海外の反応 ボクシング

【海外の反応】京口紘人がベガの“自爆”で3度目の防衛に成功!「頭蓋骨がチタン製なのか?」

更新日:

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチは13日(日本時間14日)、米テキサス州ダラスで行われ、スーパー王者・京口紘人が同級10位アクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ)に5回TKOで勝利。1年5か月ぶりの試合で3度目の防衛に成功した。京口の戦績は15勝(10KO)。ベガは14勝(8KO)4敗1分。

京口が念願の米デビュー戦を勝利で飾った。英興行大手マッチルーム社との契約初戦、本場のボクシングファンからも熱い視線を注がれる中、20歳で2度目の世界戦だったベガの挑戦を退けた。

162センチの京口に対し、相手のベガは146センチ。対格差で上回る王者はジャブでじわじわと圧力をかけ、リングの中央で打ち合う展開となった。頭を下げて潜り込んでくるベガに対してやりづらそうに下がる場面もあった。

結末は5ラウンド、突然訪れた。ベガの右フックが京口の左側頭部付近に当たった。次の瞬間、ベガは右手を痛めたようで試合続行不可能に。苦悶するベガを見てレフェリーが試合をストップした。

京口はこれで3度目の防衛に成功。当初は昨年10月にタノンサック・シムシー(タイ)を挑戦者に迎える予定だったが、京口と陣営が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示し延期(その後中止)に。昨年12月にマッチルームと日本人で初めて複数試合契約を交わし、今回が米国初上陸だった。

さらなるビッグマッチを求める京口には統一戦の期待も高まる。WBCは寺地拳四朗、IBFはフェリックス・アルバラード(ニカラグア)、WBOはエルウィン・ソト(メキシコ)がベルトを保持している。

(THE ANSWER編集部)

 

―海外の反応―

 

◼︎ 京口はタフな男だ。ミニ(※ベガの愛称:エル・ミニ)の拳を頭で叩き折るんだから

 

◼︎ ボクサーの拳が相手の頭にKOされるところを初めて見たよ

 

◼︎ 素晴らしい試合だっただけに、この結末は最悪だわ

 

◼︎ これは再戦する必要があるね

 

◼︎ ベガは試合を通して競争力を発揮し、京口もようやく米国のファンに自己のスキルをお披露目できたが、彼のこのパフォーマンスはあまり評価されず、DAZNはベガがリードしていたかのように報じているんだから、両者ともに同情されるべきだよ

 

◼︎ ベガは好調だし、エストラーダやベルチェットと同じトレーナーに指導されているから、このまま改善を続けていけば、いずれはタイトルを獲得できるよ。追記:エストラーダの試合(vs.ロマゴン)を見た後だと、カバジェロ(トレーナー)のコーチングに信頼が持てなくなってきた

 

◼︎ ナックルが破壊されたのか、それとも膝をやったのか?

 

  ▪︎第4中手骨の骨折らしい

 

◼︎ 京口はとても優れたパンチャーで、特にボディーが上手い。面白くなってきたところで試合がストップされたのは残念だね。ベガは思っていたよりもいい選手だったよ

 

◼︎ 日本人は試合を支配されていたが、相手が自ら拳を骨折してくれて幸運だった

 

◼︎ 僕の見方では再戦すればアクセル(ベガ)が勝つと思う。これはひどい結末だよ

 

  ▪︎そうは思わないが

 

◼︎ 京口による素晴らしいパフォーマンスだった。しかしベガにとってこの終わり方は残念だろうね

 

◼︎ 常に自分の身を守るのが大切なことはわかっているが、京口が離れて行ったベガに襲い掛かっていくのを見るのはあまりいい気がしない。無防備な相手にショットを打ち込むのは命に関わることだからね。審判が間に入って8カウントして、背を向けたことに対して状況を確認する必要があった

 

  ▪︎言いたいことはわかるが、追撃を加えたボクサーを非難しようとは思わない。審判は試合に集中すべきで、ストーブがつけっ放しかどうかを考えるべきじゃない

 

◼︎ 京口は頭を殴られただけで試合に勝ち、一方のエル・ミニは相手の頭を強く殴り過ぎたためにタイトルを逃した。号泣した小さな男は自分のパワーを制御できなかった

 

◼︎ この日本人の少年はチタン製の頭蓋骨を持っているのか!

 

◼︎ 京口の頭…

 

◼︎ ベガに同情せざるを得ない。彼は京口にタフな戦いを強いていた。ケガから回復して上手くやれば、別のタイトルを獲得できるチャンスはあると思う

 

◼︎ 失望した。試合がストップされるまで京口とベガは楽しいショーを繰り広げていたのに

 

◼︎ この試合は小さい男がアジア人を押し込んでいるように見えたな。明らかにリマッチすべきだよ

 

◼︎ 僕はライトミドル級だけど、バンタム級の選手とスパーリングをした時のことを思い出した。リーチのアドバンテージをあえて捨てない限り、パンチをヒットさせることができなかった。本当にぎこちなかったよ

 

  ▪︎俺もミドル級で一度、フライ級の選手とスパーをしたことがあるんだけど、追いかけてコーナーに張りつけるのが本当に難しかった

 

◼︎ この4'10フィートの男(ベガ)は、 戦士にとって必要なのは体格ではなく、ハートの大きさであることを示してくれる良い例だ

 

◼︎ ミニがラウンドを取っていたと思う。2人は再戦する必要があるが、アクセルの危険性に気付いた京口側はリスクを冒したくないから実現しないだろう

 

◼︎ かなり不運だ。こんな結末は見たことがない。京口は米国でのデビューを成功させたことで、より大きな試合ができるようになった。拳四朗との統一戦が見てみたいが、村田がゴロフキンやカネロと対戦するビッグイベントのアンダーカードでもない限り、実現しないだろうな

 

◼︎ 112ポンド(=フライ級)で京口とフリオ・セサール・マルティネス(※WBCフライ級王者)の対戦を希望したい。この試合は戦争になると思うよ

 

◼︎ 京口はトランクスのスポンサーの数ではパッキャオを圧倒している

 

<関連記事>

【海外の反応】エストラーダがロマゴンに僅差でリベンジも多くのファンは「チョコラティートが勝っていた」

ボクシングのWBC&WBAスーパー世界Sフライ級王座統一戦が米テキサス州ダラスで行われ、WBC王者ファン・フランシスコ・エストラー ...

続きを見る

【海外の反応】井上尚弥と比嘉大吾の豪華エキシビションマッチに「レベル高過ぎだろ…」

新型コロナウイルスと闘う医療従事者や患者の支援を目的としたボクシングのチャリティーイベント「LEGEND」は11日、東京・国立代々 ...

続きを見る

【海外の反応】ロマチェンコが中谷正義との復帰戦を計画か「かなり危険な相手だ」

ボクシング元東洋太平洋ライト級王者中谷正義(31=帝拳)に今夏、再起を目指す元3団体統一同級王者ワシル・ロマチェンコ(32=ウクラ ...

続きを見る

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-海外の反応, ボクシング

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.