プレミアリーグ 海外の反応 サッカー 小ネタ

【海外の反応】ククレジャさん、マークに集中するあまり大事なことを忘れてしまう「タイタニックなのか?」

投稿日:

スレ主
「アーセナルのゴールのためにジャカに抱きつくだけのククレジャ」

【予備動画】

翻訳元:https://bit.ly/3WFUtjU

 

海外の反応

.<サッカーファン>
アハハハハ、これはいいね

 

.<リーズファン>
一流のディフェンスだ
彼はCKでマークする相手を見失わなかった

 

  .<アーセナルファン>
  これぞマンマークのマスタークラス

 

  .<リバプールファン>
  さらに面白いのはジャカが微動だにしていないことだ
  倒れたり抗ったりするわけでもなく、「お手上げ」といった状態で立ち尽くしている 

 

    .<アストン・ビラファン>
    彼は明らかにそれを受け入れているね
    まるで禁断の愛の物語のように

 

.<トッテナムファン>
尊敬すべき名場面2022-2023年―ベストスポーツマンシップ

 

.<ユナイテッドファン>
健全な瞬間トップ10に入って来るぞ

 

  .<サッカーファン>
  スレタイに[Great Hug(素晴らしい抱擁)]タグが必要だ

 

    .<サッカーファン>
    まるで美しい夕日を一緒に眺めているかのようだ💜

 

      .<シティファン>
      2人とも離れたくなさそうだなw

 

.<エバートンファン>
もしチェルシーの選手が全員同じことをしていたら、タップイン(※軽く押し込むだけのゴール)するアーセナルの選手はいなかっただろうに

 

  .<サッカーファン>
  そしてボールはそのまま誰も触れずにゴールインと

 

    .<サッカーファン>
    そして逆サイドではメンディとラムズデールが抱き合っていると

 

.<チェルシーファン>
ポッター(監督):お前がやることは一つだ
ククレジャ:任務完了

 

  .<サッカーファン>
  ああ
  誰かがサカに抱きついていたら、彼はコーナーを蹴れなかっただろう

 

.<スウェーデンファン>
間違いなくこの作戦は機能したよ
ジャカはゴールを決めていないからな

 

.<アストン・ビラファン>
何だよ、これはw
ボールがネットに入った後も離れようとしないぞ

 

  .<サッカーファン>
  時には誰かを抱きしめたくなることもあるだろ

 

    .<チェルシーファン>
    ジャカは動かず、ただされるがままになっている
    まさに2人だけの世界だwwww

 

      .<ドルトムントファン>
      タイタニックの音楽を流してくれ

 

.<サッカーファン>
true love

 

.<バルサファン>
ククレジャを非難することなんてできないよ
ジャカは愛すべき男だから

 

.<アーセナルファン>
公平に言えば、俺もジャカを抱きしめたい

 

.<バルサファン>
凄まじいマーキングだ
ここの連中が何について話しているのか理解できないね

 

  .<リバプールファン>
  野球サッカーにロマンを感じないわけにはいかないだろ(※野球板でよく多用されるフレーズ)

 

.<スペイン人>
一方でハフェルツは自ら股抜きされに行っている

 

.<チェルシーファン>
ああ、悪い対応に見えるね
しかしボールはハフェルツ、シウバ、メンディを通り過ぎている
これはク●みたいな守備だ
特にハフェルツは何をやっているんだ

 

.<アーセナルファン>
ボールはチェルシーの3選手の間をすり抜けて行った
この件についてククレジャが責められるべきだとは思わない

 

  .<サッカーファン>
  だな
  しかし、面白すぎるから

 

.<サッカーファン>
20年以上サッカーを見ているが、こんな馬鹿げた光景はお目にかかったことがないわ
ククレジャがジャカに抱きついているだけじゃなく、異様なのはジャカが抵抗もせずにそれを許していることだ
2人ともそこでタイタニックのロマンスを演じていたんだ

 

.<サッカーファン>
抱擁に応じなかったジャカにはイエローだ

 

  .<アーセナルファン>
  レッド

 

.<サッカーファン>
このブライトンレベルの選手に7000万ポンドも使うなんて信じられないね
この男は余りにも平凡だ

 

.<ユナイテッドファン>
より高価で毛深いワン=ビサカ

 

.<フラムファン>
ククレジャがジャカを抱きしめたように、君もこうして抱きしめてくれる人を見つけよう

ブログランキング

海外反応アンテナ

-プレミアリーグ, 海外の反応, サッカー, 小ネタ

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2022 All Rights Reserved.