海外の反応 ボクシング

【海外の反応】「日本史上最大のビッグマッチになる」村田諒太vsゴロフキンが12月に神戸で開催か

投稿日:

ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(35)=帝拳=が年末に日本でビッグマッチを行う可能性が浮上した。米スポーツ専門メディアESPNが2021年9月22日(日本時間23日)に報じた。

■2年ぶりリングでビッグマッチ実現か

ESPNは21年12月28日に神戸でタイトル戦が行われる予定で、対戦相手は元世界ミドル級3団体統一王者で現在IBF同級王座を保持するゲンナジー・ゴロフキン(39)=カザフスタン=になると伝えた。

タイトル戦にあたり両陣営はすでに合意しており、あとは中継を予定する動画配信サービスDAZNの承認待ちの状態にあるという。

新型コロナウイルスの影響もあり村田は19年12月23日に行われたスティーブン・バトラー(カナダ)との初防衛戦を最後にリングから遠ざかっており、年末にゴロフキン戦が実現すれば約2年ぶりのリングとなる。

村田は19年12月に王座の初防衛を果たしてからビッグマッチを熱望しており、一時、世界スーパーミドル級3団体王者サウル・アルバレス(メキシコ)との対戦が浮上した。これは交渉が成立せず実現には至らなかったが、ビッグネームのゴロフキンもかねてから対戦候補に挙がっていた。

ゴロフキンは10年8月にWBAミドル級王座を獲得し、その後11度の防衛を重ねた。14年10月にはWBA、WBC王座を統一し、1年後にIBF王座を獲得して世界ミドル級3団体の王座統一に成功した。

43戦のプロキャリアで唯一の敗北は18年9月のアルバレス戦で0-2の僅差判定で敗れた。この採点を巡って世界のボクシング関係者から疑問の声が多く上がり、判定を不服としたゴロフキンはWBCに即時の再戦指令を要望。しかしWBCはこれを却下した。

ゴロフキン戦が実現すれば村田にとってプロキャリアで最強の相手となり、世界ミドル級王者の王座統一戦は日本ボクシング史においても過去最高級のビッグマッチとなる。

(JCASTニュース)

<外部サイトの新着記事>

 

海外の反応

1.<ボクシングファン>
ゴロフキンはジョークになったわ

 

2.<ボクシングファン>
(村田って)誰なんだ?
またGGG(ゴロフキン)のつまらない試合か
クソが

 

3.<ボクシングファン>
悲しいかな、この試合は村田が自身の力を証明するというよりは、GGGが劣化の度合いを示してしまうような気がするよ

 

4.<ボクシングファン>
>>3
GGGが村田と対戦することについて悪く言う人間がいるが、彼は少なくとも他団体との統一戦を模索している
チャーロとアンドラーデは互いや、または村田とも対戦することができたのに、無名選手との対戦に満足しているんだ
そこにつけてGGGは39歳にして、その2人の若者よりも多くのことをしようとしている

 

5.<ボクシングファン>
ずっとGGGを応援して来たから妙な気持ちだけど、今回は村田に勝ってもらいたい

 

6.<ボクシングファン>
この試合の発表を聞いたのは3回目くらいに思うんだが

 

7.<ボクシングファン>
>>6
100%同意する
村田の話はよく聞くんだけど、実際にその試合を見たことがない

 

8.<ボクシングファン>
この試合は楽しくなるに違いない

 

9.<ボクシングファン>
GGGはこの試合で引退すると思う?
チャーロやアンドラードと戦えなかったら、引退するような気がするんだけど

 

10.<ボクシングファン>
>>9
この試合を最後に引退してほしいね
彼がJCC(フリオ・セサール・チャベス)のように最後の試合でKOされたりするのは嫌だからね
ただ、GGGが引退のタイミングを見計らうような男には思えないけど

 

11.<ボクシングファン>
DAZNはGGGとアンドラーデとの試合を進めるために、この試合をキャンセルしたんじゃ?

