海外の反応 サッカー 代表戦

【海外の反応】20年前の今日、日韓W杯でロナウジーニョの魔法が炸裂「狙ったんだよね?」

投稿日:

スレ主「20年前の今日(6月21日)、ロナウジーニョ・ガウショが史上最も予想外で象徴的なロングレンジでのFK(の一つを)決める」

翻訳元:https://bit.ly/3n5bROk

 

海外の反応

.<サッカーファン>
父親とこの試合を見るために学校を休んだんだ
良い思い出だよ

 

  .<サッカーファン>
  その価値はあったね

 

    .<ワトフォードファン>
    …ブラジルの学校ならね

 

.<ユベントスファン>
サッカー界のグレーテスト・ショーマン

 

  .<サッカーファン>
  彼の好きなところはいつも楽しもうとしているように見えたことだね

 

    .<アトレチコ・ミネイロファン>
    ロナウジーニョは基本的にこれに尽きる:「Fun(楽しい)」
    それが彼の全盛期が短かった主な要因だったのかもしれないが
    26歳で欧州の全てを勝ち取り、2006年のW杯で敗れた後はブラジルで大きなプレッシャーに晒された
    そこで彼は投げやりになって、人生を楽しもうと思ったんだと思う
    それから彼が本当に集中した姿を見せたのはうちで2013年のリベルタドーレス杯に出場した時だけだった
    彼はそこに使命を感じていたんだ

 

  .<ブラジル人>
  若い子たちが次々とシステムに組み込まれ、プレーが効率的で機会のようになってしまった現在では、彼のような選手はもう現れないのかな

 

    .<バイエルンファン>
    うーん、ネイマールはその大袈裟な演技はともかく、プレーはいつ見ても楽しいよ

 

.<サッカーファン>
このチームは究極のタレント軍団だった

 

  .<ブラジル人>
  3人のバロンドール受賞者及び受賞予定者が同時にピッチに立っていて(ロナウド、リバウド、ロナウジーニョ)、さらにもう1人の予定者(カカ)がベンチを温めていた
  まさに狂気のチームだったね

 

    .<サッカーファン>
    僕の知る限りでは3人のバロンドーラーが同時にチームにいた例は2つしか知らない
    ・60年代のマンチェスター・ユナイテッド:ロー、チャールトン、ベスト
    ・銀河系のレアル・マドリード:ジダン、フィーゴ、オーウェン

 

.<サッカーファン>
呆然という言葉の定義

 

  .<サッカーファン>
  シーマンには大舞台でFKを決められるという不運な癖があった

 

    .<アーセナルファン>
    他にどんなのがあったんだ?
    マジで他のヤツが思い浮かばないんだが

 

      .<サッカーファン>
      これはオランダ戦でのシーン(※94年W杯の欧州予選。イングランドはオランダ、ノルウェーに競り負け、敗退)
      ゴールはクーマンの努力の賜物だが、シーマンは何をやってるんだか

 

        .<サッカーファン>
        おお、これね
        あの恐怖のポジショニングよ

 

.<サッカーファン>
誰もロナウジーニョのようにはプレーできない

 

.<サッカーファン>
誰かは忘れたけど、ブラジルの選手の一人がFKを蹴る前にロナウジーニョに向かって、「キーパーはラインから離れている」と叫んだらしい

 

  .<ブラジル人>
  カフーだね
  映像にはロナウジーニョの近くにいる彼の姿があるよ

 

.<サッカーファン>
スプリントをして相手選手を地面に叩きつけるスコールズ

 

  .<サッカーファン>
  まさにイングリッシュ・フットボールだ

 

.<トッテナムファン>
またポール・スコールズ史上、最もクリーンなタックルの映像だ

 

  .<ポーランド人>
  スコールズはアグレッシブな選手として有名だが、このファウルは不必要だった
  また今日の基準で言えば、イエローカードの対象に間違いなくなる

 

    .<アーセナルファン>
    「不必要なファウル」は彼のミドルネームだからな
    ただし、プレミアでは見逃されていた

 

.<サッカーファン>
常に誰よりも楽しそうにしていた選手

 

  .<サッカーファン>
  彼の精神性はGOAT(史上最高)だね

 

.<アーセナルファン>
ロナウジーニョはチャリティーマッチで再びこれを試みているよ

 

  .<レスターファン>
  シュートを狙った後のあの笑顔
  もし入っていたらシーマンはどんなリアクションを取っていたんだろうね
  それにしても彼が(ロナウジーニョの)面白い意図に気付いて良かったよ

 

  .<サッカーファン>
  シーマンが腰に手を当てて振り返るのが笑える

 

  .<シティファン>
  とても健全な光景だね
  シェアしてくれてありがとう

 

.<サッカーファン>
何てマジシャンなんだ
ジーニョを見るのは真の喜びだった

 

  .<サッカーファン>
  本当だよ
  こんなに長い間、笑顔を絶やさない選手は見たことがない
  何てレジェンドなんだ

 

.<ベンフィカファン>
俺には彼は狙って打ったように見えるが

 

  .<サッカーファン>
  ロナウジーニョは笛を待っている間、シーマンの動きに注目しているのがわかる
  シーマンは明らかに十分な警戒をせず、DFのポジショニングだけに固執していた
  だからロナウジーニョは当然、彼を欺くチャンスがあると考えたわけだ
  というのが、僕の見立てね

 

  .<サッカーファン>
  ロナウドかリバウドかは忘れたけど、後のインタビューでロナウジーニョは蹴る前に「直接狙う」と言っていたと語っていたよ(関連記事:「リヴァウドが日韓W杯を回顧…ロナウジーニョの驚愕FKに「直接狙うなんて思いもしなかった」

 

.<リバプールファン>
この試合を見るために午前3時に起きて、終わってまた寝て、9時に起きてテストだった
高校時代の話ね

 

.<リバプールファン>
このクソ野郎のせいで、多くの英国人の子供は登校するのが憂鬱になったんだw
俺を含めてね

 

.<チェルシーファン>
ありがとう
カタールじゃなければ、今頃W杯が開催されていたことを思い出したよ

 

<関連記事>

【海外の反応】20年前の今日、日韓W杯で韓国がイタリアを下す「史上最も疑惑のある試合」

日韓W杯から20年、様々なドラマが起きた大会にあって大きな話題となったのが決勝トーナメント1回戦「韓国vsイタリア」を裁いたモレノ ...

続きを見る

ブログランキング

一般/海外の反応


海外反応アンテナ

-海外の反応, サッカー, 代表戦

Copyright© マニア・オブ・フットボール 〜名将からの提言〜 , 2022 All Rights Reserved.