大谷翔平 海外の反応 MLB

【海外の反応】大谷翔平が本塁打を放ちながらチームが4点差以上で負けた試合が13に達してしまう…

投稿日:

「大谷翔平がホームラン(45号)を打ちながら、チームが4点差以上での敗戦を喫したのは今夜で13回目。これはカブスのサミー・ソーサ(1999年)と並び、MLB史上、1シーズンで最も多い試合数となる」

翻訳元:https://bit.ly/3zBrPU6

<外部サイトの新着記事>

 

海外の反応

1.<MLBファン>
アナハイムのソルトレイク・ビーズ

 

2.<エンゼルスファン>
>>1
ロサンゼルスシティ・トラッシュパンダズ

(※)ソルトレイク・ビーズ(エンゼルス傘下の3Aチーム)、ロケットシティ・パンダズ(同2Aチーム)

 

3.<マリナーズファン>
“これまでで”13試合目ね

 

4.<ヤンキースファン>
>>3
今年は後5回、こうした試合があってもいいんじゃないか

(※)後5本で大谷は50本塁打に到達

 

5.<MLBファン>
99年のカブスのシーズンはすごかったよ
98年に90勝73敗でワイルドカードに進んだ翌年で、67勝95敗の成績を残したんだ

 

6.<エンゼルスファン>
お決まりのタングステン・アーム・オドイル

「エンゼルズの試合のハイライトを見るたびに、『マイク・トラウトが3本塁打を放って打率を.528へと伸ばし、大谷翔平が1921年のアクロン・グルームズメンの“タングステン・アーム”オドイル以来の活躍を見せたものの、タイガースが8-3でエンゼルスに勝利した』という内容になっている」

(※)アクロン・グルームズメンの“タングステン・アーム”オドイル:大谷の空前絶後の活躍を語るために引き合いに出された、架空のチーム(アクロン・グルームズメン)並びにレジェンド選手(“タングステン・アーム”オドイル)。タングステン・アーム(タングステンの腕を持つ)は異名

<中間のおすすめ記事(外部)>

 

7.<レンジャーズファン>
>>6
今まで読んだ中で一番笑ったわ

 

8.<マリナーズファン>
タングステン・アーム・クラシックに認定

 

9.<ロイヤルズファン>
「エンゼルスはまたもやトラウト大谷の全盛期を無駄にしている」

 

10.<MLBファン>
野球だけがこれほど多くの奇妙な統計を組み合わすことができる

 

11.<エンゼルスファン>
カブスがソーサのキャリアを無駄にしてしまったのが残念だよ
カブスがソーサと共にワールドシリーズを制覇できなかったために、彼は価値のないキャリアを送ったクズになった

 

12.<MLBファン>
ヴラッディがMVPになるべきだ
ジェイズがワイルドカード争いに突入できたのは、彼のおかげだからね
大谷のチームは7月以降、それどころじゃない
ヴラッディが最も価値のある選手だ

 

13.<カージナルスファン>
>>12
www

 

14.<エンゼルスファン>
>>12
他にマーカス・セミエン、ロビー・レイ、ボ・ビシェットテオスカー・ヘルナンデスもいるが

 

15.<ドジャースファン>
>>12
それでも大谷の方がより価値があると思うよ

 

16.<アストロズファン>
>>12
大谷はヴラッドよりもチームにとって価値がある
彼は良い投手であり、また多くの好打者に周囲を固められているわけでもない
大谷が1人でチームをポストシーズンに導くことができないというのは、彼に対する論理的な批判とは言えない

 

17.<エンゼルスファン>
>>12
それは別の見方だってできる
エンゼルスが他にまともな投手や打者もいないのに72勝もしているのは、大谷がスーパー価値のある働きをしているからだ
ジェイズにはヴラッド、セミエン、スプリンガー、ビシェット、レイがいる
もし大谷がそこにヴラッドの代わりとして入れば、ジェイズはより多くの勝利を手にできるだろうね

 

18.<エンゼルスファン>
胸が痛いわ

 

19.<パドレスファン>
トラウトはエンゼルスでの振る舞い方を大谷によく伝授してくれたよ

 

<関連記事>

【海外の反応】「Aロッド以来の快挙だ」大谷翔平が10試合ぶりの45号ホームラン!

◇ア・リーグ エンゼルス5―10アストロズ(2021年9月21日 アナハイム) エンゼルスの大谷翔平投手(27)は21日(日本時間 ...

続きを見る

海外反応アンテナ

-大谷翔平, 海外の反応, MLB

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2021 All Rights Reserved.