プレミアリーグ 海外の反応 サッカー ブンデスリーガ

【海外の反応】ロナウドさん、代理人にとんでもない無茶振りをしていた「奇跡が必要な任務」

投稿日:

マンチェスター・ユナイテッドと仲違いし、サウジアラビアのアル・ナスルに移籍したクリスティアーノ・ロナウド。

『EL MUNDO』によれば、ロナウドは長年盟友関係にあった大物代理人のジョルジュ・メンデス氏との関係も崩れてしまったという。

ロナウドは「チェルシーかバイエルンに移籍できなければ、俺たちはお別れだ」とメンデスに最後通牒を突きつけていたそう。

結局、彼はサウジに移籍することになり、2人は本当に解散してしまったというのだ(Tranfermarktでは、ロナウドのエージェントはまだメンデスのGestifute社とされているが)。

また、中東移籍を手配したのは、メンデスではなく、Nikeの元代表で友人でもある人物だったという。

同紙によれば、ロナウドは2021年にユヴェントスを退団した時から勝手な行動をとり始めていたとか。

彼はメンデスに相談することなく、アッレグリ監督に別れを通告。何も知らなかったメンデスはユーヴェ側からその旨を知らされると、軽率だとロナウドを叱責したという。

また、復帰したユナイテッドでもエリック・テンハフ監督と対立すると、メンデスに知らせることなく問題のインタビューを受けたとのこと。

その後、ロナウドから最後通牒を突きつけられたメンデスは、チェルシーとバイエルンに接触。両クラブの上層部は話を受け入れたものの、現場レベルの監督から難色を示されたことで移籍は頓挫することに。

すると、メンデスは旧友であるディエゴ・シメオネ監督に連絡。アトレティコ・マドリー行きが浮上するも、今度はサポーターからの反発で実現せず。

噂があったドルトムントからの接触は実際はなかったそうで、結局、欧州では引き取り手が見つからなかったという。

現在、ロナウドはアル・ナスルへの移籍を取り仕切った人物を信頼しており、その中心にはパートナーであるジョージナ・ロドリゲスの存在もあるとのこと。

ロナウドとジョルジュ・メンデスとの関係はもはや崩壊状態だというが、果たして。

(Qoly)

翻訳元:https://bit.ly/40cNKj8

 

海外の反応

.<ユナイテッドファン>
これは草
バイエルンは文字通り、ロナウドに興味がないことを公言していた

 

.<サッカーファン>
「ジョルジュ(メンデス)、これはごくシンプルな要求だ」

 

.<サッカーファン>
全てに関わってくるチェルシー

 

.<サッカーファン>
トゥヘルはチェルシーをCR7から救ったんだ
その身を投げ出して

 

  .<チェルシーファン>
  ロナウドをチェルシーに欲しいとは思わないが、仮に彼とオーバのどちらかを選ぶのであれば、僕ならロナウドを選んでいたと思う

 

.<ハノーバーファン>
9番(ストライカー)が不在のトップクラブを想定していたのか?

 

.<サッカーファン>
哀れなメンデス(代理人)は無理難題を押し付けられた
しかし実際のところ、トッド(チェルシーのオーナー)がロナウドを取りに行かなかったのは不思議だわ

 

  .<北マケドニア人>
  トゥヘルもポッターも強く反対していたと報道されていた

 

  .<サッカーファン>
  >哀れなメンデス
  ああ、彼はロナウドの代理人業で1億ユーロしか稼げなかったからな

 

.<サッカーファン>
メンデスは優秀だが、彼でさえ最近はCR7の存在がチームに取ってお荷物になるという事実から、彼を売り付けることができなかった

 

.<サッカーファン>
チェルシーでは完璧にフィットしただろうに

 

.<アトレティコファン>
なるほど、ロナウドの言い分は理に適っている

 

.<サッカーファン>
ロナウドのメッシへの執着は滑稽であると同時に、悲しくもあるな

 

  .<サッカーファン>
  彼の奥さん(恋人)の家族(父親)はアルゼンチン人だ
  それでもアルゼンチンを応援するのを許さないという彼の考え方が好きだよ

 

    .<ウェストハムファン>
    彼の姉は家の中ではメッシは禁句だとも言っていたな

 

.<サッカーファン>
メンデス:「俺は奇跡を生み出すことはできないよ」

 

.<ユナイテッドファン>
2人の友情は、ロナウドの膝に残った軟骨よりも薄くなった

 

.<フランス人>
つまり彼らの関係は破綻したわけか

 

.<サッカーファン>
それでも『トワイライト』(映画)よりはマシなラブストーリーだ

 

.<米国人>
もうロナウドに代理人は必要はないだろう
サウジで余生を過ごし、後は引退するだけだ

 

.<バルサファン>
チェルシーのベーリー(トッド)はマヌケだとして、ロナウドを獲得するためにバイエルンの役員を説得できる人間なんているわけがない

 

.<サッカーファン>
ロナウドはこれだけの要求をしておきながら、交渉では何一つ譲歩しようとしなかったという

 

.<サッカーファン>
自分が年老いているという常識を受け入れず、全てを他者にせいにする

 

.<サッカーファン>
ロニーが他の人間に何か強要したのはこれが初めてじゃない

 

.<サッカーファン>
CR7は僕がこれまで見て来た中で最も利己的な選手だわ
自分がゴールを奪えさえすればそれでよく、チームの勝敗なんかに興味がない
彼がいないユナイテッドは素晴らしい仕事をしているし、彼がサウジのチームを混乱させるまではそう時間はかからないだろうね

 

.<サッカーファン>
ロナウドは(リース)ジェームズが健康であれば、チェルシーでは実際に上手く行っていた可能性がある
チェルシーはボックス内に良いクロスを供給することができるからね
おそらくは最悪のアイデアではなかったと思う

 

  .<サッカーファン>
  ロナウドの獲得は決して悪いアイデアじゃないよ
  彼はポジショニングやプレーの仕方を忘れていないし、今でもエリート選手として十分な体力がある
  彼はちょうどこの6カ月間、ひどかっただけだ

 

.<バイエルンファン>
正直、高額な賃金の要求を取り下げれば、おそらくバイエルンは受け入れたと思う

 

.<ウクライナ人>
彼はチュポ・ゴーティング(GOAT+モティング)から先発の座を奪えるとでも思っていたのか?

 

.<サッカーファン>
ユーベ時代のロナウドでさえ、もはやバイエルンでやるには十分じゃなかった
今の自分が彼らのレベルに近いと思っているのなら、彼は本当に錯覚しているよ

 

.<サッカーファン>
「しかしクリスティアーノ、俺は4億ユーロ(サウジ)の話を持っているぞ」

 

.<サッカーファン>
彼はバイエルンっぽくない
上手く行くはずがないよ

 

.<チェルシーファン>
うちはロナウドのためじゃなく、ケインのために貯金しようとしているんだ

 

.<サッカーファン>
チェルシーに加入できたところで、どうせCLではプレーできなかったしな

 

.<サッカーファン>
ピアーズ・モーガンがロナウドの新しい代理人に任命された

ピアーズ・モーガン:ユナイテッド退団の引き金となったインタビューをしたロナウド擁護派の記者

ブログランキング

海外反応アンテナ

-プレミアリーグ, 海外の反応, サッカー, ブンデスリーガ

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2023 All Rights Reserved.