プレミアリーグ 海外の反応 サッカー

【海外の反応】冨安健洋がアルテタから好まれている理由はこれ?「トミはラームのような存在だ」

投稿日:

イングランド1部アーセナルの日本代表DF冨安健洋は今季、首位を走るチームで左右のサイドバック(SB)を務め、安定したパフォーマンスを見せている。英メディア「HITC」は、そのユーティリティー性を取り上げ、中盤でもプレー可能なことに注目している。

アーセナルは10月30日のプレミアリーグ第14節ノッティンガム・フォレスト戦に5-0で勝利。今季10勝目(勝ち点31)を挙げて首位をキープするなか、冨安は左SBとして攻守に活躍を見せ、現地メディアから「エネルギーに満ちあふれていた」と絶賛を受けていた。

昨季は右SBのレギュラーとして戦った冨安だが、今季はイングランド代表DFベン・ホワイトが同ポジションに定着。新戦力のウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコの負傷離脱後、スコットランド代表DFキーラン・ティアニーを差し置いて、冨安は左SBで4試合連続のスタメン出場を果たしている。

本来はセンターバック(CB)ながら、ポジションを問わず活躍を見せる冨安。「HITC」は「アーセナルの“マシーン”は、あらゆるポジションでアルテタのためにプレー可能」と見出しを打ち、同僚のイングランド代表MFブカヨ・サカから「マシーン」と称賛された日本代表DFに注目。「アーセナルは冨安の汎用性を愛しており、必要とあらば中盤でもプレー可能なことを再認識させている」として、次のように考察している。

「昨季は右SBとしてプレーし、今季は左SB、そしてイタリア時代にはCBのレギュラーだった。その汎用性はミケル・アルテタ監督から明確に評価されており、必要ならもう一つの役割もこなせるだろう。冨安は日本でボランチを務めていたと明かしている。

アビスパ福岡時代は、CBとボランチでプレータイムを得ていた。ベルギーのシント=トロイデンではもっぱらCBとしてプレーし、イタリアのボローニャではSBも任された。冨安はアーセナルで必要とされればどのポジションでもこなすと語っているが、中盤でもプレー可能な事実は注目に値する」

アーセナルはレギュラーメンバーが順調なシーズンを送る一方で、中盤の底を務めるガーナ代表MFトーマス・パーティの代役という課題も内包する。同メディアは「もしアルテタ監督が中盤の人選に苦しみ、ベルギー代表MFアルベール=サンビ・ロコンガでは十分に役割を果たせないと判断した場合、冨安が選択肢に入ってくるだろう」と指摘した。

日本代表でも先日のアメリカ代表戦(2-0)でSBを務めるなど、プレーの幅を広げている冨安。アーセナルで“中盤問題”が噴出したとき、チームを救う存在となる可能性もあるのかもしれない。

(FOOTBALL ZONE編集部)

翻訳元:https://bit.ly/3fmY2uv

 

海外の反応

.<スレ主>
「(上の記事を受けて)現時点でアルテタが冨安を好んでいるのはこれ(万能性)が理由?」

 

.<アーセナルファン>
彼は本当に頼りになるよ

 

.<アーセナルファン>
冨安は俊敏で1対1に強く、球際と空中戦にも秀でた187㎝の両利きDFだ
こうした特徴から彼はバックラインの全てでプレーすることができる
彼はダイアゴナル(対角線上)のロングボールに対応しながら、ジャカが前線に上がれば中盤に潜り込み、マルティネッリが中央に絞ればタッチライン際をキープする
これがより古典的なオーバーラップ型のサイドバックであるティアニーよりも彼が優先される理由なんだ

 

  .<アーセナルファン>
  ティアニーをディスするわけではなく、トミのサッカーIQはかなり高いんだ
  あんなにインテリジェンスな選手なのにボールの扱いが上手いときている
  サイドバックの選手層が厚いのは喜ぶべきことだね