 

12.<ボクシングファン>
GGGがまだ160ポンド(ミドル級)にいることに失望している
何年、そこで無駄な時間を過ごすんだよ…

<中間のおすすめ記事(外部)>

 

13.<ボクシングファン>
>>12
彼が適正体重で戦うのがどうして無駄なんだ?
なぜ実力を証明するために不自然な体重で戦うことを期待しなきゃならないんだ

 

14.<ボクシングファン>
GOAT(史上最高の選手)が戻って来るぞ

 

15.<ボクシングファン>
また可能な限り最弱な相手と戦うGGG
なぜチャーロやアンドラーデでじゃない?

 

16.<ボクシングファン>
個人的にはもっとひどいマッチアップを予想していたよ

 

17.<ボクシングファン>
GGGvs村田は壮絶な戦いになると思う
この試合を実現させてほしい
GGGは打ち負かされるかもね

 

18.<ボクシングファン>
GGGは大好きだし、カネロにも勝利を収めるべきだと思うが、これまで見てきたP4P(※パウンド・フォー・パウンド)のトップ選手の中では最低の実績であり、クロフォードもその部類に含まれると思う
彼はDAZNと契約して以来、どんな選手とでも試合を実現できる権限を持っていたのに、あえて弱い選手を探していた
彼は文字通り、最も嫌われるタイプのファイターになってしまったんだ

 

19.<ボクシングファン>
>>18
最悪の経歴書ではないだろうw

 

20.<ボクシングファン>
>>19
『リングマガジン』のP4P1位に位置付けられた歴史上の他の選手に比べれば、最も実績が乏しいよ

 

21.<ボクシングファン>
GGGはカネロとのラバーマッチを追いかけることに多くの時間を費やしてしまった余り、今ではただのパートタイムボクサーになってしまった

 

22.<ボクシングファン>
>>21
この男は39歳なんだから、大目に見てやろうよw

 

23.<ボクシング>
予想通りだな
興奮しているのは一部のコアなボクシングファンと、おそらくは日本だけだろう
まあ、村田の勝利を願っているよ

 

24.<ボクシングファン>
個人的には良い試合になると思うよ
GGGは年老いているし、村田は好戦的なファイターだからね

 

25.<ボクシングファン>
DAZNはこの男(GGG)に対して大金を無駄にし過ぎている
DAZNはGGGにアンドラーデとの対戦を提示したが、彼は「160ポンドで最も容易な王者と試合がしたい」と返答した

 

26.<ボクシングファン>
>>25
村田は他団体の王者がなぜか戦おうとしなかった最も弱い王者だw
GGGは村田との試合でアンドラーデを相手にするよりも多くの稼ぎを得るだろうね

 

27.<ボクシングファン>
何年も前からチャーロやアンドラーデが対戦を呼び掛けていたから、GGGは彼らと戦った方がもっと面白くなったのに

 

28.<ボクシングファン>
この試合を実現させて、GGGは引退して欲しい

 

29.<ボクシングファン>
ゴロフキンの無駄遣い

 

30.<ボクシングファン>
2014年に村田がトレーニングのために渡米した時、GGGと3ラウンドのスパーを行った
その時のGGGはダニエル・ゲール戦に向けたキャンプを行っていたんだけど、村田は彼のパワーに大きな印象を受けたらしい

 

31.<ボクシングファン>
GGGがキャリアのこの段階で村田と戦うのはかなりタフだよ

 

32.<ボクシングファン>
>>31
ただ、村田も2年くらい試合から遠ざかっているからな
「試合枯れvs老い」という戦いになるかと

 

33.<ボクシングファン>
>>32
確かにそうだね
しかし村田は185㎝のトリッキーな策士で、しかもホームでの戦いとなる
だからGGGは最初のゴングから全力で飛ばす必要があるよ

 

34.<ボクシングファン>
GGGvs村田は世界中のファンに取ってはビッグマッチではないかもしれないが、日本のボクシング界に取っては史上最大のイベントになるだろうね

 

<関連記事>

【海外の反応】「間違いなく史上最高だった」アジアの伝説パッキャオが現役引退を表明

プロボクシング世界6階級の元王者でフィリピン上院議員のマニー・パッキャオ(42)が19日、来年5月の大統領選に出馬すると表明したが ...

続きを見る

海外反応アンテナ

-海外の反応, ボクシング

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.