プレミアリーグ 海外の反応

【海外の反応】グアルディオラがマンCと2023年まで契約延長「これでメッシのプレミア参戦が確定した!」

投稿日:

マンチェスター・シティは19日、ジョゼップ・グアルディオラ監督と新たに2年間の契約を結んだと発表した。現状の契約は今季末までだったため、期限は2023年夏まで延長された。

グアルディオラ氏は2016年、マンチェスター・Cの監督に就任したため、満了まで務め上げた場合は7シーズンの契約。クラブにおいては戦後2番目の長さだという。またバルセロナ時代は4シーズン、バイエルン時代は3シーズンで次のステージに移っていたグアルディオラ監督にとっても例を見ない長期体制となる。

グアルディオラ氏はマンチェスター・Cでプレミアリーグ2回、FAカップ1回、EFLカップ3回、コミュニティ・シールド2回を制し、合計8つの主要タイトルを獲得。これまでの通算戦績は181勝28分36敗となっている。

マンチェスター・Cののカルドゥーン・アル・ムバラク会長は公式サイトを通じて「ペップの契約延長は長年にわたって進化してきた旅路において、自然な次のステップだ。彼とクラブにある相互の信頼とリスペクトの賜物である」と伝えた。

またグアルディオラ氏もコメントを発表。「マンチェスター・Cにやってきて以来、選手、スタッフ、サポーター、そして人々、クラブと街の全体に歓迎されていると感じている。われわれは多くのゴールを決め、多くの試合に勝ち、多くのトロフィーを取ってきた。この成功にわれわれは誇りを感じている」と喜びを述べた。

その上で「われわれにとっての課題は改善と進化を続けること。マンチェスター・Cがそれを行ってゆくことをサポートしていくことに、とても心が躍っている」と意気込みを述べた。

(ゲキサカ)

―海外の反応―

 

◼︎ <シティファン>諸君、明けましておめでとう!

 

◼︎ <シティファン>クン(アグエロ)も残留してくれ

 

◼︎ <リヴァプールファン>シティのサポーターじゃない僕の失望は計り知れないよ。…でも、おめでとう、シティ

 

◼︎ 正直、ペップはシティで満足していると言いながらも、結局は去ると思っていた。これでシティでの在籍期間が7年になる。彼はおそらく自分の仕事にまだ満足していないのだろう

 

  ▪︎<レアルファン>シティでCLを獲りたいらしい

 

    ▪︎<ユナイテッドファン>ビッグマッチで戦術をいじり過ぎることを止めない限り、無理だろうね

 

    ▪︎<ドルトムントファン>バイエルンでもそれを望んでいたはずだ

 

    ▪︎彼はバイエルンでCLを獲得したいと願い、現在のシティの5倍ほどの戦力があるチームを引き継いだ。2013/14年のバイエルンはこの10年間で最高のタレントを持つチームの一つだった。ラーム、ボアテング、ノイアー、ロッベン、リベリー、クロース、ミュラー、シャビらが全盛期で、シュヴァインシュタイガー、チアゴ、アラバなど複数のポジションをこなせる選手らもいた。さらに翌シーズンにはレヴァンドフスキも加入した。15年後には間違いなく今世紀最高のタレントを有したチームとして振り返られるだろうが、それでもペップはCLを勝てなかった

 

◼︎ これでメッシがシティに来るぞ!

 

◼︎ <レアルファン>一人のサッカーファンとして興奮している。ペップがこのチームを指揮し、メッシと共にどう進化させ行くのか

 

◼︎ <チェルシーファン>それで本当にメッシは来るのか?

 

  ▪︎<リヴァプールファン>これで確定したようなもんだよ。正直、あまりワクワクはしないな。プレミアで彼を見ることができるのは喜びだが、マンチェスター(シティ)というのは止めて欲しい

 

    ▪︎シティ以外にどこと契約するんだ? バーンリーか?

 

      ▪︎ウェストハム

 

  ▪︎ロナウドもユナイテッドへ

 

    ▪︎<スパーズファン>両方がプレミアに来るのはスパーズにとっては悪いニュースだが、同時にそれを見てみたいと思っている自分がいる。マンチェスター同士のライバル関係もスパイスになることだろう

 

      ▪︎ベイルvs.ロナウドの対決を忘れてないか?