 

    .<アーセナルファン>
    トミは現状のシステムでティアニーよりも優れているだけだよ
    ティアニーは低い位置からのボール運びや守備に優れているわけではなく、スルーパスに走り込み、クロスを上げたりするのを得意としているから

 

.<アーセナルファン>
前の試合でトミが常に中盤にいることに気が付いた
彼はそこで素晴らしい仕事をこなしていると感じているよ

 

.<アーセナルファン>
フォレスト戦ではパーティとのダブルボランチを何度か披露していたね

 

  .<アーセナルファン>
  ガブリエウがLB、パーティがLCB、トミがDMという形も見られた

 

  .<アーセナルファン>
  パーティが右サイド側のダブルボランチになっていたことに気付いたよ
  アルテタが冨安を起用している理由が何となくわかったようで、かなり興味深かった

 

  .<アーセナルファン>
  ではなぜ、トミをパーティのバックアップにしないのか?
  それはおそらく首脳陣がサンビを信頼し、彼を成長させたいと考えているからだろう
  しかしサンビが休養を必要とする時、あるいは何らかの理由で欠場する時にトミが6番としてプレーするのを見るのは最高だろうね

 

    .<アーセナルファン>
    6番のポジションに起用されるのと、試合の流れの中で6番に入るのとではかなりの違いがあるよ
    トミのことは大好きだけど、それは無茶な要求だと思う

 

.<アーセナルファン>
待て、待て、待て
トミは6番のバックアップなのか?

 

.<アーセナルファン>
何週間か前に冨安がパーティの最高のバックアップになるだろうと言った時、お前らはホワイトだと騒いで俺に低評価を浴びせた
俺のサッカーIQはとてつもないかもな…

 

.<アーセナルファン>
フォレスト戦でのトミのポジショニングは本当に気に入った
ウィングからそれほど圧力がかかっていなかったため、ある程度自由にできたことを留意しておく必要はあるけど、それでもこのチームは本当に楽しさに溢れている
スタメンの11人はどのポジションを眺めても楽しい
流動性やその動き方
理想とは言えない状況の中でもアルテタを代えなかったことがとても嬉しいね
彼がチームに与えてくれたスピリットが大好きだ

 

.<アーセナルファン>
この男を2000万ポンド以下(※1700万ポンド=約25億5000万円)で獲得できたなんて信じられないね
彼をスカウトした人間にお口でご奉仕して上げる必要があるよ

 

  .<アーセナルファン>
  カヴェに熱いメッセージを送っていたヤツだろう

カヴェ・ソルシェコル:スカイスポーツの司会者。代理人から受け取ったというメッセージで冨安を揶揄していた

 

  .<アーセナルファン>
  そしてエメルソンを獲得すべきだと言った全ての人間にビンタをかましていくべきだ

 

    .<アーセナルファン>
    ここの住人のほとんどがそうだろうw
    エメルソンはバルサにいたし、それにブラジル人だったことからみんなは彼を欲しがっていた

 

.<アーセナルファン>
トミを起用する理由は実際に試合を見れば一目瞭然だ
トミは前節で実質的にCMFをこなしていた
両足が使えて、ボール扱いが上手い
ティアニーは優れたLBだが、トミはジンチェンコのそれに近いんだ

 

  .<アーセナルファン>
  これ
  相手のトランジション(ボールロストした時)に対してより多くのことができる肉付きの良いジンチェンコのような感じだ
  うちが偽サイドバックのリサンドロ・マルティネスを欲しがっていたのはそのためだ
  ボールを扱えて、粘り強いDF

 

  .<アーセナルファン>
  (アル)テタはこれは戦術的な変更だと言っていた
  俺たちはそれがリバプール専用のものかと思っていたが、そうではなく、うちの戦術として落とし込んでいるようだ

 

