
>>11
これでブレグジットが完成するな

 

13.<サッカーファン>
>>12
EUからよろしくと

 

14.<サッカーファン>
サカは30年後にW杯優勝へと導くためにイングランドで指揮を執る

 

15.<サッカーファン>
>>14
その決勝で誰かがPKを外して、新たなサイクルが始まるんだな

(※)EURO96の準決勝、現在の監督サウスゲートがPK戦の6番手キッカーを務めるが、弱々しいシュートはGKケプケに読まれ、ドイツの前に敗れる

 

16.<バイエルンファン>
経験豊富な選手にPKを蹴らせろよ

 

17.<サッカーファン>
>>16
120分間ベンチに座っていた後、ファーストタッチでPKを蹴らなければならないという

 

18.<チェルシーファン>
>>16
グリーリッシュとスターリングがPKを蹴らなかったのはかなりのショックだ
例え監督のリストに載ってなくても、選手として自ら申し出るべきだった
特に若いサカが5番目のキッカーになっているんだから

 

19.<サッカーファン>
数カ月前にデビューしたばかりの19歳の選手の代わりに、スターリングやグリーリッシュのような選手が重要なPKキッカーを務めなかったのはなぜなんだ?

 

20.<シティファン>
>>19
スターリングの場合は冷静さを欠如しているからだね
シティのファンとして、彼がプレッシャーに押し潰されるのを何度も見てきた
おそらくリヨン戦でのミス(※)やその他数々の失敗がトラウマになっているだろうから、もう二度と同じことを繰り返したくなかったんじゃない
サカの代わりにはストーンズが蹴るべきだったよ

(※)昨季のCL準々決勝、シティvsリヨンで決定的な同点機を外すスターリング。シティはそのまま敗退

 

21.<サッカーファン>
>>20
ストーンズ?
いや、ショーやウォーカーの方が良い選択肢だよ
グリーリッシュもかなり自信を持っていたと思う

 

22.<サッカーファン>
なぜ誰もマグワイアのPKについて語らないんだ?
あれは一体何だったんだ?

 

23.<サッカーファン>
>>22
ネットを突き破って、南ロンドンまで飛ばそうとしていたな

 

24.<イタリア人>
とにかくイタリア人としてピックフォードには拍手を送りたい
彼は2つのPKをセーブしたのに、誰もそれについて覚えてないのはとても悲しいことだわ
彼はキャリアの中で最高の試合をしたと思う

 

25.<サッカーファン>
>>24
彼は代表では常に優れた選手だよ
イングランドのファンらはいつもポープ>ピックフォードだと言うが、彼らはピックフォードが長年にわたってどのように守備陣を支えてきたのかを知らないんだ

 

26.<サッカーファン>
>>24
またボヌッチの得点の前には功を奏さなかったが、最高のセーブをした
彼に取っては素晴らしい大会だったし、代表チームで本当にステップアップした選手の一人だったように思う

 

27.<サッカーファン>
119分に行った交代選手はクソだったな、サウスゲート

 

28.<エヴァートンファン>
>>27
彼は監督の立場であってもPKを外す術を身に付けている

 

29.<サッカーファン>
ずる賢いサウスゲート
彼は96年に自身が失敗したPKのことを人々の記憶から忘れさせるために、新しい記憶を作り出したかったんだ
しかしこんな真似をするとは

 

30.<ユナイテッドファン>
イングランドは最初の10分間は良かったが、それからはずっとバスをゴール前に止め続けていた

 

31.<サッカーファン>
>>30
ああ
開始早々のゴールが、攻撃陣の首を絞めてしまった

 

32.<シティファン>
おめでとう、イタリア
サカにはがっかりしたが

 

33.<フィテッセファン>
>>32
かわいそうなサカはあのキッカーの位置に入るべきじゃなかった
彼のことを思うと悲しいよ

 

34.<サッカーファン>
速報:ボリス・ジョンソン首相は無料の学校給食を取り止めることを決定

 

35.<サッカーファン>
こうした重要な試合でPKを外すことがいかに心理的なダメージを与えるかについて、サウスゲートは長年にわたって自身の経験から語ってきたが、なのに19歳の子に最後のPKを任せたのには呆れるしかない

 

36.<サッカーファン>
>>35
少なくとも彼はトラウマを3人に分散させて、共に解決に取り組めるよう取り計らった

 

37.<サッカーファン>
早い段階で得点して完全にパーク・ザ・バスに移行すると、こうなっちゃうんだよ

 

38.<サッカーファン>
>>37
確か2018年W杯のクロアチア戦でもそうだったよな

 

39.<エヴァートンファン>
イタリアを約束の地へと導いたマンチーニ
母国に帰れば、もう外での飲み食いにお金を払う必要はないだろう

 

40.<エヴァートンファン>
マンチーニはしばらく代表監督を続けた方がいいよ
素晴らしい仕事をしたからね

 

41.<アーセナルファン>
ラッシュフォード、サンチョ、サカを抱きしめて上げたい気分だわ
あれはサウスゲートの決定的なミスだった

 

42.<サッカーファン>
この人はどんな気持ちで早々とこんなタトゥーを入れたんだろう

 

43.<サッカーファン>
>>42
Home(母国)とRoma(ローマ)のスペルが似ててよかったよ
少し書き足して、それからイタリアに移住して国籍を取るだけでいいんだから

 

(翻訳元:https://bit.ly/3i2Bufw)

<関連記事>

【海外の反応】負傷していたインモービレが味方のゴールで急回復!?「もう少し演技してろよwww」

ゴールの喜びは痛みさえも忘れさせてしまうようだ。“全治10秒”での復活劇が、世界中で注目を集めている。 現地時間7月2日に開催され ...

続きを見る

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-海外の反応, EURO2020, 代表戦

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.