 

◼︎ <アーセナルファン>メッシのプレミア参戦が現実味を帯びてきた

 

  ▪︎<シティファン>メッシとデ・ブライネの連係がどうなるか想像できないな

 

    ▪︎メッシ「とにかく俺にボールをよこせ。いいな?」

 

  ▪︎雨のストークでメッシが活躍できず、そのことで彼を過大評価だと喚く評論家が出てくるのが待ちきれない

    ※英国のサッカーファンの間では「〇〇は寒い雨の夜のストークでも活躍できるか」というジョークがある。ストークの厳寒な環境はストライカーの墓場だと言われている

 

◼︎ 2016/17年にペップが監督に就任してからのシティの記録

 ◎最多勝利(116)

 ◎最多得点(393)

 ◎最多クリーンシート(393)

 ◎最多シュート(2829)

 ◎最多枠内シュート(1045)

 ◎最多ポゼッション(68%)

 

  ▪︎<シティファン>それに勝率74%。これは同じ試合数を消化したその他の監督と比べて高いのかな?

 

    ▪︎Wikipediaによれば、

     アレッグリ(ユベントス) 70.5%(271試合)

     トゥヘル(ドルト、PSG) 69.5%(225試合)

     ジダン(レアル)     64.4%(222試合)

     ハインケス(バイエルン) 77.1%(150試合)

     エンリケ(バルサ)    76.2%(181試合)

     アンチェロッティ(レアル、バイエルン) 72.4%(179試合)

 

      ▪︎フリック(バイエルン) 91.8%(49試合)

 

        ▪︎<スパーズファン>何だこれ

 

  ▪︎よくわからないが、ペップはほとんどのトロフィーを獲得しているはずだ

 

    ▪︎<シティファン>トロフィー数

     ペップ 8

     クロップ 4

     モウリーニョ 3

     コンテ 2

     アルテタ 2

     ベンゲル 2

 

  ▪︎そして最も金を費やしている。2億ユーロ(240億円)もだ

 

  ▪︎<シティファン>それでもCLのタイトルがないから、今のところは失敗しているようだ

 

◼︎ <ユナイテッドファン>シティによる素晴らしい決定だ。困難な時に信念を貫いてくれた。ペップがシティから解雇される日が待ち切れないよ(笑)

 

◼︎ <バルサファン>彼よりも有用な人材はいないから、素晴らしい判断だと思うよ

 

  ▪︎<シティファン>正直に言えば、シティが契約延長を申し出るのは既定路線だった。問題はペップがそれに応じるかどうかだったんだ

 

◼︎ <バルサファン>これでメッシがシティに行くね

 

◼︎ <チェルシーファン>シティにとっては朗報だが、同時にこのチームには変化が必要だったんじゃないのかとも思う。ペップはどうやら本当にCLのタイトルを欲しているようだ。それでもシティがCLの準決勝に進出できなかった場合、ファンの反応がどうなるのかが楽しみだね。個人的にはシティでの彼の時間は終わったと思っていたけど、経営陣らがそう感じていなかったのは興味深い

 

◼︎ <バルサファン>これはユーベ行きのステップに過ぎない

 

  ▪︎<シティファン>2021年にペップとピルロにトレードが来るね

 

◼︎ 実に興味深い。夏にリヨンから屈辱を受けた時に、ペップのシティでのプロジェクトは壊滅的な打撃を受けたと思っていたからね。サッカーではそうした挫折から立ち直るのは非常に困難だが、果たして彼らがどうなるのか見てみよう。今季のシーズンを見る限りは、彼らはまだ立ち直ってはいないようだけど

 

◼︎ <シティファン>なぜみんなはこれでメッシのシティ行きが確定だと思っているんだ? 次のバルサの会長はメッシを残留させるべく、彼の望むことは何でもするような気がする。メッシはクラブの理事会とは非常に良い関係を持っているし、彼が望む選手を手に入れることができると思う

 

◼︎ <リヴァプールファン>ペップのハゲの進行は続いていくわけか

 

  ▪︎まだ誰もハゲたメッシを見る準備ができていない

関連コンテンツ



ランキング

 

  にほんブログ村 サッカーブログへ

-プレミアリーグ, 海外の反応

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2020 All Rights Reserved.