  .<アーセナルファン>
  とんでもないビーストだよ
  彼はどんな役割にも適応し、その能力の新たな限界値にいつも驚かされている
  RB、LB、そして今度は中盤に入り、ジンチェンコと同じ役割をこなしているんだ
  練習においては絶対的なマシーンであるだろうし、また他のポジションを開拓しても驚かないよ

 

.<アーセナルファン>
彼はミケル(アルテタ)におけるフィリップ・ラームのような存在だ
福岡製のスイスナイフ(※万能ナイフ)

 

.<アーセナルファン>
アルテタは中盤でプレーできるサイドバックが好みらしく、トミ、ホワイト、ジンチェンコを獲得したことから判断すると、この3人は6番としてもプレーできる

 

  .<アーセナルファン>
  ペップのトレーニング・アカデミーが彼にそれを伝授したんだ

シティでアシスタントコーチを務めていた

 

.<アーセナルファン>
フォレスト戦での彼のポジションを見てほしい
ジンチェンコと同様にパーティの隣にいることが散見された
相手チームによってティアニーを先発から外しているのは、間違いなくそのためだ
それでも僕はいくつかのチームに対してはティアニーの方が優れていると思っているけどね

 

  .<アーセナルファン>
  ティアニーはハイラインを敷くチームに対して素晴らしく、素早い動きと適切な攻撃的なポジショニングに、高品質なクロスを入れることができる
  しかしブロックが低いチームにはやや苦しみ、彼の攻撃的な貢献が大きく損なわれてしまうんだ
  そうしたチームにはシンプルに冨安の方が良い選択肢になる

 

.<アーセナルファン>
万能性うんぬんじゃなく、トミはティアニーよりも単純に優れている

 

.<アーセナルファン>
「役に立つなら、ピッチのどのポジションでも喜んでプレーしたい」
何て男だ!

 

  .<アーセナルファン>
  正直、彼のことを愛している😍

 

.<アーセナルファン>
前の試合で先発が発表された時のここの住人の憤慨を思い出すと笑けてくる
アルテタは一般のファンよりも選手のことを熟知していると思うよ
今季のティアニーは事実上3番手のLBで、トミとジニーが万全であればおそらく先発はないと思う
選手層を保つ意味でも彼を引き留めておきたいが、来年の夏に(ホールディングやセドリックらと共に)クラブを去って行くだろうね

 

.<アーセナルファン>
興味深いのはジンチェンコが復帰した時だろう
彼は間違いなくLBとしては望ましく、トミが攻撃面でできることを全て行うことができる
トミの方が守備面では少し優れていると思うから、彼はバックラインを横断してホワイトやサリバ、ガブリエウに必要な休息を与えることができるよ

 

  .<アーセナルファン>
  守備ではトミの方が遙かに優れているから
  ジニーはカソルラ並みのボールコントロールを持つこのチームで唯一の選手だ
  スタメンを決断するのが自分じゃなくて良かったよ
  冨安、ジンチェンコ、ティアニー、サリバ、ホワイト、ガブリエウの中から4人を選出するのはタフだ
  全員がとても優秀で、毎試合スタメンで出場できる価値があるからね

 

.<アーセナルファン>
ジニーとトミを中盤でプレーさせても、(おそらく)とても良いオプションになるはずだ

 

.<アーセナルファン>
アルテタは全員が守備的MFもこなせる11人で布陣を作ることを夢見ている
ウイングをストライカーに、CMFをウイングに変換したベンゲルのアルテタ版だ
パーティ、ジャカ、ジンチェンコ、ホワイト、冨安、エルネニー、ロコンガ
7/11ならまずまずだな

 

.<アーセナルファン>
いつか冨安がジルーのようにストライカーでプレーする姿を1試合でもいいから見てみたいw

 

  .<アーセナルファン>
  彼のポストプレーを想像してみろよw

ブログランキング

海外反応アンテナ

-プレミアリーグ, 海外の反応, サッカー

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2022 All Rights Reserved.